専修概要

日本文学専修

文学が花開いた京都で学び、時代を切り拓く新研究にも挑戦

日本文学専修では、上代の『古事記』『万葉集』から近現代の文学作品、古代から現代に至る日本語を研究対象としています。

日本文学

上代から近現代に至る日本の文学表現は、グローバル化時代を迎えた今、その独自性と普遍性が改めて注目されています。東アジアや欧米との関わりの中で、特徴ある発展を遂げてきた日本文学を、新たな視点で探求する研究が進められています。
日本文学専修の日本文学分野では、上代・中古・中世・近現代の幅広い時代、多様なジャンルの文学を研究しています。7名の専任教員と大学院生たちが、各時代の歌謡・物語・美術・詩歌・小説・批評などを分析対象として、日本の文学の核心に迫る研究を展開しています。

日本語学

近年、コーパスを活用した日本語研究(「コーパス日本語学」)が盛んになっています。コーパスを活用することで、紙の資料を使っていた時代にはできなかった新しい研究を容易に行うことができるようになるなど、日本語研究は新たな局面を迎えています。
日本文学専修の日本語学分野では、「コーパス日本語学」を教育・研究の重要な柱として位置付けています。3名の専任教員によって、文法史、近現代の語彙・表記、現代日本語の文法構造の研究と日本語教育への応用といった幅広い領域を対象とした研究を展開しています。

過去の修士論文・博士論文タイトル(例)

修士論文

  • 内田百閒『冥途』所収作品の研究 ― 素材との対照を視座として ―
  • クィア理論に基づく『キッチン』の中国語訳本の比較研究
  • 菊池寛通俗小説論 ― 大正後期から昭和初期作品を中心に ―
  • 『古事記』・『日本書紀』における久米歌冒頭歌の機能
  • 尊経閣文庫蔵『東山殿御詠』の研究 ― 足利義政と飛鳥井雅親 ―

博士論文

  • 横光利一の欧州体験と帰国後の日本表象に関する総合的研究
  • 中島敦文学に於ける南洋行 ― 『環礁』の位相 ―
  • 生起転換期の出版文化と押川春浪 ― 冒険小説の生成と受容 ―
  • 『狭衣物語』の本文研究
  • 『夜の寝覚』研究 ― 物語展開の方法と言葉 ―