2014年9月 新キャンパス移転予定
  • 2014年9月 新キャンパス移転予定
  • SSH
  • 高校生生徒会
  • 立命館清和会
  • R2020

NEWSニュース

TOPICSトピックス

中高 1学期終業式・深草校舎閉校式を実施

Thumbnail
 7月14日(月)、本校記念ホールにて、深草校舎の閉校式を兼ねた1学期終業式を実施しました。式は高校・中学校の順で行われました。
 始めに終業式が行われました。校長先生の挨拶で、6/21に開催された「ありがとう深草」での風船飛ばしについての報告がありました。また、深草で過ごした1学期の自分たちの行動を振り返り、思いやりを持って活動出来ていたかを問う場面もありました。そして、長岡京へ移転しても、地域の方から愛され、理解され、支援される立命館であるよう、皆で頑張りましょうと挨拶を締めくくられました。
 次に、留学生の挨拶(高校のみ)、各種表彰、体育祭ブロック長発表(中学のみ)が行われました。
 特に、高校では、7月19日からブラジルのジョアン・ペソア Poeta Ronaldo Cunha Lima 国際会議場で開催される「ロボカップ2014ブラジル世界大会」に日本代表として出場する高1の浅見くんと、8月21日~25日にオーストラリアのクイーンズランド州 ゴールドコーストで開催される競泳の「第12回パンパシフィック大会」に日本代表選手として出場する高2の大本さんの壮行会も行われ、全校生徒の拍手で応援の気持ちを送りました。
 続いて閉校式が行われました。「ありがとう深草」のメイキング、深草校舎の思い出の映像が流れ、続いて、歌手のばんばひろふみ氏を迎え創立90周年記念事業の際に作られた「Go Ahead」をみんなと一緒に歌っていただきました。最後には、中高の全校生徒約1700人が第1グラウンドに集まり「FKC(深草)2014 26年間ありがとう!!」と感謝の気持ちを込めた人文字を作りました。
 次に全校生徒が揃うのは9月1日の2学期始業式です。新たなキャンパスで皆の元気な顔を見られることを楽しみにしています。




中学校3年 太田くんが、ドイツで行われたCommission Internationale de Kartingでも3位入賞!

Thumbnail

Beyond Borders NEXT      

Borderを超えていく立命館のこどもたち

 

中学校3年 太田くんが、先日ベルギーで行われたCommission Internationale de Kartingでの優勝に続き、ドイツでも3位に入り、現在、総合ポイントランキングで首位に立っています!

 

 7月13日、6月のベルギーに続き、ドイツで行われていたカートの世界選手権Commission Internationale de Kartingで、本校の中学校3年生 太田 格之進くん(立命館小学校出身)が第3位に輝きました!

 実は、予選の最終順位では1位で、ポールポジションからのスタートだったのですが、決勝の順位では第3位となりました。

 この大会に出場できること自体、非常に栄誉なことであり、まさに世界レベルでの活躍となります。

 予選の結果は、こちらからご覧になれます。  
  → http://www.cikfia.com/competitions/cik-calendar/2014/wackersdorf/academy/results/result/fourth/day/third/article/academy-8.html

 決勝の結果は、こちらです。
  → http://www.cikfia.com/competitions/cik-calendar/2014/wackersdorf/academy/results/result/fifth/day/third/article/academy-8.html

 彼の、先日のベルギーでの優勝は、こちらでお伝えをしています。 

彼の今後の活躍にも期待しています。


        

 

高校1年生 浅見くんが、ロボカップ2014ブラジル世界大会に日本代表として出場決定!

Thumbnail
Beyond Borders NEXT    

Borderを超えていく立命館のこどもたち    



高校1年 浅見幸悠紀くん(立命館小学校・立命館中学校出身)の ロボカップ2014ブラジル世界大会出場のお知らせ


7月19日から ブラジル ジョアン・ペソアにて開催される、ロボカップ世界大会「RoboCup 2014 Joao Pessoa ( Joaoのaは、ウムラウト)」ジュニア部門における、日本代表チームのメンバーとして、高校1年、浅見幸悠紀くんが選出されました。

ロボカップジュニアとは、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)が支援する、国際科学技術コンテストのひとつであり、自律型ロボットにより科学技術について学んだ成果を競い合う世界的なコンテストです。競技参加者は日本全国で2,500人余りにのぼり、ノード大会、ブロック大会と呼ばれる国内の予選大会を経て、昨年3月に行われた日本大会(3月21日~23日、於 埼玉大学)を突破した、児童・生徒20チームが、日本代表として、世界20か国以上の代表と科学技術を競い合う世界大会に出場することができます。

浅見幸悠紀くんは、見事にこの難関を突破して、日本代表の座を射止めました。
その努力を讃えるとともに、世界大会での健闘を期待します。


大会名  ロボカップ2014ブラジル世界大会

種 目  Rescue A Secondary

出場チーム名  robotics X

出場者氏名  浅見 幸悠紀(立命館高等学校)・ユング 開(Osaka International School)

期 間  2014年7月19日(土)~7月24日(木)  《出発7月17日、帰国7月27日》

会 場  ブラジル ジョアン・ペソア Poeta Ronaldo Cunha Lima 国際会議場

公式サイト  http://www.robocup2014.org/

    


なお、ロボカップジュニアジャパンの活動は、こちらのホームページに紹介されています。


  • 長岡京キャンパスNEWS BLOG