Creating a Future Beyond Borders

scroll

TOPICS OF BEYOND BORDERS

【shiRUto】食のインバウンド対応 ハラール認証よりも大切な「情報開示」と「コミュニケーション」

EDITOR'S
EYE

教育・研究から得られる知の数々と、私たちや社会との関わりを読み解く新しいメディア【shiRUto】 食マネジメント学部の阿良田麻里子教授が、食のインバウンド対応について解説します…

TOPICS 01

【shiRUto】食のインバウンド対応 ハラール認証よりも大切な「情報開示」と「コミュニケーション」

年間4000万人の訪日外国人客を迎えるとされる2020年の日本。さまざまな「インバウンド対応」が求められているなかでも、とりわけ急務とされるのが食の環境整備だ。宗教による食の禁忌の中でも、近年注目を集めているのは、イスラームを信仰する人々(ムスリム)の禁忌である。

イスラーム法において許された物事を「ハラール」という。第三者機関が商品やサービスを監査して認証するハラール認証制度が注目されているが、ムスリムはハラール認証されたものしか食べないわけではない。

ムスリムの訪日旅行者数は年々増加しており、2020年には約140万人、訪日旅行者全体の3%以上を占めるというデータもあり、特に外食ビジネスの現場においてムスリム対応やハラール食への対策は急務となっている。異文化の人々が満足のゆく食事を楽しめる社会を築くためには何が必要なのか。提供者・消費者双方の視点から考える。

TOPICS 01へ

ページトップへ