3月9日(木)、衣笠キャンパスにて、学生が安心・安全に正課、正課外活動に取り組むための一助として、学生生活セミナーが開催されました。今回のテーマは「ブラックバイト対処法(知って役立つ労働法)」と「正しいお酒との付き合い方」の2点で、京都労働局、キリンビール株式会社から講師をお招きして、セミナーが実施されました。
 「ブラックバイト対処法」の講義後、学生が現在、勤めているアルバイト先における疑問や問題点に対する相談会が実施され、「正しいお酒との付き合い方」の講義では、アルコールパッチテストによる各人のアルコール体質確認が行われたほか、上手いお酒の断り方、団体内の酒席における執行部や上回生の役割を考えるグループワークが展開され、学生よりすぐに使える実効的な意見が多く出されました。
 この学生生活セミナーは年間を通じて体系化したテーマを計画的に行う予定であり、次は6月以降に「カルト集団」・「悪徳商法」対策、「SNSの正しい利用」、「女性のための防犯教室」等のセミナーを順次実施する予定です。いずれも企業等の実務家講師をお招きします。引き続き、学生の皆様の積極的なご参加をお待ちしています。

<案内:既に実施が決まっているセミナー>
6月14日(水)に本学法科大学院ご出身でレイ法律事務所代表弁護士の佐藤大和先生をお招きして、「ちょっとした気づかいでSNSの世界はもっと広がる!」をテーマに衣笠キャンパスにてセミナーを行う予定です。

NEXT

2017.03.10 TOPICS

【+Rな人】地域とのつながりを大切にしたい~女子ソフトボール部、京都マラソンでのボランティア活動~ 本庄 遥さん(産業社会学部3回…

ページトップへ