教員紹介

Tetsuo Kamina

紙名 哲生

紙名 哲生
所属学部
情報理工学部
職位
講師
専門
プログラミング言語
担当コース
研究分野・テーマ
ソフトウェア、ソフトウェア工学、プログラミング言語
得意な科目
物理、国語
苦手な科目
社会、体育
おすすめの書籍

老人と海ヘミングウェイ 新潮文庫それでも、日本人は「戦争」を選んだ加藤陽子 朝日出版社アメリカの大学・ニッポンの大学苅谷剛彦 中公新書ラクレ

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

バーチャル(仮想)とリアル(現実)を繋ぐところが,情報理工学の特徴で面白い点だと思います.バーチャルな世界は物理的な制約が少なく,自分の力で世界を構築できます.そうして自分のアイデアをカタチにすること自体,楽しい作業ですが,それが実際に動く製品として現実世界に働きかけることに,さらなるやりがいを見つけることができます.

立命館大学の情報理工学部は、他大学の同系学部とどのように異なるでしょうか?

情報系学部としては国内最大級の規模を誇り,多岐に渡る様々な分野を網羅していること.

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

新しいプログラミング言語を作っています.プログラミング言語が変われば,プログラムの作り方が変わり,その結果,よりよいプログラムを短時間で作れるようになります.そして何より,プログラムを書く人が楽しんで使えるようなプログラミング言語を目指しています.

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

受け身ではなく,自主的に学習することを期待します.先生の言っていることが全て正しいことだと思わないことです.今の社会や技術をしっかりと理解したうえで,その問題点を指摘し,それを解決できる方法を見つけ,それを計画し実行できる人間になっていってください.

担当コース

経歴・業績について

同じコースの教員