教員紹介

Gang Xu

徐 剛

徐 剛
所属学部
情報理工学部
職位
教授
専門
3次元画像処理
担当コース
主な担当科目
画像情報処理
研究分野・テーマ
画像処理、機械学習、コンピュータビジョン、人工知能、知能情報、知能ロボティクス、知覚情報、パターン認識、ロボットビジョン、ロボティクス

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

あらゆる分野に入りこむ情報処理の基礎から応用まで学べる理工学の他のどの分野よりも、発展が早く、成長余地が大きい。

卒業後、情報理工学部で学んだことはどのように役立つでしょうか?

実際の問題を記号化し、アルゴリズムを考えることで問題を解決できる、体験を卒業研究などですることで、実際の問題解決能力を身につけることができ、その体験に裏付けられる問題解決能力が、実社会で非常に役に立つ

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

研究室で開発した3次元ビジョン技術をベースに、大学発ベンチャー「株式会社三次元メディア」を起業し、産業ロボットの「目」と「脳」を開発し、トヨタなどで使っていただいており、この市場の最先端を走っている。

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

基礎を固めてほしい
新しいことにどんどんチャレンジしてほしい
技術以外にも、人間として幅を広げてほしい

担当コース

経歴・業績について

同じコースの教員