グローバルに活躍する卒業生
卒業生からのメッセージ

校友会 業種別懇談会

業種ごとに卒業生が集合。仕事、夢を語り合います。進路を考える学部生・受験生へのメッセージです。

卒業生からのメッセージ

綾 一瑛 さん
2019年 国際関係学部卒業

日本郵船株式会社

綾 一瑛 さん

現在、配属に向けてグループ会社で研修中です。船の入出港に伴う各関係官庁の許可申請や届出を、船社や船の代わりに代理店業務として行っています。担当する船の船員は95%以上が海外出身。多国籍な人材と連携して荷物を無事に届けられた時に大きなやりがいを感じます。大学では、アメリカへの交換留学を通して語学力とコミュニケーション能力を身につけました。また、ゼミでの議論により、世間で当たり前と考えられていることに対して、自由な発想で多面的に考える習慣を身につけることもできました。外部環境の影響を受けやすい海運業界では、既存の価値観にとらわれず、新しい発想で物を作りだすことが重要です。入社面接で「綾君の自由な発想が、これからの社会で必要になる」という言葉をいただけたのは、ゼミでの経験のおかげだと思います。今後5年以内に海外駐在を経験し、志望理由であった「日本の製品を世界に届け、日本にないものを世界から運んでくる」ことへ尽力したいと考えています。

横田 萌音 さん
2019年 国際関係学部卒業

三菱商事ファッション
株式会社 
営業第一本部

横田 萌音 さん

2回生の夏からアメリカのミシガン州にあるウェスタンミシガン大学に交換留学しました。日本ではあまり深く学べないgenderやfeminismを学びたかったからです。少人数のクラスは、同じ分野に関心を持つ、意欲の高い学生がいる恵まれた環境でした。そこで私は自分の好きな勉強にとことんのめり込む楽しさを知り、仲間と一緒に自分をもっと成長させたいという意欲を持つこともできました。洋服が好きで入社した今の会社でも、同じことにわくわくできる方々と一緒に働いています。留学時と同じく、成長することに貪欲になれる恵まれた環境です。今は一つの担当ブランドの洋服を縫製する海外工場の生産企画、生産管理を担当しています。生地の段階から関わった洋服が店頭に並び、お客様が手に取っておられるのを見ると、大きなやりがいを感じます。ブランドのパートナーとして積極的に素材やデザインなどを提案し、それを製品化できるビジネスパーソンになることが当面の目標です。