2014年9月 新キャンパス移転予定
  • 2014年9月 新キャンパス始動!
  • SGH
  • SSH
  • 高校生生徒会
  • 立命館清和会
  • R2020

TOPICSトピックス

2015年度非常勤講師募集のお知らせ

Thumbnail

※詳細は各フォーマットをクリックしてください

※募集期間 2015年3月5日(木)~2015年3月13日(金)

2015年3月5日(木)掲載

188712 3月14日(土)、震災復興支援プロジェクト Warm Heart 2015 を開催します!

188712Thumbnail

 震災復興支援プロジェクト Warm Heart 

 ~ 広げよう向日葵(ひまわり)の「わ」 ~


3月14日(土)、13:00~ 本校の小ホールにて、実施!

 詳しくは、こちらをご覧ください。

  


 Warm Heartとは

 東日本大震災から今年で4年が経ちます。最近では報道も少な くなり、関心が薄れているように思われます。京都が東北から離 れていることから日常的に考える機会が少ないということもある でしょう。  私たちは、今年もより多くの方に東北の今を知ってもらい、私 達に今何ができるのかを考える場として「Warm Heart」を計画 しました。このイベントは生徒会と生徒有志スタッフを中心に生 徒主体で行っているものです。たくさんの方のご来場をお待ちし ています。


 当日のプログラム

第1部  13:30~14:30   生徒会・RIVIOなどの活動報告 
              チーム福島 半田真仁氏の講演 

第2部  14:30~15:00   森源太氏による演奏など
     15:15~      参加者でソックモンキーの作成


  どなたでもご参加いただけます!









Rits Global Summit を実施しました

Thumbnail


3の全員が力を合わせ、Rits Global Summitを成功させました。



23()10() Rits Global Summit を開催しました。

9カ国10校から63人の海外生徒を迎え、学校が一層国際色豊かに彩られた1週間でした。

伝わるかどうかが不安で言い出せなかった言葉、言いたいことを頭の中で英語に直しているあいだに通り過ぎてしまった会話、勇気を出して声にしてみたけれど伝わらなかった情報。何もかもが上手くいったわけではありませんが、中学3年生はみんな自分の身の丈に少し背伸びをしてグローバルサミットと向き合っていました。特に、バディ生徒や委員会生徒は最後まで責任感を持って海外生をエスコートしてくれていたように思います。そういう気持ちや行動に立てたのもまたAA研修での経験のおかげ。AA研修で見つけた自分自身の課題をまたひとつクリアすることができたのではないでしょうか。

 海外生もまたこのイベントに熱い思いをもってやって来ました。中には厳しい面接や選考を経てグローバルサミットへの参加を勝ち取った生徒もいたほどです。それぞれの国、それぞれの学校、それぞれの生徒の熱い思いが重なり、言葉や文化の壁を越えた中から新しい人間関係が生まれました。国境を越えた仲間づくり、これを通じてまた一歩グローバル社会の一員としての自覚を持ってもらえたと信じています。

  

 

    


参加校は、次の通りでした:

Budi Mulia Dua Junior High School from Indonesia

Camborne Science & International Academy form UK

The High School Affiliated To Beihang University from China

Kaohsiung Municipal Wufu Junior High School from Taiwan

Kamehameha Schools Hawai’i Kula Waena from USA

Iolani School form USA

NUS High School of Math & Science from Singapore

Philippine Science High School Eastern Visayas Campus from the Philippines

Salisbury East High School from Australia

Ritsumeikan Junior High School from Japan

 

グローバルサミット開催にあたり、学年の枠を越えてたくさんのご家庭にホストファミリーとしてご協力をいただきました。海外生はみな一様に各家庭でのあたたかいおもてなしに大変感謝していました。この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

  • Beyond Borders NEXT