2014年9月 新キャンパス移転予定
  • 2014年9月 新キャンパス始動!
  • SGH
  • SSH
  • 高校生生徒会
  • 立命館清和会
  • R2020

TOPICSトピックス

震災復興支援プロジェクト Warm Heart 2015 を開催しました!

Thumbnail


 314日、立命館中高の小ホールにて、第4WarmHeart行いました。今回は、福島や宮城、茨城や岡山など、遠くから来てくださる方もおり、充実した時間を過ごすことができました。

 中高スタッフやゲストの方を含め、約160人の人が参加してくれました。


 まず、第1部の立命館高校の生徒からの報告では、生徒会執行部よりこの1年間の活動の振り返りと、リビオより夏の石巻訪問と20周年記念について話してもらいました。 

 つづいて、長岡第4小学校の太田校長先生と園芸委員担当の大橋先生に、小学校の取り組みについて10分ほど話していただきました。震災が起きてからすぐ、ヒマワリを育てられてり、同じ福島ひまわり里親プロジェクトに参加している学校と本校が関わりを持ててよかったです。

 半田真仁さん、大和田紗希ちゃん(小6)の講演では、半田さんが理事をされているチームふくしまの話や、ひまわり里親プロジェクトに参加している方のインタビューVTRを見たりしました。

 紗希ちゃんは今まで、原発の影響で、お母さんと茨城県に避難されていました。この春からは家族揃って福島に帰るという中、福島への想いを訴え、たくさんの観客の涙をさそいました。 

 2部では、シンガーソングライターの森源太さんの唄とお話を聞きました。中高生に向けて、自分の経験話を含めながら、夢や将来について30分間していただきました。「大丈夫」「生命」「Restart~再出発~」などの曲を披露されました。 


おのくん」は、参加者で一生懸命作ることができました。短い時間の中でしたが、子どもから年配の方まで、楽しむことができたと思います。自分オリジナルのおのくんにすごく愛着が湧いてきたと言っておられた人もおられました。

 参加者の感想として、「今まで人の目を気にして諦めたことがありましたが、やってみようと思いました」や、「自分の中で昔のことになっていた東北大震災のことは、まだ終わっていない。これから‘も’なんだと思い出させてもらいました」などをいただきました。また、あなたの幸せが、めぐりめぐって私たちの幸せに繋がっているんだよという源太さんの言葉で、後ろ向きだった気持ちが明るくなりましたという声もいただきました。


 《以上、生徒会副会長 大本さんのまとめより》


 《「Warm Heart 2015のまとめ」は、こちらからご覧になれます。》



  


  


  




Rits Global Summit を実施しました

Thumbnail


3の全員が力を合わせ、Rits Global Summitを成功させました。



23()10() Rits Global Summit を開催しました。

9カ国10校から63人の海外生徒を迎え、学校が一層国際色豊かに彩られた1週間でした。

伝わるかどうかが不安で言い出せなかった言葉、言いたいことを頭の中で英語に直しているあいだに通り過ぎてしまった会話、勇気を出して声にしてみたけれど伝わらなかった情報。何もかもが上手くいったわけではありませんが、中学3年生はみんな自分の身の丈に少し背伸びをしてグローバルサミットと向き合っていました。特に、バディ生徒や委員会生徒は最後まで責任感を持って海外生をエスコートしてくれていたように思います。そういう気持ちや行動に立てたのもまたAA研修での経験のおかげ。AA研修で見つけた自分自身の課題をまたひとつクリアすることができたのではないでしょうか。

 海外生もまたこのイベントに熱い思いをもってやって来ました。中には厳しい面接や選考を経てグローバルサミットへの参加を勝ち取った生徒もいたほどです。それぞれの国、それぞれの学校、それぞれの生徒の熱い思いが重なり、言葉や文化の壁を越えた中から新しい人間関係が生まれました。国境を越えた仲間づくり、これを通じてまた一歩グローバル社会の一員としての自覚を持ってもらえたと信じています。

  

 

    


参加校は、次の通りでした:

