2014年9月 新キャンパス移転予定
  • 2014年9月 新キャンパス移転予定
  • SSH
  • 高校生生徒会
  • 立命館清和会
  • R2020

TOPICSトピックス

長岡京キャンパスでの学校生活がスタート!

Thumbnail
2014年9月1日、立命館中学校・高等学校の長岡京新キャンパスでの学校生活がスタートしました。

始業式では、校長挨拶やクラブ等での生徒の活躍の表彰に続き、特に高等学校では、生徒会が中心になり、新キャンパスでの決意を語る企画が開催されました。長岡京市からも、北開田響太鼓の方々やガラシャ祭に関わって「おたまちゃん」をはじめとする関係者の方々が来てくださり、長岡京キャンパスの初日を大いに盛り上げてくださいました。

まだまだ慣れないことも多く、登下校時にご迷惑をかけてしまったり、深草キャンパスとの違いに戸惑いを隠せない部分もありますが、「長岡京を愛し、長岡京から愛される」学校づくりを心がけていきます。

どうかよろしくお願いいたします。


  


以下、生徒たちの決意を紹介します。

 深草での26年の歴史に幕を閉じ、長岡京キャンパスという新たな地での歴史が始まる節目の今日、立命館高校生として未来に向けて宣言をいたします。
 長岡京キャンパスでの歴史は広小路から北大路、深草、そして長岡京へと109年間続く立命館の軌跡や想いも込めて私たちが作り上げていくことになります。だからこそ、この新キャンパスで学校生活を送る私たち生徒にとって1つでも多くの思い出が残るような学校を築き上げていきます。新しい環境で過ごしていくのは少し不安もあり、慣れないために苦労することも多いと思いますが、それを理由に歩みを止めるのではなく、深草で学んできたことをうまく活かして長岡京でも努力を惜しまず過ごしていきます。
 私達は日本や世界で活躍する人材になることを目指しています。世界で活躍する人材とは確かな学力や教養を身につけているだけでなく、コミュニケーション能力やお互いを理解し合える力、信頼される力をそなえている人です。私達はそれらの力を身につけるために今を過ごしています。
 本校は今、次のステップへ進んでいます。その進化の最たる移転という機会に立ち会えたことを、私たちはとても幸運に思っています。なぜなら立命館がより注目され他の方々との繋がりや出逢いが増える中、客観的に見た「立命館」という学校の姿に気付くことが出来たからです。「立命館」という名前は「学問を通じて、自らの人生を切り拓く修養の場」を意味します。より一層自覚と誇りをもって素晴らしい学校生活を送ります。
 今年度は移転がなければ経験出来なかった行事も多く、その1つに人文字作成がありました。深草学舎最後の終業式の7月14日に私達は深草への感謝の気持ちを込めて全校生徒1734名で「FKC2014」という人文字を作成しました。この企画を行ったことで学年やコースに関係なく、全校生徒がひとつになり、今までにない大きな作品を作ることができ、互いに協力することの大切さを学びました。近年、日本では東日本大震災などの大きな震災や、福知山・広島で起きた集中豪雨などの多くの自然災害が起きています。常にどこかで地震があったり、毎年夏になれば台風がきて大きな被害をもたらしたりなど、日本では自然災害を避けることができません。本校では今まで支援活動を精力的に行ってきました。自然災害に対する思いや考えを他人ごとにせず、これからも立命館高校生として自らが主体となり行動していくことでこれからも日本を支えていきます。
 このキャンパスは最先端の設備が整っており、学習やクラブ活動、そして行事を行うのに適した最幸の環境になっています。清和会メモリアルホールをはじめとして、フォーラムやアトリウム・メディアセンターなど自分のアイディアや意見を発信できる場所が多くあります。将来、社会で私たちが羽ばたいていくためには周囲の声も聴くことが重要です。このような場で自分だけでなく周囲とお互いに意見を交換することで、相手を理解し尊重し合えるような関係を築き上げていきます。
 最後に、深草には今まで多くの先輩方が築き上げてくださった歴史がありました。全ての皆さんの想いをこの長岡京キャンパスで繋いでいきます。この校舎はのべ14万1,939人もの方が122万4,862時間かけて建設されました。この全作業を1日8時間として1人で行うと419年かかるそうです。これは、1594年、豊臣秀吉の時代から作り始めれば完成する計算になります。
 先生方の想い、設計された方の想い、工事に関わってくださった方の想い、地域の方の想い、また、多くの先輩方の想い、そして、これから学校を創っていく私たち生徒の想い。多くの人たちの想いを胸にこのキャンパスは歩みだします。そして、私たちが長岡京でより素晴らしい立命館の歴史を創っていきます。
                          2014年9月1日
                          生徒代表 第110代生徒会会長 美淋幹都


