教員紹介

Ryo Nishide

西出 亮

西出 亮
所属学部
情報理工学部
職位
特任助教
専門
ネットワーク
担当コース
主な担当科目
プログラミング(ラーニングコモンズ)
過去の部活動
硬式テニス
得意な科目
英語
苦手な科目
社会

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

情報理工学の魅力・面白さは,学んだ最先端の知識や技術を幅広い領域に応用できるところにあると思います.つまり,従来の理工学的な分野に留まらず,社会学,医学,農学等への応用も可能であり,また情報理工学と組み合わせた複合的分野も登場しています.情報理工学部では,学問分野の枠を超えた7つのコースで,基礎的な知識と専門性を養いながら,個性を活かした新たな研究テーマの開拓につながる学びができると考えます.

立命館大学の情報理工学部は、他大学の同系学部とどのように異なるでしょうか?

情報理工学部の魅力は,「広範な分野を跨いでおり,個人の興味・関心に応じて専門分野や学習内容を選択できる」ことだと思います.また,高機能・高性能な実験機器・機材が揃っており,様々な機器に触れながら技術を身に付けられる学習環境にも恵まれています.さらに,英語教育や留学プログラムも多数あり,英語の実践力の向上や留学経験を得ることもできるので,国際的に活躍できる将来的なキャリアパスにも結び付くと思います.

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

街中で歩行者が日常的に持ち歩くモバイル端末(スマートフォン,タブレット端末等)を検出し,人々の動きを推定する研究に取り組んでいます.具体的には,小型の実験機材を用いて周囲に偏在するモバイル端末を観測して周辺環境の人数の推移を分析し,交通システムの改善に供することを目指しています.バス利用客を中心に実験を行っていますが,駅やタクシー乗り場,空港,イベント会場,商業施設,災害対策への応用も考えられます.

今、注目している技術・テクノロジーについて教えてください

モバイル技術の発展や,モバイル機器・空間状況を把握するために必要なセンサー技術,コンパクト・省電力で動作するRaspberry Pi・Arduinoのような小型端末等に関心があります.また,IoT (Internet of Things)やユビキタス社会を支えていく上で必要となってくる技術や動向についても関心があり,異種の情報を組み合わせて新しい情報や空間状況を見つけることや,これらの情報を提示する手段となる技術についても興味があります.

担当コース

経歴・業績について

同じコースの教員