専門分野・ディシプリン

憲法学、平和学

研究内容

憲法を国際政治学、国際関係論、平和学の視点から考察しています。とりわけ、日本国憲法の平和主義を平和学の視点、東アジアの文脈、NGO活動との関連でとらえなおすこと、グローバルな立憲主義について考察することが課題です。自分自身でNGO活動もしています。また毎年ノーベル平和賞の候補者をノミネートしています。

大学院を目指す方へ

わたしはいま、「世界の諸憲法の平和条項の比較研究」「平和構築と憲法制定に関する研究」を行なっています。これらのテーマは世界の中でも日本でもっとも研究されています。また、「ミリタリーと市民社会(シビリアン、NGO)との対話」もわたしのテーマです。これらのテーマに関心があるみなさんを大歓迎します。

指導修士論文(過去5年)

  • Sharpening the Republic by Grinding Down Empire Base Politics and the Search for Authentic Military Transformation
  • 日本軍「慰安婦」被害者の救済
  • 国内避難民問題の恒久的解決に向けた政策の履行と「国内強制移動に関する指導原則」の検証 -スリランカ国内避難民の事例に基づく考察-
  • Reviewing the Quasi-Alliance Model between South Korea and Japan in the Age of Uncertainty:
    Impact of Inter-Korea Relations on Security Dynamics in East Asia
  • “Rural Tourism in Nepal: Strengths and Challenges:
    A Case Study of Panauti, Kavrepalanchok, Nepal”

指導博士論文

  • 韓国憲法における平和条項の規範と現実 ―民主化、憲法裁判所、「二つの法体系」論―
  • 世界秩序を構想する学習による平和教育の再構築 ―中等教育におけるカリキュラム開発と実践―