書籍

立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所叢書

『白川静の世界1』
『白川静を読むときの辞典』

立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編

定価:1,800円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2013年10月25日

白川静に親しむために、知りたい言葉がある。
亦声・犠牲・興的発想・ことだま・祭事詩・載書・自己詛盟・呪禁・説文解字・大盂鼎・巫祝・文身・卜辞・文字系列などを平易に解説した白川説への手引きの書。

『白川静の世界1』
『入門講座 白川静の世界 Ⅰ 文字』

立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編

定価:1,600円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2010年

漢字の体系的な理解に基づいて、字書三部作『字統』『字訓』『字通』が編まれた。 その深遠な文字学を通して、白川静が目指したものは何だったのだろうか。

『白川静の世界2』
『入門講座 白川静の世界 Ⅱ 文学』

立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編

定価:1,600円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2010年

七十年におよぶ白川静の学究生活は、 中国の『詩経』と日本の『万葉集』の比較研究を志して始まった。 そこから展開した神話や歌謡論など、様々な文学論を追う。

『白川静の世界3』
『入門講座 白川静の世界 Ⅲ 思想・歴史』

立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所編

定価:1,600円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2010年

甲骨文や金文など文字にこめられた 人々の思いをつきつめた先に見えてくるものがある。 白川静が照らし出す社会や思想・文化など古代中国の諸相。

〔 誤植訂正 〕
『入門講座 白川静の世界 Ⅱ 文学』
P125  4行目  蟲 → 鳥
P186 15行目   づけ →  づけ

白川静名誉所長の著作

『常用字解』
『常用字解』

著者:白川静

定価:2,800円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2003年

『桂東雑記I』
『桂東雑記I』

著者:白川静

定価:1,800円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2003年

『白川静著作集 別巻 第I期<br>「説文新義」(全8巻)』
『白川静著作集 別巻 第I期
「説文新義」(全8巻)』

著者:白川静

定価:各巻12,000円(税別) 全8巻セット価格 96,000円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2002-2003年

『白川静著作集 別巻 第II期 <br>「金文通釈」(全7巻9冊)「殷文札記」(全1巻)』
『白川静著作集 別巻 第II期
「金文通釈」(全7巻9冊)「殷文札記」(全1巻)』

著者:白川静

定価:各巻12,000円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2004-2005年

『人名字解』
『人名字解』

著者:白川静

定価:1,900円(税別)
出版社:平凡社
発行年:2006年

平凡社

白川静著作集などを出版している出版社「平凡社」へのリンク。

pagetop
pagetop