19

Jul

FRI

2024.07.19(金) 15:30~17:50

スポーツ健康科学総合研究所・スポーツ庁委託事業「先端的スポーツ医・科学研究推進事業」ハイパフォーマンス・アスリート極限支援研究拠点シンポジウム 「スポーツサイエンスのニューノーマル」

開催日時
2024.07.19(金) 15:30~17:50
場所
現地会場:立命館大学びわこ・くさつキャンパス ラルカディア 1F 101
オンライン:ウェビナー
現地・オンライン 開場 15:20
申し込み方法
本ページ下部の申込ボタンよりご登録ください
問い合わせ先
立命館大学 スポーツ健康科学総合研究所 事務局(十河・高須)
MAIL:spo-ins@st.ritsumei.ac.jp

 近年のスポーツ科学、運動科学の進展により、これまでは思いもよらなかった新しい理論や概念が生み出されています。これにより、アスリートや指導者は、従来実践してきたトレーニング方法に新たな工夫を加えることも可能になってきています。
 本シンポジウムでは、多くのスポーツの基本動作である走運動をトピックに、スポーツサイエンスのニューノーマルについて共有し、サイエンスの理論と現場実践の新しい未来について展望します。

Program

15:30
開会挨拶
長積 仁|立命館大学スポーツ健康科学部 学部長
15:35
「スポーツ科学の研究と現場指導からみる走運動」
長距離の事例から

高尾 憲司|株式会社ブルーミング代表、株式会社ワコール(ワコール女子陸上競技部チームディレクター)
16:05
「スポーツ科学の研究と現場指導からみる走運動」
短距離の事例から

貴嶋 孝太|大阪体育大学 体育学部 准教授
16:35
パネルディスカッション
高尾 憲司
貴嶋 孝太
安藤 良介|HPSC/JISS スポーツ科学研究部門 研究員
16:55
休憩
17:05
「骨格筋の量と質の科学」 〜トレーニングとコンディショニングの最前線〜
筋量の観点から

前大 純朗|立命館大学 スポーツ健康科学部 助教
17:25
「骨格筋の量と質の科学」 〜トレーニングとコンディショニングの最前線〜
筋質、筋機能の観点から

宮本 直和|順天堂大学 スポーツ健康科学部 先任准教授
17:45
閉会挨拶
長野 明紀|立命館大学 スポーツ健康科学部 教授
参加費
無料
告知フライヤー
ダウンロード
主催
  • スポーツ健康科学総合研究所 スポーツ庁委託事業「先端的スポーツ医・科学研究推進事業」ハイパフォーマンス・アスリート極限支援研究拠点
共催
  • 立命館大学大学院スポーツ健康科学研究科
  • 順天堂大学
  • 筑波大学
協力
  • 日本スポーツ振興センター
  • 一般社団法人大学スポーツコンソーシアムKANSAI(KCAA)
  • 一般社団法人大学スポーツ協会
  • アクティブライフ共創コンソーシアム
ご注意
  • プログラムは変更になる場合がございます。
  • 定員になり次第、参加申込を締め切らせていただきます。
  • 立命館大学キャンパス内は全面禁煙です。またキャンパス周辺での喫煙もご遠慮ください。
  • 本イベントの録画・録音はご遠慮ください。

ページトップへ