Budi Mulia Dua Junior High School from Indonesia

Camborne Science & International Academy form UK

The High School Affiliated To Beihang University from China

Kaohsiung Municipal Wufu Junior High School from Taiwan

Kamehameha Schools Hawai’i Kula Waena from USA

Iolani School form USA

NUS High School of Math & Science from Singapore

Philippine Science High School Eastern Visayas Campus from the Philippines

Salisbury East High School from Australia

Ritsumeikan Junior High School from Japan

 

グローバルサミット開催にあたり、学年の枠を越えてたくさんのご家庭にホストファミリーとしてご協力をいただきました。海外生はみな一様に各家庭でのあたたかいおもてなしに大変感謝していました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

SGH Rits Super Global Forum (RSGF) 2014 閉幕

Thumbnail
Super Global High School (SGH)
Rits Super Global Forum (RSGF) 報告


   Rits Super Global Forum 2014 


2月2日(月)、1月28日(水)から、台湾、イギリス、日本国内の高校生が集い、「貧困」と「災害」をテーマにディスカッションや交流を重ねてきた Rits Super Global Forum が最終日を迎えました。





フィリピンからのPhilippine Science High School Eastern Visayas Campusの生徒は、国内事情により、残念ながら来ることはできませんでしたが、立命館高校の高校2年GLコースの全員(30人)、高校1年GJクラスの希望選抜者10人、夏の台湾研修でもいっしょにフィールドワークやディスカッションをしてきた高雄高級中学の生徒10人と高雄女子高級中学の生徒10人、イギリスのCamborne Science & International Academy からの生徒2人、それに、立命館大学の留学生12人を加え、6日間におよぶディスカッションおよびプレゼンテーションでの発表などを行ってきました。

この Rits Super Global Forum の様子は、立命館大学のホームページにも紹介されています。


閉会式は、このフォーラムの生徒実行委員長である 藤井 なるみ さんの Closing Speech で締めくくられました。彼女が思いを込めた、そのスピーチを紹介します。




Closing Speech of RSGF

 

 Good afternoon, everyone. I would like to ask all the participants of the Rits Super Global Forum a question, “Did you have an unforgettable time?” As for me, this forum became significant, and these six days were fulfilling, because it was a very precious thing to share opinions with many people from different countries. I hope everyone thinks the same way.

 Actually, the time passed by very quickly, but in that short time we were able to establish meaningful relationships through the activities and discussions, and I do hope we keep these relationships and strengthen them even more in the future.

 Another hope of mine is that we use all of the newfound knowledge that we gained during the forum in a practical setting. One thing that I think we came to realize during the time here was that the knowledge and information we possess is not enough to tackle the problems in the world today. We mustn’t forget this fact in our quest for knowledge. However, acquiring this knowledge is only the first step. We have to act, and not just think about the world’s problems. We must not look away from world issues like poverty and disasters for the sole reason that we are more fortunate than others. On the one hand, it is proper that we gain a good education, but on the other hand, we must not waste the access we have to education, because there are a lot of children who don’t have the opportunities that we do. So please don’t take for granted how lucky we are.

 I believe that the best way to help people less fortunate than us is to open up our hearts. We cannot just think about ourselves. We need to look at things from the point of view of others in order to solve more of the world’s problems. We hold the future of the 21st century in our hands, so with this responsibility, we have to raise our consciousness of the little things that lead to the bigger problems in daily life. Some of those little things are things like, not wasting food and water, showing compassion to those around us, taking a greater interest in the news around us, and things like that. These things may have little effect for people who have serious problems in their lives, but I think we need to consider the smaller things before considering solutions to some of the world’s bigger issues. Today is not the end, but just the beginning for us all. I’m looking forward to meeting you all again to not only discuss these serious problems, but start acting out on these issues for the better of all of our futures.

 Thank you very much.






 以上、無断転載禁止  © Ritsumeikan Junior & Senior High School. All rights reserved.




  • 5/9附属校合同学校説明会・相談会
  • Beyond Borders NEXT