講座詳細

おとなの学び舎'19夏 令和ニッポンを生きる                                                                                                                                       
講座名
おとなの学び舎'19夏 令和ニッポンを生きる                                                    
講 師
                       
講座紹介

令和ニッポンを生きる     


講座: 全3回                              

時間: 各回14:00~15:40                                                                              


第1回: 7月10日(水) 人生100年時代のお金の話 →お申込を締切りました。       

講師:望月 爾 立命館大学法学部教授     

人生100年時代、リタイア後の生活を維持確保するための計画的なお金や財産の運用や管理が求められてい ます。今回の講座では、法律と税金のお話を中心に、民法が改正された相続も含めてそのような高齢期のお金と財産の問題を考えてみたいと思います。     

   

                                   

第2回: 8月01日(木) 『観光立国』で大阪はどう変わるか →お申込を締切りました。   

講師:石崎 祥之 立命館大学経営学部教授

近年、いわゆる「インバウンド・ブーム」が大阪に到来し、大阪は今や一大観光スポットとなりました。以前は、大阪といえば「名所に事欠き、選ぶ造幣局」と揶揄されるまでに観光名所が少なく、とても観光都市にはなりえないといわれていました。それがなぜ今のようになったのか?その背景を探るとともに今後もこの勢いを持続させるためには何が必要なのかを示してゆきたいと思います。



第3回: 9月12日(木) 日本の農産物は本当に安心・安全なのか? →お申込を締切りました。

             ―農業の現状、課題、そして解決策―   

講師:久保 幹 立命館大学生命科学部生物工学科教授

環境と農業について研究してる演者は、土の中に生息している微生物を指標とした、新しい土壌診断技術を開発しました(SOFIX)。この手法を用いて、日本や世界の土壌分析を実施しています。本講座において、農産物の安心・安全について理解を深め、また日本の農産物の現状、課題、そしてその解決策についてお話します。



いずれの回も定員は100名です。

各回とも定員になり次第、お申込を締め切ります。               


<お問合せ先>

立命館アカデミックセンター事務局       

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp

対 象
どなたでもお申込みいただけます。
開講期間・曜日
2019年7月10日(水)~2019年9月12日(木) 詳しくは総合案内をご覧ください。
講座開催場所
立命館 大阪梅田キャンパス ※詳しくは外部サイト欄をご覧ください。
定 員
各回100名
申込締切
講座紹介欄をご覧ください。
受講料
受講料(1回あたり): 1,700円、インターネット一括申込の場合:4,500円  ※インターネット申込のお支払は、クレジットカード払いのみとなります。詳細は添付の総合案内をご覧ください。
関連ファイル
総合案内
外部サイト
立命館 大阪梅田キャンパス