2021.01.14 NEWS

立命館大学のBCP活動レベルを2から3に引き上げます

 2021年1月14日から京都、大阪を含む11都府県が緊急事態宣言の対象地域となったことおよび全国の感染状況を踏まえて、2021年1月18日から緊急事態宣言が解除されるまでの期間(当面は2月7日)、立命館大学のBCP活動レベルを2から3に引き上げます。
 なお、この措置に伴う一斉休講は行いません。各活動については下記を参照してください。
学部生・大学院生の皆さんはmanaba+Rも参照してください。

新型コロナウイルス感染拡大に対する立命館大学の行動指針(BCP)(2020年9月16日改訂)

〇授業の実施形態について
 各科目によって授業の実施形態が変更される場合があります。必ず、manaba+Rや授業担当教員からの連絡を確認し、その指示に従ってください。
 また、対面による試験が予定されている場合も、実施方法が変更される可能性があります。授業担当教員からの連絡を見落とさないように注意してください。

〇課外自主活動について
 現在、対面での活動が認められている団体の活動を一律に制限することは行いません。日常生活も含めて要請される適切な感染防止・感染拡大防止策のすべてを全員が一人残らず徹底できることを最低条件にして、濃厚接触の状態が発生しない活動形態を原則として活動の継続を認めます。
 詳しくは、学生オフィス、スポーツ強化オフィスからの通知を見るようにしてください。

〇キャンパスの施設利用について
 キャンパス内の図書館やマルチメディアルーム、プリントステーションなどは秋学期と同様の条件で利用でき、学習・研究に関わる施設の利用は制限しません。登下校時やキャンパス内の施設を利用する際には、マスクを着用の上、身体的距離の確保や手指の洗浄・消毒といった感染防止対策を徹底してください。

関連情報

NEXT

2021.01.13 TOPICS

国際関係学部 オープンゼミナール大会をハイブリッド形式で開催

ページトップへ