教員紹介

Yoshiro Fukui

福井 善朗

福井 善朗
所属学部
情報理工学部
職位
助教
専門
制御理論
担当コース
過去の部活動
電気物理研究部
得意な科目
数学、音楽
苦手な科目
英語、古文
おすすめの書籍

まんが道藤子不二雄A 中央公論新社

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

取り扱う学問分野の広さは魅力のひとつです。例えば、「情報」という言葉を聞くとパソコンの中で閉じた話をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。情報理工学部実世界情報コースではそれだけではなく、ロボットのような物理的な世界で動くものの制御も情報の枠組みで取り扱います。

立命館大学の情報理工学部は、他大学の同系学部とどのように異なるでしょうか?

立命館大学の中でも情報理工学部は特に研究活動に力を入れています。他大学と比較しても非常に高い水準で研究を行っているため、他大学に比べ、情報理工学部のほうがより最先端、最新のことをリアルタイムに学ぶ機会が多いです。これは競争的資金の獲得実績にも表れていて、科研費という予算では、3年連続の採択金額私立大学3位、採択件数私立大学4位を獲得しています。
もちろん、私自身も制御理論の研究者の立場から、科研費獲得実績をはじめとして、高い研究水準の維持に貢献しています。

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

人間とロボットが安全に触れ合える制御理論、意思決定を組み込んだ制御理論などを取り扱っています。例えば、ロボットと握手することを考えましょう。握手を行うと手を握り返すことがありますが、握り返す力が弱すぎると味気なく、強すぎると人間の手がつぶれてしまいます。人間とロボットが触れあう場面において、どのような力の入れ方なら安全なロボット制御となるかを研究しています。

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

朝食の習慣を期待します。無から有は生み出すことはできず、勉強の成果、サークル活動の成果は食べ物から生み出されます。しっかり食べてしっかり寝て授業やサークル活動を楽みましょう。誰にも負けない力は自分を信じないと生まれませんので、自分を信じて何ごとにも一生懸命取り組めるように成長していただけたらと思います。

担当コース

経歴・業績について

同じコースの教員