立命館アカデミックセンター

対面講義

【立命館博多講座】 神仏習合の起源 ―宇佐・八幡神と大仏造立―

【立命館博多講座】 神仏習合の起源 ―宇佐・八幡神と大仏造立―
講義名
【立命館博多講座】 神仏習合の起源 ―宇佐・八幡神と大仏造立―
講 師
本郷 真紹 立命館大学文学部教授          
講義紹介

神仏習合の起源 ―宇佐・八幡神と大仏造立―      

天平15年(743)、時の聖武天皇は詔を発し、盧舎那大仏の造立が始まります。この時、豊前・宇佐の八幡神が諸神を率いて大仏造立を支援するという託宣を発し、八幡神は平城京に勧請される事になります。この一件が、明治維新期の神仏分離まで続いた神仏習合という信仰形態の起源となりました。本講座では、具体的にこの過程を辿り、改めて日本古代史上に於ける神仏関係の問題について考えてみたいと思います。  


講師: 本郷 真紹 立命館大学文学部教授                                           

講座: 全2回     

時間: 各回18:30~20:00                                                                                         

会場: ACU博多(〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街7-21 紙与博多中央ビル 6F)

定員: 各回100名


第1回【前編】: 7月24日(水)お申込を締切りました。                                                        

第2回【後編】: 9月25日(水)お申込を締切りました。                                    


6/24~各回の2日前まで先着順でお申込を受け付けています。

定員に達した段階でお申込を締め切らせていただきます。

お申込後、自動返信メールが届きます。3営業日を過ぎて自動返信メールが到着しない場合は、以下のお問合せ先にご連絡下さい。

お支払はクレジットカード払いのみとなります。               


<お問合せ先>

立命館アカデミックセンター事務局       

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp

対 象
どなたでもお申込みいただけます。
開講期間/開講日
2019年7月24日(水)~2019年9月25日(水) 
講義開催場所
ACU博多 ※詳しくは外部サイト欄をご覧ください。
定 員
各回100名
申込締切
講座紹介欄をご覧ください。
受講料
受講料(1回あたり):1,700円(初回特別価格) ※クレジットカード払いのみとなります。
関連ファイル
募集案内
外部サイト
ACU博多
受付は終了しました。