近藤選手と日野さんの特別授業「勇気のシルシ」

2017.03.17 TOPICS

女子視覚障がい女子マラソン選手の近藤寛子さん、競技パートナーの日野未奈子さん(産社3回生)による特別授業「勇気のシルシ」が開催されました!

近藤選手と日野さんによる特別授業「勇気のシルシ」が開催されました!

2月9日(木)、滋賀県の草津市立草津第二小学校にて、リオ2016パラリンピック視覚障がい女子マラソン5位入賞された近藤寛子さんと競技パートナーの日野未奈子さん(産業社会学部3回生)が、特別授業「勇気のシルシ」の講師を務めました。
近藤選手と日野さんの特別授業「勇気のシルシ」の様子
近藤選手と日野さんの特別授業「勇気のシルシ」の様子

特別授業は「福祉」について勉強している4年生、5年生の約200名を対象に実施されました。保護者の方々や先生方のご参加もありました。

授業では、近藤さんがリオパラリンピック出場に至るまでの経緯が描かれたDVD視聴や、伴走やアイマスクで走る実技体験などがあり、授業後には草津第二小学校の先生から「障がいのある方とサポートする方の両面から話が聞け、とても有意義でした」とのご感想をいただきました。

【日野さんの授業後の感想・草津第二小学校のみなさんへのメッセージ】

この特別授業では、児童のみなさんが近藤選手のお話に聞き入るまなざしや、実際にアイマスクやロープを使った伴走体験での嬉々とした表情に、私自身も伴走活動を始めたばかりの初心を思い出すことができました。

今回の経験を通じて、少しでも障がい者スポーツを身近に感じてもらえれば私もうれしいです。3年後には日本でパラリンピックが開催されます。私は、近藤選手と「心と体の二人三脚」を続け、リオ大会に続き連続出場を目指します。草津第二小学校のみなさん、どうか大きな夢を持って、何事にも一生懸命に取り組んでください。夢は無限です!

NEXT

2017.03.15 TOPICS

東日本大震災から6年。「いのちのつどい」を開催

ページトップへ