2020.05.28 TOPICS

立命館創始150年・学園創立120周年記念シンポジウム「自由に生きるための知性とはなにか?」オンライン開催

 5月24日(日)、立命館創始150年・学園創立120周年を記念したシンポジウム「自由に生きるための知性とはなにか?」を開催しました。当初、渋谷ヒカリエ(東京都)にて実施予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、オンラインで開催することになりました。結果として、国内外から1,000名を超える方々がお申込みくださいました。

 開会挨拶に立った仲谷善雄・立命館大学長は、「With/Afterコロナ時代において、どのように生きるのかは、人工知能AIではなく、我々人間が悩み、考え続けることでしか展望が開けないのではないか。本日の議論が新たな価値や意味を見出すきっかけになってほしい」と述べました。

 続いて、熊谷晋一郎・東京大学先端科学技術研究センター准教授が「わたしを発見する知:リベラルアーツと当事者研究」と題して基調講演を行いました。熊谷准教授は、唯一無二の「わたし」を対象とする「当事者研究」について紹介、脳性マヒを持つ自身の経験を交えて「自分の弱さや取り巻く環境要因を理解することが、認識や行動パターンを変える力になる。また、コロナの状況は総当事者化を招いている。当事者研究は障がいを持った方にのみ役立つ方法ではなく、多くの方々にとってのヒントになるだろう」とお話いただきました。

 後半は、上田紀行・東京工業大学教授、隠岐さや香・名古屋大学大学院経済学研究科教授、山下範久・立命館大学グローバル教養学部教授が加わり、リベラルアーツをテーマにそれぞれの立場からスピーチいただきました。その後、松原洋子・立命館大学副学長がモデレーターとなりパネルディスカッションを実施、コロナ禍が示した「答えのない時代」においてリベラルアーツが持つ想像/創造の力が、多様な他者との関係においてどのような価値(意味)があるのかなどについて意見交換、また視聴者の方々から120を超える質問が寄せられ、限られた時間の中ではありましたが、質疑応答も行いました。

 講演会の様子は、編集のうえ、YouTube「Ritsumeikan Channel」にて公開を予定しています。

録画配信予告編

立命館大学×丸善ジュンク堂書店 「わたしをアップグレードする“教養知”発見フェア」

 丸善ジュンク堂書店とのコラボレーション企画として、本シンポジウム登壇者の著書・推薦書をはじめ、教養や大学を問う名著から、今こそ読みたい新刊まで、選りすぐりの50冊をご紹介しています。

[東京]MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店
 6月1日(月)~6月30日(火)

[大阪]ジュンク堂書店 難波店
 5月11日(月)~6月30日(火)

*臨時休業の場合がございます。ホームページでお確かめください。

「ブクログ」でも選りすぐりの50冊を紹介しています。
https://booklog.jp/users/ritsumeikan-univ

関連情報

NEXT

2020.05.25 NEWS

新型コロナウイルス禍に伴う学生等に対する緊急支援策へのご寄付のお願い

ページトップへ