専修概要

考古学・文化遺産専修

従来の伝統と、これからの考古学と文化財行政を見据えた、新しいカリキュラム

遺跡や遺物を考古学的に研究し、それを文化遺産として社会的に保護・活用するための研究を行う専修です。

従来、大学院で行う考古学の授業は教員の講義と受講生の研究発表が中心でしたが、この専修では発掘や報告書作成、遺跡や博物館見学を授業に多く取り入れ、文化財行政や博物館への就職に有利になるよう、配慮しています。

カリキュラムに沿った発掘や報告書作成の成果は受講生の共同研究の成果として公表していきますので、研究者志望者は業績を伸ばすことができ、博士後期課程の研究に関連させていくことも可能です。

文化財行政や博物館などに就職した卒業生は日本でも有数です。

この考古学・文化遺産専修は、従来の伝統を生かしつつ、これからの考古学と文化財行政を見据えて、新しいカリキュラムを提供します。

過去の修士論文・博士論文タイトル(例)

修士論文

  • 西日本の縄文時代集落における遺構配置
  • 琵琶湖湖底遺跡からみる水位変動
  • 弥生から古墳移行期における小型青銅器の受容と展開
  • 日韓におけるト占方法の比較
  • 墓標と子どもの戒名-奈良県の近世墓標を中心に-
  • 中世から近世における石切技術の変遷と作業風景の復原

博士論文

  • 土器編年研究から見た縄文時代草創期における地域性の変化とその評価
  • Population and Mobility in the Middle Jomon Period Viewed from Architectural and Skeletal Remains
  • 弥生文化成立期における韓半島と西日本との地域間関係-縄文時代晩期~弥生時代早期の土器を中心に-
  • 埴輪からみた古墳の展開と地域関係
  • 近代韓国陶磁史研究―浅川伯教・巧兄弟の活動を軸として
  • 近畿地方における7 世紀の造瓦体制と寺院造営の展開