2012.11.28 立命館グローバル・イノベーション研究機構の段桂芳博士研究員と情報理工学部の陳延偉教授の研究グループが国際学会ICPR2012で最優秀学術論文賞を受賞

11月11日(日)から15日(木)に、つくば国際会議場で行われた世界最大のパターン認識に関する国際学会ICPR2012(International Conference on Pattern Recognition 2012)において、R-GIROの段桂芳ポストドクトラルフェローと情報理工学部陳延偉教授の研究グループが最優秀学術論文賞を受賞しました。


最優秀論文賞は、世界各国から寄せられた投稿論文の内、受理された942件の論文を5分野に分けて研究発表を行い、高い研究成果と発展性のある論文(各分野1つ)に送られます。

段桂芳ポストドクトラルフェローらの論文では、多重線形代数の枠組で近年注目されているSparse Coding法を発展させた多次元信号解析にも適用できる新たな手法Tensor Sparse Coding法を理論的に提案し、その有効性を示しました。今後、医用ボリューム画像などへの解析への適用が期待でき、その新規性と理論的な貢献が評価されました。

表彰を受ける段桂芳博士研究員(写真中央)と陳延偉教授(写真右)

ICPR2012の詳細はこちら