ニュース

最新のニュース

2020.05.25

在学生の皆さんへ(各種リソースへのリンクなど)

57日からWeb授業が再開になりました。学生の皆さんはこれまでにない状況の中、様々な場面で不自由さを感じていることかと思います。新型コロナウィルスに関連した特設サイトに加え、大学が、学生のみなさんからの問い合わせが多い項目について、「学修」「学生生活」「留学生/海外留学」に分類し、以下のサイトにまとめました。情報は随時更新していきますのでぜひ活用ください。

 

困ったことや相談があれば、これらのページを参照、活用するとともに、国際関係学部事務室にご相談ください(irpost01@st.ritsumei.ac.jp) 

 

学修支援サイト

受講登録や証明書の発行、施設利用やITサポートツールなどの
情報をまとめたサイトです。
https://academic.support.ritsumei.ac.jp/hc/ja外部ファイル

コースについての重要な情報はManaba+R に掲載されています。大学、先生からのメッセージ、お知らせを頻繁に確認してください(リマインダー設定をオンにしておくことを強くお勧めします)

マナバ+R学部サイトにも重要な情報が掲載されています。是非ご覧ください。

https://ct.ritsumei.ac.jp/ct/course_1728150

 

学生生活支援サイト

奨学金(経済支援型)やクラブ・サークル等の課外自主活動、
健康診断や困りごとの相談先など、学生生活に関する情報をまとめたサイトです。
https://student.support.ritsumei.ac.jp/hc/ja外部ファイル

 

*学生サポートルーム

http://www.ritsumei.ac.jp/ssr/

 

 

留学生/海外留学支援サイト

外国人留学生の在留資格や奨学金等に関する情報や、海外留学プログラムへの応募・渡航準備等に関する情報をまとめたサイトです。
https://global.support.ritsumei.ac.jp/hc/ja外部ファイル

 

続きを読む

2020.04.24

5月7日以降の2020年度春セメスターの授業運営について(国際関係学部)

国際関係学部 在学生の皆さんへ

5月7日以降の授業再開に向けて、学部としてのご案内をmanaba+Rページ
に掲載しました。

学生の皆さんには大変な不便をかけていますが、引き続き、ご理解とご協力をお願いします。

*国際関係学部は、皆さんが、最大限スムーズに学修をすすめられるよう、授業計画・運営を行っていきます。ます学生の皆さんには大変なご不便をおかけしていますが、引き続き、ご理解とご協力をお願いいたします。

2020年4月24

国際関係学部長 河村 律子


 

からなず下記のページで詳細をチェックしてください

57日以降の2020年度春セメスターの授業運営について(国際関係学部)

https://ct.ritsumei.ac.jp/ct/page_1743904c1728150_3759144179


全学からのお知らせ

https://ct.ritsumei.ac.jp/ct/home

続きを読む

2020.04.02

在学生の皆さんへ:新年度を迎えるにあたって

在学生の皆さんへ
(通常フェイスブックでは在学生に向けた告知をしていませんが、状況を鑑みて、掲載を行っています。学生向けの告知はManaba+Rで確認をお願いします。)


仲谷総長による春学期を迎えるにあたっての学長メッセージが公開されています。是非ご覧ください。

http://www.ritsumei.ac.jp/news/detail/?id=1708


皆さんの履修をサポートするため、国際関係学部生に対して、Manaba+Rからオンラインフォームで履修の相談、質問を受け付けています。Manaba+Rの国際関係学部生のページからは、各種リソースやよくある質問集、相談フォームにアクセスできます。

Manab+Rでの通知やメッセージなども、注意してチェックしてください。


https://ct.ritsumei.ac.jp/ct/course_1728150_news_3121348 (学生限定)

続きを読む

2020.04.02

ご入学おめでとうございます

新入生の皆さん ご入学 おめでとうございます。立命館大学へようこそ!


残念ながら、入学式や新入生歓迎の催しは開催できませんが、オンライン等で皆さんの学生生活のスタートをサポートしていきます。

学長の仲谷先生、学部長の河村先生からのメッセージも掲載された特別サイトがリリースされました。ぜひご覧ください。

あらためて、ご入学おめでとうございます!


http://www.ritsumei.ac.jp/features/spring_welcome2020/

続きを読む

2020.01.28

“Enlarge the common ground” beyond borders: イスラエル・パレスチナの若者との対話

128日、10名のイスラエル、パレスチナの若手リーダーたちが立命館大学を訪問した。

外務省による「イスラエル・パレスチナ合同青年招へい」の一環で、それぞれ5名のジャーナリスト、政府職員、研究者、企業家等が日本を訪問。京都への訪問の際、立命館大学での学生との対話が実現したものだ(今年度で4年目)。

イスラエル・とパレスチナ間のをめぐる中東和平問題は日本を含む国際社会にとって積年の課題だが、日本政府は、中東和平問題は、国連安全保障理事会等で確認された、暴力的な方法ではなく、関連する安保理諸決議,マドリード会議での諸原則,ロードマップ,当事者による過去の合意及びアラブ和平イニシアティブに基づいて対話・交渉によって平和的に解決されるべきであるとの信念のもと、「平和と繁栄の回廊」事業をはじめとした取り組みに加え、中東和平プロセスを支援するため、交流によって相互の信頼関係を構築されることを目的と期待して、イスラエル・パレスチナの若者を毎年招聘している。

それぞれの真実・現実に向き合う

当日は、様々な国際協力、国際交渉の現場で活躍してきた、元外務次官の薮中三十二立命館大学客員教授が進行役をつとめ、参加者からは、イスラエル側の入植植民問題、パレスチナ難民問題、検問所の多さや、ハイテク産業等の興隆など、様々な側面から、またそれぞれの立場からイスラエル-パレスチナにおける現実が紹介された。

参加した立命館大学国際関係学部・国際関係研究科の学生、また、国際的な教育プログラムで知られる立命館宇治高等学校の生徒は、直接語られるその地域の現実を目の当たりにするとともに、イスラエル・パレスチナの参加者から語られる、厳しい現実においても、現実を理解して、「お互いの真実に向き合おう」、「共有できる部分を増やしていこう」という真摯な言葉に感銘を受けた。

日本ができることは?

ある立命館宇治高校生は、終盤、「日本にできることは?」と問いかけた。参加者からは、日本が地域の発展に極めて重要な役割を果たしていること、彼らの美しい街々、エルサレムやジェリコ、ラマッラなどを訪れて、地域についてよく知って欲しいことが伝えられた。

薮中客員教授から、対話への積極的な参加についての謝意が伝えられ、会は終了した。


※立命館大学は計4回にわたり、受け入れを行っている。

過去の受け入れ
2019 February visit
2017 November visit

参考情報
外務省による中東地域問題についての取り組み
平和と繁栄の回廊構想

続きを読む

2020.01.14

夏剛先生の最終講義を実施

2020114日、今年度で定年退職を迎える夏剛教授による退職記念講義が実施された。

夏教授は、立命館大学国際関係学部に着任後、日中比較文学, 日中比較文化を研究テーマに、中国語や東アジア文化関係論などを担当されてきた。

退職記念講義において夏教授は、中国で「文化大革命」などの苦難を乗り越え、日中比較研究者になった道程を振り返り、「頑張リズム・粘リズム、踏ん張リズム」を唱え、「運を引き寄せ、運を生かす」、「大きな機会を逃がさない」「学生時代に万全の基礎学力を備える」等の研究や教育の経験に基づいたメッセージを語り、多くの共感を呼んだ。

 

夏教授は、特任教授として次年度以降も国際関係学部・研究科において指導を担当する。

続きを読む