教員コラム

文学部には100名を超える教員が在籍しています。一人ひとりのリアルな教育・研究活動を紹介します。

学生時代にデリダに受けた衝撃がいまも研究の動機

20世紀後半に活躍したフランスの哲学者、ジャック・デリダを研究しています。とくにこれまで取り組んできたのが、1960年代に彼の思想がどのようにつくられたのかというテーマです。私がデリダの本を初めて手に取ったのは、立命館大学文学部の哲学専攻に在籍していた学部1回生のときでした。『声と現象』など、デリダの初期の代表作を読んだのですが、当時の私には難しくてよくわからなかったというのが正直なところです。謎に満ちた哲学の本。でもなぜか強烈に惹かれ、「彼の思想を理解したい」と強く感じたのです。

デリダは「脱構築」という概念を提唱することによって、古代ギリシア以来の伝統的な哲学の言葉や考え方をぐらつかせたことで知られています。私たちは物事を考えるときに、「二項対立」の図式に当てはめがちです。男性と女性、善と悪、敵と味方……。そのような二項対立の考え方は馴染み深く、物事を理解しやすくしてくれます。そしてこの二項対立は、ヨーロッパの哲学(形而上学)の伝統的な考え方を縛るものでもありました。哲学者たちは、自己と他者、西洋と東洋、精神と物質といったように、物事を2つに切り分けて哲学を構築していったのです。しかしデリダは、その二項対立の考え方が本当に正しいのか、疑問を投げかけました。二つに分けるということは、片方のなかには、もう片方がまったく存在しないということを意味します。デリダは、そのような切り分け方をすることで、哲学が何かを見失ってきたのではないかと問うたのです。

デリダの問いは、人間の「自己」にも向かいます。ふつう人は、自分と自分以外の他人を、 切り分けて考えています。しかし、「自己」はいつも本当に同じ「自己」でしょうか。私たちが誰かの話を聞いたときにメモをとるのは、「今の自分はこの話を覚えているけれど、明日の自分は忘れているかも知れない」と考えるからです。また10年前に自分が書いた文章を読んで、「これを本当に自分が書いたのだろうか」と驚くこともよくあります。そのように、言葉を読むことと書くことを通じて、私たちは「自己」のなかに「他者」がいることを経験しているのではないでしょうか。このようなデリダの考えに引き込まれたことが、学生時代から今にいたるまで研究を続ける動機となっています。

亀井 大輔

哲学・倫理学専攻

小説を深く読み込むことで得られる「文学の力」

私の研究領域は、19世紀後半から20世紀はじめの英米小説、とくにヘンリー・ジェイムズ(1843〜1916)です。ただ授業では、様々な作品を扱い、最近は幽霊小説をとりあげることが多いです。幽霊ものには、「不可解な謎」が描かれます。それゆえに恐怖を読者に呼び起こしたりするのですが、その謎や不思議は、作品を最後まで読んでも、明確に解き明かされないことが多いです。しかしそれらは現実の何かを表象しています。英単語の一語一語をおろそかにせず、作品を深く読んでいくと、あるときにこのように解釈できるのではないかとハッと気づくときがあります。例えば、私が専門とするジェイムズの『ねじの回転』に登場する幽霊は、最初は「悪」を表象していると言う解釈が主流でしたが、語り手の女性家庭教師の性的抑圧からおこなった幻影だという説、あるいは階級差による抑圧によるのだという説がでてきて、時代によって多様な解釈が生み出されてきました。この面白さが文学を学ぶことの楽しさでもあります。

解釈の多様性といえば、1回生の授業で学生が楽しんでくれるテキストとしてJ.K.ローリングの『ハリー・ポッター』シリーズで言及される『吟遊詩人ビードルの物語』の中の話『魔法使いとポンポン跳ぶポット』(”The Wizard and the Hopping Pot”)があげられます。子ども向けの童話の形をとっていますが、現実にヨーロッパで過去にあった「魔女狩り」を思わせる記述や、現在の移民問題を思い起こさせられ、読み込むほどに深い解釈が可能な作品です。学生たちはこの作品の読解を通じて、作者が行間に隠したメッセージを見つけることの面白さを感じてくれているようです。

いまの社会でいろいろな問題が起こっていますが、その一つの理由は世の中で短絡的にしか物事をみないことであり、一つの問題を多角的にみる、言葉の行間を読むという、いわゆる「文学の力」が失われているからではないでしょうか。その点、私が研究する文学作品は何らかの形で社会の現実とつながっていると思います。文学の力とその豊かさを、ぜひこの学域の4年間の学びを通じて、我が物としてもらえたら嬉しく思います。 

中川 優子

英米文学専攻

メディアで変わる「観光」の最前線を追う


皆さんはもうご存知だと思いますが、今、新しいメディアの登場によって、旅行の形が大きく変わってきています。写真アプリのInstagramを愛好する世界中の若者たちにとって、旅行は「インスタ映え」の絶好の機会です。外国人観光客たちの間では、浴衣を着て神社・仏閣などで写真を撮り、それをInstagramにアップすることが、京都を訪れる目的になっていたりもします。それを見た友だちや家族は、旅行ガイドブックだけでなく、「インスタ映え」の写真も参考にして、日本を訪れるというサイクルが生まれているのです。

京都以外の観光地も、新しいメディアを活用して観光客を呼び寄せる工夫を始めています。アニメ作品の舞台となった場所を訪れる旅を「アニメ聖地巡礼」と呼びますが、「聖地巡礼」の目的となった地域の中には、AR技術によってアニメキャラと一緒に撮影ができるスポットを用意することで、集客につなげているところがあります。こうしたメディア・テクノロジーの活用はディズニーリゾートなどのテーマパークでも見てとれます。このように、観光のスタイルがメディア・テクノロジーによって大きく新たなかたちへと変化することに関心を持ち、「観光とメディアの関係」の最前線を研究し続けてきました。

遠藤 英樹

地域観光学専攻

唐宋時代のポップス「詞」から当時の人の思いを知る

私が研究しているのは、中国の唐宋時代に盛んに作られ、歌われた「詞」です。皆さんは小学校のときから、「詩」を国語の授業で読んだり書いてきたと思います。基本的に「詩」は朗読するものであるのに対し、作詞作曲というように「詞」は音楽に乗せて「歌う」ものです。西暦618年〜907年まで続いた唐の時代、シルクロードを通じた交易が盛んとなり、唐の都には青い目をした西洋の人々がたくさんいました。やがて彼らが持ち込んできた音楽に合わせて中国の詩人たちの「詩」が歌われるようになり、歌謡として大流行したのです。

当時歌われた詞は、いまで言うところの「ポップス」でした。堅苦しい内容は少なく、ラブソングもあればセンチメンタルな気持ちを歌ったものもあり、酒場での宴会を盛り上げました。宋の時代になると知識人が作った詞を専門の歌手が歌うようになり、お金持ちたちは歌妓を家において客人をもてなしました。メロディに乗せて歌いやすくするため、詞はそれまでの「五言絶句」などの伝統的な中国の詩型から離れて独自に発展し、さまざまな工夫がこらされていきました。詞に歌われた内容を読んでいると、当時の人々の暮らしぶりや考えていたことが目に浮かんできます。国も時代もまったく違う現代の私たちでも、彼らの思いに共感することができ、そこにこの研究の面白みを感じています。

萩原 正樹

中国文学・思想専攻