心を寄せて、
距離を越えて

私たちについて

Scroll

Special特集記事

それぞれの未来のためにできること-東日本大震災からの5年間を振り返る

 立命館の復興支援 「大船渡・盛町灯ろう七夕まつり サポートプロジェクト」編(岩手) 東日本大震災から2016年3月11日で5年を迎えます。 ここでは、被災された東北3県(宮城県、岩手県、福島県)における本学学生の復興支援活動と、現地の方々の声を紹介します。

2016.03.11

View more

Join参加する

参加者募集中

春期休暇(2017年2月~3月)復興支援活動ボランティア旅費支援について

立命館が復興支援に関する協定を締結する地域等で活動する学部生・大学院生を対象に、春期休暇中(2017年2月・3月)復興支援プログラムに参加する際の旅費の一部支援を今年も行います。

  • ガイダンスを受けた方、こちらから申込んでください!3/13締切予定。
  • 岩手|宮城|福島|熊本
  • 2017年03月13日(月) 募集締切

募集受付終了

被災地のまちづくりワークショップのお手伝いをしようin大船渡

「大船渡市」を知っていますか?
大船渡市は、岩手県の沿岸南部に位置する温暖な地で、面積は大阪市の約1.5倍、3万8千人あまりが住む漁業が盛んな町です。
あの東日本大震災からの5年間、復旧から復興へどのように取り組んできたか、さらにこれからの5年間をどのように進めるかについて、大船渡市でワークショップが開催されます。
このワークショップのサポーターとして参加し、被災地のまちづくりの実際を学んでみませんか?
関心のある方は、奮ってご応募ください。

  • まちづくりや行政に関心のある学生、復興ボランティアの活動をしている学生、必見!
  • 岩手
  • 2017年01月20日(金) 募集締切

募集受付終了

サンタが町にやってくる!ボランティア旅費支援

災害復興支援室では、2011年度から継続的に学生派遣を行ってきた「サンタが町にやってくる!~岩手★おおふなと★大作戦~」の活動に参加する学生を対象に、参加する際の旅費の一部を支援します。
サンタになって、大船渡市の子どもたちにプレゼントと笑顔を届けませんか!
活動をしたいと思っている学生の皆さんのエントリーをお待ちしています。

  • 岩手
  • 2016年12月17日(土) 募集締切

終了しました

View more

Report & Voiceレポート・参加者の声

2016年度立命館大学学園祭に出店「 食べて応援fukko+R屋台村」盛況でした!

「2016年度立命館大学学園祭」が10月30日(日)に立命館大学びわこ・くさつキャンパスで、開催されました。
災害復興支援室は、「食べて応援fukko+R屋台村~東北も熊本も忘れられねぇよ!~」と題して、模擬店と展示企画で、東日本大震災や平成28年熊本地震の支援活動をしている学生たち、そして、福島県庁広報課の方と一緒に参加しました。

2016.11.16

熊本地震の災害救援ボランティア第4陣
春に作付けした唐芋の収穫作業に大奮闘

平成28年熊本地震への災害救援ボランティア活動は、今回で4回目となります。 今回も、引き続き、名門大洋フェリー様、阿蘇ホテル様からのご協力をいただき、西原村百笑応援団のコーディネートにより、熊本県西原村で農業支援を行いました。

2016.11.15

後方支援スタッフ派遣プロジェクト34便
「ならは31人の生の物語」を紡ぎだす

2016年8月30日(火)から9月6日(火)にかけて、東日本大震災被災地での復興支援の一貫として、「後方支援スタッフ派遣プロジェクト」を実施しました。 今回の34便は、昨年度の32便で実施した福島県楢葉町の方々の一人一人の想いによりそい、聞き取り、かたちとして残していく活動を継続しました。

2016.10.19

View more

Instagramにて、フォトレポート公開中!Instagramにて、フォトレポート公開中!

News

View more

明日も笑顔で迎えるために

「災害は、忘れたころにやってくる」
被害の中から先人が遺した声。
この言葉には、復興にはいつか終わりの日がやってくるけど、必ず次の災害が起きると示しています。

悲しみを忘れず知恵を紡ぎ、よい未来を拓く手がかりとしていく…

復興の担い手に寄り添う、 私たちの決意です。

私たちについて