教員紹介

Masato Nakayama

中山 雅人

中山 雅人
所属学部
情報理工学部
職位
特任助教
専門
音響・音声
担当コース
主な担当科目
情報系実習科目
過去の部活動
剣道
得意な科目
数学
苦手な科目
英語
おすすめの書籍

ロジカル・シンキング―論理的な思考と構成のスキル照屋華子, 岡田恵子 東洋経済新報社

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

情報理工学は、極めて広い対象を持った学問です。その可能性は他の学部とは比較にならないと思います。世の中のどんなことでも困ったこと、大変なことを様々なやり方で解決できる点が最大の魅力であり、面白さと言ってよいと思います。また、情報(ソフトウェア)は機械(ハードウェア)に比べて、ものづくりのプロセスを最初から最後まで通して個人が行うことができます。アイデア次第では、世界で大ヒットするアプリケーションを自分の力だけで開発できるかもしれません。

卒業後、情報理工学部で学んだことはどのように役立つでしょうか?

情報理工学部では、特に論理的思考力を鍛えることができます。論理的思考力で物事を客観的かつ俯瞰的に捉えることで、様々な物事の問題がどこにあるのか、それに対する解決策を考える問題解決力は、どのような仕事を行う上でも非常に役に立ちます。さらに、自らの情報を他者に伝えるコミュニケーション能力とプレゼンテーション能力は、協調作業の仕事を行ううえで欠かすことができない能力です。また、理解できないことを自ら発見し、情報媒体から資料などを探して自己解決できる能力は必ず役に立ちます。

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

音を理解する、音を伝える、音を感じる、音を再現する、音についての様々な研究をしています。五感の中でも聴覚は視覚に次ぐ非常に大事な知覚器官であり、映画館の音響を発展させて本当にその場にいるような音の仮想世界の実現、距離の壁を超えた通信からロボットの聴覚まで幅広い応用分野があります。最近では、人の耳では聞こえない超音波を利用して空中からVR(Virtual Reality)の音が聞こえる音像ホログラムの研究、音を使って物体がどこにあるのかを探し出す音レーダの研究などを積極的に行っています。

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

世の中の様々な問題や出来事などに常に興味を持って過ごしてほしいと思います。特に、自分自身が不便に感じていること、他の人が苦労していることなどをよく観察して、その問題の根源がどこにあるのか、それを考える癖をつけておくと、理系的な洞察力が磨かれると思います。また、情報系を志望する学生は、正課外のサークル活動、アルバイト、ボランティアなどに積極的に参加し、友人、先輩、後輩などの人間関係を学ぶことを期待しています。社会で活躍できる人材になれるように自ら成長しましょう。

担当コース

経歴・業績について

同じコースの教員