2021.12.24 専門研究員1名公募「記号創発システム科学創成―実世界人工知能と次世代共生社会の学術融合研究拠点」

募集職種 専門研究員(ポストドクトラルフェロー)
※専門研究員のうち、雇用初年度の4月1日現在満35歳未満の者は、ポストドクトラルフェローと称することができる
募集分野 ・質的アプローチ(とくに、複線径路等至性アプローチ)による研究
・臨床心理学、(生涯)発達心理学、キャリア心理学、教育心理学など心理学諸分野、もしくは質的アプローチを用いる、社会学、看護学、保育学、応用言語学など人間科学諸分野
※AIやロボティクスの分野に興味があり、プログラミングができるか習得の意欲がある方、他分野の研究者との共同研究に意欲的に取り組んでいただける方を歓迎する。
※外国人留学生の場合は、日本語で日常業務や研究者との議論ができること。
職務内容 AI/DX活用によるキャリアカウンセリングの高度化を探究する。ダイバーシティ社会における母親就労復帰支援や留学生支援などのためのキャリア支援カウンセリング基盤を創造し、次世代の共生環境をデザインする。
立命館グローバル・イノベーション研究機構の第4期拠点形成型R-GIRO研究プログラム「記号創発システム科学創成―実世界人工知能と次世代共生社会の学術融合研究拠点」(プロジェクトリーダー:谷口忠大)内の第4研究グループ「記号論的文化心理学の理論深化と次世代共生環境デザイン」(グループリーダー:安田裕子)の一員として、研究を行うものである。
応募資格 以下(1)~(2)のいずれか、ならびに(3)~(5)を満たすこと。
(1)臨床心理学、(生涯)発達心理学、キャリア心理学、教育心理学など心理学諸分野の研究業績があること。
(2)質的研究の経験があり、社会学、看護学、保育学、応用言語学など人間科学諸分野の研究業績があること。
(3)雇用初年度の雇用開始時において博士の学位を取得していること。
(4)英語で学会発表ならびに論文執筆を行うことが可能またはその意欲を有すること。
(5)研究プロジェクト内で協働的に研究を遂行することが可能またはその意欲を有する
募集人数 1名
雇用期間等 2022年4月1日~2023年3月31日
※1年以内で年度をまたぐ雇用契約は行わない(雇用契約は、契約期間満了時の業務量、本人の能力、勤務成績および態度、従事している業務の進捗等を確認し、双方合意のうえ、4 回を上限として更新することがある)。
※年齢が満60歳に達した日以降に到来する最初の3月31日を超えて雇用しない。
所属 立命館グローバル・イノベーション研究機構
勤務地 大阪府茨木市岩倉町2-150 立命館大学 大阪いばらきキャンパス
待遇 専門研究員:年額本俸 3,960,000円(月額 330,000円)
※交通手当、扶養手当、住宅手当は支給しない。
※雇用期間中は、日本私立学校振興・共済事業団(私学共済)、雇用保険に加入する。
※その他、勤務条件は、学校法人立命館の規程に基づき雇用契約書にて定める。
勤務時間 専門業務型裁量労働制*を適用する
*「専門業務型裁量労働制」(労働基準法第38条の3にもとづく制度)
業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分等を大幅に労働者の裁量に委ねる必要がある業務を定め、その業務に就いた場合、あらかじめ定めた時間(本学では7.5時間)働いたとみなす制度である。
応募書類 (1) 履歴・業績書(指定様式)
指定様式のダウンロードはこちら
(2) 学位取得証明書もしくは取得見込であることの説明を記載したもの
(3) 主要論文(3編以内)のコピー
(4) これまでの研究概要 A4用紙1枚以上、2000字以上(様式自由)
(5) 今後の研究計画書 A4用紙1枚以上、2000字以上(様式自由)

※応募書類は原則として返却しない。
※応募において提供された個人情報は、「個人情報の保護に関する法律」に従って適切に管理し、採用選考以外の目的には使用しない。
応募書類提出締切 2022年1月31日(月)必着
※郵送(簡易書留)にて送付すること。
選考方法 (1) 第1次選考(書類審査)
※選考結果は、本人宛Eメールにて通知する。
(2) 第2次選考
※対面、もしくはオンラインにより面接を実施する。
送付先・お問い合わせ 〒567-8570 大阪府茨木市岩倉町2-150
立命館大学 大阪いばらきキャンパス 総合心理学部 安田裕子 宛

(問い合わせ)
立命館大学総合心理学部 安田裕子 (yyr10067(at)fc.ritsumei.ac.jp)
備考