TOPICS OF BEYOND BORDERS

人に代わって自ら走行・作業する知的ビークルの可能性

EDITOR'S
EYE

【RADIANT Issue #6:機械と人の未来】現在、最も注目され、立命館大学の研究の強みのひとつであるロボティクス、人工知能(AI)。私たちが創る未来とは?

TOPICS 01

人に代わって自ら走行・作業する知的ビークルの可能性

〈深尾隆則・理工学部教授〉

AIによる認知からメカの制御まで
トータルに考え、革新を生む。

人が運転しなくてもクルマが自ら安全、かつ快適に道路を走行し、人を目的地まで運んでくれる。人工知能(AI)技術の進化によってそんなクルマの自動運転が現実のものになろうとしている。技術開発競争は激しく、世界中の名だたる自動車メーカーがしのぎを削っているが、完全自動化にはもう一歩、ブレークスルーが必要だ。

TOPICS 01へ

ページトップへ