立命館グローバル・イノベーション研究機構長 挨拶

立命館グローバル・イノベーション研究機構(以下R-GIRO)は、大学の責務の一つである「社会貢献」を研究面で実現するため、日本が緊急に解決すべき「持続可能で豊かな社会の追求」を理念として、学長主導のもと、組織を横断して分離融合を牽引する研究高度化施策の一環として2008年4月に設立しました。

「第1期R-GIRO研究プログラム」としては、本学で世界に誇れる最先端の研究拠点の礎を形成し、世界で活躍できる若手研究者の育成を目的として、「環境」「材料・資源」「医療・健康」などの特定10領域に挑戦しました。

2012年からは第1期の研究成果の社会還元を促進するため、研究拠点形成に軸足を置き、 「第2期拠点形成型R-GIRO研究プログラム」を開始し、本学の強みである分野横断力、分野統合力を結集し「特色ある異分野融合型の9研究拠点」を形成しました。第1期、第2期を通して「地球の自然回帰」を目指し、「自然共生型社会モデルの形成」を目標に44の研究プロジェクトが多くの研究成果を創出してきました。

2016年より開始した「第3期R-GIRO拠点形成研究プログラム」では、少子高齢化の危機を社会課題解決に取り組む好機と捉え、生命力と創造性あふれる「人間共生型社会モデルの形成」に軸足において、5拠点11研究プロジェクトで360名を超える研究者が現在も研究を推進しております。これらの研究プロジェクトは、2016年度、2017年度と順次に終了を迎えることになり、輩出される研究成果が社会還元されることを大いに期待しているところです。

また、R-GIROでは研究推進と共に、若手研究者の育成と研究成果の情報発信に注力してきました。設立以来、専門研究員や研究員などの若手研究者を積極的に雇用し、その600名を超える研究者の進路は、企業の研究開発部門やアカデミックな組織・大学の研究者など多方面に渡っています。一方、地域社会へ貢献としてR-GIRO発足時より27回のシンポジウムを開催し延べ4,300名の参加をいただき、イノベーションジャパンやエコプロ展などの全国的な展示会にも途切れなく参加してきました。2018年にはR-GIRO設立10周年を機に、記念シンポジウムの開催、英語版ホームページ新設・英語版パンフレット刊行等、海外へ向けた成果発信や、海外の大学や機関との連携を強めてまいりました。 次世代へ向けた取り組みとしては、R-GIROの研究内容を中・高校生向けに分かりやすくした紹介した研究パンフレットを刊行し、若手研究者による出張セミナーを立命館附属校・提携校の中学校・高等学校で開催し、大学院での学びや研究への興味を喚起しています。

R-GIROが12年間に亘り継続できたのは、半年ごとに研究の内部評価を実施し、また、毎年、産業界やアカデミアで活躍される有識者より構成される「アドバイザリー・ボード委員」で外部評価を実施し、大所高所からR-GIROの成果のみならず、将来の方向性についてご助言をいただいているからと思われ、外部評価委員に感謝を申し上げます。それらのアドバイスを受けて、R-GIROでは第1期から第3期を融合した第4期の研究プログラムの理念や拠点の在り方を検討しています。

今後も立命館大学らしい特色ある研究拠点の創成を通して、社会に大きく貢献することを目指して邁進してまいりますので、支援よろしくお願いいたします。

立命館グローバル・イノベーション研究機構長
仲谷善雄