2月26日(日)、大阪いばらきキャンパス(OIC)立命館いばらきフューチャープラザイベントホールにおいて、公開講座「健康バンドで健康増進:その理論と実践」を開催しました。今回、スポーツ健康科学部の藤田聡教授がびわこくさつキャンパスや滋賀県内で実施してきた健康バンドを使用した運動プログラムをOICで初開催です。

講座では、まず藤田先生より加齢に伴う筋肉量の減少とそれに伴う糖尿病発症のリスクや、運動の必要性そして運動の動機付けについての講義があり、参加者の皆さんは熱心に聞き入っていました。

続いて、学生スタッフのデモンストレーションを見ながら、実際に「健康バンド」を使用した運動プログラムに取り組みました。

介護予防を目的として開発した健康バンドは、伸縮性のゴムバンドを用いて、日常生活に必要な筋肉を鍛える運動ができ、イスに座りながらでも効率的な筋力トレーニングを気軽に行うことができます。



参加者のほとんどの方は、初めて健康バンドを使いましたが、学生のサポートもあり、皆さん楽しそうにトレーニングをされていました。

今後もOICでは健康などをテーマとした市民の方向けの講座の開催を予定しています。ホームページなどでご案内しますので、ぜひご参加ください。

 

NEXT

2017.03.19 TOPICS

ガーデニングプロジェクト 3月手入れ会

ページトップへ