研究科長挨拶

社会学研究科長
竹内 謙彰

立命館大学大学院 社会学研究科長 竹内謙彰

 社会学研究科は、産業社会学部(1965年度創設)の基盤の上に、国内外の諸課題に応え、社会にその成果を還元しうる優秀な研究者と各専門領域における専門職業人の輩出を目的として1972年に設置され、発展を遂げてきました。今日の本研究科には、以下のような特徴があります。

 一つは、複眼的で多角的な視座の獲得を重視している点です。現代社会は、環境問題にせよ格差・貧困問題にせよ、様々な要因が絡み合った形で私たちに問題を投げかけてきます。日本を含む世界で生じてきているこうした諸問題の解決のためには、諸科学の連携や総合が求められています。そのためにこそ複眼的・多角的な視座が求められるのですが、本研究科を担当する教員の専門分野の多様性は、そうした求めに応えうるものだといえるでしょう。

もう一つは、上記とも関連しますが、社会学を中心としつつも、社会諸科学の協同によって、先端的で多面的・学際的な理論的・実証的研究を行うことを重視している点です。本研究科の一つの重要な特徴は、その学際性にあります。その特徴をいかして、環境、都市、産業、家族、労働、地域、消費者、文化、人間、教育、社会理論、社会病理、余暇、スポーツ、芸術、マスコミ、メディア、社会政策、福祉、教育、発達などの多彩な分野の研究を進めていくことができます。

 さらに、アカデミック・スキルを高めていく観点から、国際性豊かな研究を重視しています。本研究科では、文部科学省の大学院教育改革支援プログラム(大学院GP)の採択を契機に、「海外大学共同による比較社会調査研究型教育~アジアと欧米をつなぐ国際的な社会調査研究のスペシャリスト育成~」をめざしたプログラムを開設、その継続として「社会学研究科Global Project」を実施してきています。この教育プログラムでは海外の大学と密接に連携して、大学間をつなぐ遠隔授業や研究交流、英国の大学と連携したメンター制度など、ユニークな国際的大学院連携教育を展開しています。また、毎年、アジア、ヨーロッパの大学院生と英語による国際会議を開催し、研究成果を世界に発信していくための取り組みも行われています。

 本研究科修了生は大学等での研究職をはじめ官民の専門職や大手企業等で活躍していますが、本研究科における主体的、能動的な研究活動が、そのための資質と能力を形成していることは間違いありません。多くの方々が本研究科に入学され、日本ならびに世界の発展に寄与する道に進まれることを大いに期待しています。