教員紹介

Eiji Okubo

大久保 英嗣

大久保 英嗣
所属学部
情報理工学部
職位
特命教授/学校法人立命館理事補佐・国際IT教育推進室長
専門
計算機ソフトウェア
主な担当科目
オペレーティングシステム
研究分野・テーマ
オペレーティングシステム、組込みシステム
得意な科目
数学、歴史、地理

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

情報技術は、産業や経済分野にとどまらず、健康、医療、福祉、災害対策など、日常的な生活の場にまで広く浸透している。情報理工学部では、このような現代的・社会的要請に応えるために、計算機システムや情報通信ネットワークなどの基盤技術から、メディア・テクノロジーやヒューマン・テクノロジーといった専門分野を融合した応用技術まで、現代社会に求められる多様な情報技術者の育成を目指している。

卒業後、情報理工学部で学んだことはどのように役立つでしょうか?

情報理工学部では、情報技術の専門性に加えて、技術者としての人間力を重視して、学生自らが主体的に活動できる環境を提供している。すなわち、挑戦意欲に富んでいる、技術・知識を吸収することに貪欲である、自ら行動し問題解決できる、相手の立場を理解して問題の本質を見抜くことができる能力を育成することを重視している。これらは、社会人として基本的な資質であり、様々な場面で役に立つことであると言える。

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

センサネットワークに関する研究を行っています。センサネットワークとは、超小型計算機であるセンサノードをネットワークによって複数つなげたシステムのことです。温度センサ,湿度センサ,照度センサなどの種々のセンサノードからのデータを収集して、協調動作させることによって、環境観測、災害対策、事故防止などの高度な応用を実現するシステムに関して研究しています。

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

次の4つのこと考えてもらいたいと思います。1つ目は、目的意識を持って大学生活を送るということです。大学での4年間を有意義に過ごすためには、どうしたらよいのかを考えていただきたい。2つ目は、議論を通じて自分を磨くということです。様々な事柄に関して、友人と議論することにより、自分を見つめなおすことができます。3つ目は、常に問題意識を持って物事の本質を問うということです。4つ目は、物事に積極的に取り組むということです。

経歴・業績について