大学院(中国文学・思想専修)紹介

専修紹介

豊富な文献を活用しより高度な研究へ 

中国文学・思想専修では、高度で正確な文献読解力と、中国学のさまざまな問題を考究する研究能力を養成するために、徹底した指導を行っています。読解力養成には、少人数による「中国書講読」「中国文学(思想)特殊問題」などの授業が設けられ、また研究能力を育成する授業としては、「中国文学(思想)研究史研究法」「中国文学特別研究」などがあります。「中国文学特別研究」では、担当教員と前・後期課程の学生が一堂に会して、修士論文提出予定者の研究発表について活発に討論を行っています。
各授業を担当するのは、古典文学、思想を専門とする専任教員のほか、学外から講師として招いている第一線の研究者たちです。また本学は、古典詩文・白話文学・近現代文学および思想関連の文献を豊富に収蔵し、さまざまな研究を可能にする環境を整えています。論文発表の場としては、中国文学専攻の教員・卒業生・院生・学部生などによって構成される中国芸文研究会の編集する『學林』、また本学人文学会の編集による『立命館文学』などがあり、成果を学界に問うことができます。

大学院についての詳細はこちらをご覧ください。 文学研究科  大学院入試情報

今年度の授業についてはこちらからご覧になれます。 オンラインシラバス

在籍する院生の主な研究テーマ

博士前期課程
日本における冥婚習俗—仏教及び中国冥婚説話との関わりに着目して—
墨子の思想
蘇軾と蘇轍との唱和詩
唐代伝奇小説における異界について
范成大の田園詩及び田園像
博士後期課程
江戸後期女流漢詩人高橋玉蕉についての研究
神仙思想の研究
高適集の版本について