講座詳細

おとなの学び舎'18秋 2018年度大阪・京都文化講座(秋期)アジアから関西へ/関西からアジアへ
講座名
おとなの学び舎'18秋 2018年度大阪・京都文化講座(秋期)アジアから関西へ/関西からアジアへ
講 師
大阪大学・立命館大学教員
講座紹介
2018年度大阪・京都文化講座(秋期)アジアから関西へ/関西からアジアへ  

日本の歴史を振り返るとき、アジアと日本の政治・軍事・宗教・文化等の動向が切っても切り離せない
影響関係にあることが思い起こされます。例えば稲作の流入、古代国家形成と中国・朝鮮半島の関係、
仏教の受容、遣隋使・遣唐使、宋・明貿易、元寇、朝鮮使節、日清・日露戦争、韓国併合、強制移民等々、
トピックには枚挙にいとまがありません。本講座では、特に関西と関わりの深い8つのテーマを取り上げて
掘り下げていきます。そこには、今まで充分知られてこなかったアジアと関西の深い関係が浮かび上がる
とともに、関西が常に日本とアジアとをつなぐハブの役割をしていたことが改めて明らかになるでしょう。


共催: 大阪大学大学院文学研究科・大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂・立命館大学文学部

講座: 全16回(春期/秋期各8回)

時間: 各回14:00~15:40    


【秋期】

第1回: 10月15日(月) 木簡から探る日朝文化交流 →お申込を締切りました。                     

講 師: 市 大樹 大阪大学大学院 文学研究科准教授

第2回: 10月22日(月) 戦前京都の朝鮮人留学生 →申込締切10月20日(土)                            

講 師: 水野 直樹 立命館大学 文学部客員教授      

第3回: 10月29日(月) アジアのなかの近代関西大衆音楽 ジャジャンボ、ドドンパ、雨の御堂筋 →申込締切10月27日(土) 

講 師: 輪島 裕介 大阪大学大学院 文学研究科准教授

第4回: 11月05日(月) 海を渡った立命館野球―台湾・上海、そしてアメリカへ― →申込締切11月3日(土)            

講 師: 河原 典史 立命館大学 文学部教授

第5回: 11月12日(月) アジアから見た信長と天下統一 →申込締切11月10日(土)              

講 師: 桃木 至朗 大阪大学大学院 文学研究科教授

第6回: 11月19日(月) 江戸時代、京の僧侶と中国白話小説 →申込締切11月17日(土) 

講 師: 上野 隆三 立命館大学 文学部教授

第7回: 11月26日(月) 劇団維新派のアジア―『台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき』を中心に― →申込締切11月24日(土) 

講 師: 永田 靖 大阪大学大学院 文学研究科教授

第8回: 12月03日(月) 大阪・京都の華僑華人―内なる多文化への視座― →申込締切12月1日(土)

講 師: 駒見 一善 立命館大学 国際教育推進機構准教授                       


各回とも定員になり次第、お申込を締め切ります。
いずれの回も定員は100名です。


<お問い合わせ先>

立命館アカデミックセンター事務局

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp

対 象
どなたでもお申込みいただけます。
開講期間・曜日
2018年10月15日(月)~12月03日(月) 詳しくは総合案内をご覧ください。
講座開催場所
立命館 大阪梅田キャンパス ※詳しくは外部サイト欄をご覧ください。
定 員
各回100名
申込締切
講座紹介欄をご覧ください。
受講料
受講料(1回あたり): 1,700円、インターネット一括申込の場合:12,000円  ※インターネット申込のお支払は、クレジットカード払いのみとなります。詳細は添付の総合案内をご覧ください。
関連ファイル
総合案内
外部サイト
立命館 大阪梅田キャンパス