講座詳細

おとなの学び舎'18秋 日本の「道」(どう)を考える─ 宗教・文化・スポーツを通して ─
講座名
おとなの学び舎'18秋 日本の「道」(どう)を考える─ 宗教・文化・スポーツを通して ─
講 師
安斎 育郎
立命館大学名誉教授 安斎科学・平和事務所(ASAP)所長 立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長
講座紹介

日本の「道」(どう)を考える―宗教・文化・スポーツを通して―      

日本の「道」と言っても東海道や北海道の話ではない。日本には、神道・仏道・修験道、政道、歌道、香道、武道(剣道・柔道・角道〈相撲道〉・合気道など)、書道、華道、茶道、芸道、画道など、「道」のつく言葉がたくさんある。荘子は「宇宙を支配する原理を『道』という」と言ったそうだが、「首」(人間)+「しんにょう」(行く)からなる「道」の字は、「人が行きつ戻りつを繰り返しながら得た最高至善のもの」を意味するとも言われる。「道徳」は、利己的・本能的欲求と普遍的・社会的価値の対立の中で、「あるべき道」を指し示す規範だが、「武術」と「武道」の違いなどを考えるにつけ、日本のいろいろな「道」を「道徳」の視点から見ることは面白いだろう。勝ちゃあいいってもんじゃない!?

※本講座は「おとなの学び舎2018春:日本の「道」(どう)を考える―宗教・文化・スポーツを通して―」の続編です。今回初めての方もお申込みできます。  


講師: 安斎 育郎 立命館大学名誉教授 安斎科学・平和事務所(ASAP)所長                         

          立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長         

講座: 全6回(春期/秋期各3回)  

時間: 各回14:00~15:40                  

 

【秋期】

第4回: 11月13日(火) 伝統芸術としての書道―コンピュータ時代の書の意味 →申込締切11月11日(日)                    

第5回: 01月08日(火) 巨大習いごと体系をもつ華道―「きまりごと」と「きままごと」のあいだ →申込締切1月6日(日) 

第6回: 03月12日(火) 茶点てとふるまいの様式と芸道としての茶道―堅苦しさとリラクゼーション →申込締切3月10日(日)              


各回とも定員になり次第、お申込を締め切ります。                                                     
いずれの回も定員は100名です。      


<お問い合わせ先>

立命館アカデミックセンター事務局

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp


対 象
どなたでもお申込みいただけます。
開講期間・曜日
2018年11月13日(火)~2019年03月12日(火) 詳しくは総合案内をご覧ください。
講座開催場所
立命館 大阪梅田キャンパス ※詳しくは外部サイト欄をご覧ください。
定 員
各回100名
申込締切
講座紹介欄をご覧ください。
受講料
受講料(1回あたり): 1,800円、インターネット一括申込の場合:4,500円  ※インターネット申込のお支払は、クレジットカード払いのみとなります。詳細は添付の総合案内をご覧ください。
関連ファイル
総合案内
外部サイト
立命館 大阪梅田キャンパス