立命館アカデミックセンター

対面講義

おとなの学び舎'18冬 食べ物の地理学から考える

おとなの学び舎'18冬 食べ物の地理学から考える
講義名
おとなの学び舎'18冬 食べ物の地理学から考える
講 師
荒木 一視 立命館大学食マネジメント学部教授                                             
講義紹介

食べ物の地理学から考える     

食べ物の地理学とは聞いたことがない言葉かもしれませんが,簡単にいうと食べ物を地図の上に載せて考えるということです。実際に載せることはしませんが,はたして私たちが毎日食べているものはどこで作られてどのようにして運ばれてきているのでしょうか。その仕組みは誰がどのようにして作ったのでしょうか。毎日口にするけれど,意外と知らない食べもののお話です。


講師: 荒木 一視 立命館大学食マネジメント学部教授                      

講座: 全3回   

時間: 各回14:00~15:40                                                                           


第1回: 1月21日(月) 米食について考える →お申込を締切りました。                                    

第2回: 2月18日(月) うどんについて考える →お申込を締切りました。 

第3回: 3月18日(月) お茶について考える お申込を締切りました。                                            


各回とも定員になり次第、お申込を締め切ります。

いずれの回も定員は100名です。                              


<お問い合わせ先>

立命館アカデミックセンター事務局       

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp

対 象
どなたでもお申込みいただけます。
開講期間/開講日
2019年1月21日(月)~2019年3月18日(月) 詳しくは総合案内をご覧ください。
講義開催場所
立命館 大阪梅田キャンパス ※詳しくは外部サイト欄をご覧ください。
定 員
各回100名
申込締切
講座紹介欄をご覧ください。
受講料
受講料(1回あたり): 1,700円、インターネット一括申込の場合:4,500円  ※インターネット申込のお支払は、クレジットカード払いのみとなります。詳細は添付の総合案内をご覧ください。
関連ファイル
総合案内
受付は終了しました。