国際プロジェクトとは

はじめに

立命館大学大学院社会学研究科では、2008年度より文部科学省の大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)に採択され、「海外大学共同による比較調査研究型教育~アジアと欧米をつなぐ国際的な社会調査研究のスペシャリスト育成~」を実践してきました。その取り組みを継続して、2011年度からは「社会学研究科Global Project(社会学研究科 GP)」、2018年度からは「国際プロジェクト」を実施しています。

プログラムの目的

本プログラムでは、欧米一辺倒でない社会像やアジアの実態と行く末を考えられる複眼的視野を養い、実践的な調査スキルを備えて国際的に活躍できる人材・研究者を育成します。

グローバル化が著しく進む今日の世界では、国境を越えたグローバルスタンダードとしての共通性が求められる一方でその地域の文化や現状を理解し、地域的な特性をふまえた社会構築が必要とされています。本プログラムは、この課題に応えるため、欧米社会を反映した現代社会科学の理論フレームを理解しつつ、欧米一辺倒でない社会像やアジアの実態と行く末を考えられる複眼的視野を養い、実践的な調査スキルを備えて国際的に活躍できる人材・研究者を育成することを目的とします。

プログラムの概要

国際プロジェクトは主に5つの履修指定科目(下図参照)により構成されており、これらの科目を最長2年間にわたって履修することにより、「社会調査メソッドの修得」と「国際的な情報発信能力の養成」を目指します。

※本プログラムの受講が許可された場合は履修指定科目の受講が必要となります。

履修指定科目 履修期間 内容
国際プロジェクトⅠ
単位数:2単位
初年度(一年目)
春セメスター
今日のグローバル化の動態やそれを捉えるための基礎理論、およびそのもとでの日韓社会の変化を、家族、ジェンダー、文化の諸点から浮き彫りにする講義を英語で実施。15回の講義は、立命館大学、英国・ランカスター大学、ロンドン大学SOAS、ライプチヒ大学、韓国・中央大学の教員が主に担当する。また、TV会議システムにより韓国・中央大学の院生も同時受講する。
国際プロジェクトⅡ
単位数:2単位
初年度(一年目)
春セメスター
英語で行われる国際プロジェクトⅠの内容について理解を深めるために、講義の前に通読することが推奨される文献を中心に、理論的研究および日本・韓国等アジア社会の変容および現状、その他のテーマに関連する研究論文や資料を講読する。
国際プロジェクトⅢ
単位数:2単位
初年度(一年目)
秋セメスター
次年度の調査実施を想定し、量的調査とともに質的調査等、習得すべき調査手法の範囲を広げながら、次年度調査内容を見通してこれに関連する文献や先行事例の検討を行う。これにより、受講者自らが調査研究に関するプロポーザル(研究計画)が描けるようになることを目的とした授業展開を行う。次年度に調査を共同で行う海外大学(韓国・中央大学等)とは、対面交流あるいはTV会議システムを通じた事前の研究交流を行い、共同調査に向けた意識の共有化と連携を早期に進める。なお、調査領域・テーマについては、家族、ジェンダー、労働等に関する比較調査やメディア領域の共同調査を想定しているが、受講生の研究領域の実態に応じて、海外の大学と共同研究の連携が可能な他の領域も追求する。
国際プロジェクトⅣ
単位数:2単位
次年度(二年目)
春セメスター
海外大学と連携して、院生主体の複数の国際比較調査・研究を行う。この調査は当年度中にまとめ、英語による情報発信(IPACでのプレゼンテーション等)を行う。
国際プロジェクトⅤ
単位数:2単位
次年度(二年目)
秋セメスター

※各科目内容の詳細についてはシラバスを参照してください。


履修指定科目は、初年度春セメスターから2年間継続して履修することを基本とします(以下①)が、修士および博士論文の執筆計画や研究計画等に合わせて、初年度秋セメスターから履修指定科目の履修を始めることもできます(以下②)。

初年度(1年目) 次年度(2年目)
期間/科目 春セメスター 秋セメスター 春セメスター 秋セメスター
国際プロジェクト
国際プロジェクト
国際プロジェクト
国際プロジェクト
国際プロジェクト

※国際プロジェクトⅠ・Ⅱについては、本プログラムの受講生でなくても履修することができます。

IPAC(International Postgraduate and Academic Conference)

IPACは毎年1回、韓国の中央大学校と立命館大学で持ち回りで行われている国際カンファレンスです。両大学の院生に加えて欧米からの大学院生や日本・韓国・台湾などの研究者が参加するセッションでは英語での発表と、活発な質疑応答・討論が行われています。参加者同士で交流を深め、研究者としての国際的なネットワーク構築にも繋がっています。 国際プロジェクトⅤにおいて国際的な視点に基づく調査を実施し、英語で論文執筆を行い、IPACで研究報告を行います。

メンター制度プログラム

関西在住の他大学院生の協力により、国際プロジェクト受講者の英語による情報発信、国際調査の指導・援助を行う制度です。国際比較調査に参加を予定している受講者には、1人ひとりについて1名のメンターが割り当てられ、対面をはじめ電子メールやSkype(Webカメラによる通信システム)を通じたリアルタイムのコミュニケーションを日常的に行うことで、実践的な英語運用力を磨きます。制度の詳細については産業社会学部事務室にお問い合わせください。