教員紹介

Aya Luckel-Semoto

ルッケル瀬本 阿矢

ルッケル瀬本 阿矢
所属学部
情報理工学部
職位
講師
専門
英米文学、比較文学・文化学、英語教育学
主な担当科目
英語
研究分野・テーマ
英米文学、比較文学・文化学、英語教育学
過去の部活動
オーケストラクラブ
得意な科目
英語、体育、美術
苦手な科目
数学
おすすめの書籍

Sophie's World: A Novel About the History of Philosophy, Jostein Gaarder

情報理工学の魅力・面白さとは、どのような点にあると思われますか?

時代をリードする存在になる能力を身につけることができることです。日々、テクノロジーはめまぐるしく進歩していますし、それなしでは今後の人間社会はうまく機能しないでしょう。本学部で情報理工学を学ぶと、社会で重要な役割を担っている部分に携わることができるようになる。これはとても魅力的だと思います。

先生の代表的な研究・活動内容、現在の研究テーマについて、教えてください。

英語、フランス語、日本語の3ヶ国語で書かれた文献を比較し、著者が生きた時代の社会通念や文化的背景、異文化間の影響関係について研究しています。2カ国のみならず3カ国間の比較をすることで、「欧米VS日本」という二項対立になりがちな安易な考え方を回避することができるとともに、文化をどのように理解すべきか、文化的背景が異なる人々とどのように接すれば良好な関係が築けるかという問いに有益なヒントが得られる研究です。また、本研究に関連して、英語の授業での異文化理解教育に関する研究も行っています。

これから入学する学生に、どんなことを期待されますか?どう成長してもらいたいですか?

情報理工学部には、専門知識と実践的な英語を身につけることのできる環境が整備され、大変良い環境の中、充実した学生生活を送ることができます。是非この恵まれた環境をフル活用して、将来につながる知識を意欲的に養ってください。

今、注目している技術・テクノロジーについて教えてください。

IoTと連動したAIと高性能カメラ搭載のお手伝いロボット

経歴・業績について