高校2年生 大本里佳さん(競泳日本代表)が第12回パンパシフィック大会個人メドレー200mで5位入賞!

Thumbnail
Beyond Borders NEXT  
Borderを超えていく立命館のこどもたち  


高校2年生、大本里佳さん(立命館中学校出身)が8月21日(木)~25日(月)にオーストラリア クイーンズランド州 ゴールドコーストで開催されていた、競泳の第12回パンパシフィック大会に、日本代表選手として参加し、素晴らしい成績をおさめてくれました!

この競泳のパンパシフィック大会は、テレビ朝日系列でも放映され、今までここから数多くのオリンピック メダリストが出てきた大会として、有名な大会です。

そんな大会において、第1日目は女子200m自由形予選に出場。決勝進出はなりませんでしたが、2:02.60 と素晴らしいタイムでした。
2日目には、女子400m個人メドレー予選において、4:44.52で9位に入り、 B決勝に進出。決勝では、4:42.94で13位でしたが、健闘しました。
さらに、4日目には、女子200m個人メドレー予選を、2:12.53で泳ぎ、6位に入り、 A決勝に進出しました!
そして、その女子200m個人メドレー決勝では、2:12.39で5位と、タイムも順位もあげ、大健闘、5位入賞という素晴らしい結果を残しました!

競泳日本代表チーム「トビウオジャパン」の活躍の様子は、こちらのオフィシャルブログで紹介されています。

第12回パシフィック大会 競泳日本代表メンバーは、以下のホームページに紹介されています。


高校1年 浅見幸悠紀くん(立命館小学校・立命館中学校出身)が ロボカップ2014ブラジル世界大会で、準優勝!

Thumbnail
Beyond Borders NEXT    

Borderを超えていく立命館のこどもたち    



高校1年 浅見幸悠紀くん(立命館小学校・立命館中学校出身) ロボカップ2014ブラジル世界大会において、世界2位に!


7 月19日から ブラジル ジョアン・ペソアにて開催されていた、ロボカップ世界大会「RoboCup 2014 Joao Pessoa ( Joaoのaは、ウムラウト)」の結果が、ようやくそのホームページに掲載されました。

ジュニア部門における、日本代表チームのメンバーとして出場していた高校1年、浅見幸悠紀くんのチーム、「robotics X」が、堂々の2位でした。

その結果は、こちらからご覧になれます。


ロ ボカップジュニアとは、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)が支援する、国際科学技術コンテストのひとつであり、自律型ロボットにより科学技術について学んだ成果を競い合う世界的なコン テストです。競技参加者は日本全国で2,500人余りにのぼり、ノード大会、ブロック大会と呼ばれる国内の予選大会を経て、昨年3月に行われた日本大会 (3月21日~23日、於 埼玉大学)を突破した、児童・生徒20チームが、日本代表として、世界20か国以上の代表と科学技術を競い合う世界大会に出場することができるものです。

浅見幸悠紀くんは、見事にこの難関を突破して、日本代表の座を射止め、世界大会に出場していました。



大会名  ロボカップ2014ブラジル世界大会

種 目  Rescue A Secondary

出場チーム名  robotics X

出場者氏名  浅見 幸悠紀(立命館高等学校)・ユング 開(Osaka International School)

期 間  2014年7月19日(土)~7月24日(木) 

会 場  ブラジル ジョアン・ペソア Poeta Ronaldo Cunha Lima 国際会議場

公式サイト  http://www.robocup2014.org/

    


  • 長岡京キャンパスNEWS BLOG