文字サイズ


グローバル化に対応した人材教育
海外環境スタディ

プログラムの特徴

  • 01.海外の大学や研究機関などを訪問し、フィールドワークを中心に体験的に環境・社会問題への取り組みを学ぶ「海外スタディ」というプログラムを実施しています。
  • 02.参加した学生は、海外を経験することで“新たな知見”を得るとともに、“新たな自分”を見つけ,高い目標とモチベーションを得ています。本プログラムをきっかけに海外留学へ飛び立つ学生もいます。
  • 03.アジアコース、ヨーロッパコース、北米コースの3コースを用意しており、年度によって1~2コースを開講しています。

プログラムの魅力

  • アジアコース日本には無い多民族文化、教育、食物、産業あるいは自然生態系(マングローブ)などを実体験します。
    現地大学を訪問し、学生間の学習交流と河川環境調査を合同で実施します。
  • ヨーロッパコースUNESCOやOECD等を訪問し、環境や資源、サステイナブル建築、交通、世界遺産等に関する国際的な取り組みを学びます。
  • 北米コース小規模水力発電所の見学やブリティッシュコロンビア大学(UBC)の環境対策の視察、その他にもグループ別研究課題にも取り組みます。

プログラムの内容・費用

プログラム名
海外環境スタディ
留学先
アジア圏の大学 , 北米の大学
留学期間
10日間(8月・9月)
参加費用
アジア圏の大学 : 約20万円
北米の大学 : 約30万円
奨学金
アジア圏の大学 : JASSO奨学金 4万円、または本学奨学金 2万円
北米、欧州の大学等 : JASSO奨学金 8万円、または本学奨学金 4万円
募集人数
アジア圏の大学 : 10名程度
北米の大学 : 15名程度

留学プログラム参加者のVOICE

未来の自分への投資と思って、
挑戦することをお勧めします。

留学は、講義と違って自ら参加の意思を示さなければ行くことはできません。
しかし、その勇気ある一歩が今後の学生、社会人生活に大きく影響を与えると思います。
また、異国の空気を吸うと自分の視野が狭かったことがよく分かります。そのような貴重な体験を学生時代にこそ経験しておくべきだと思います。不安に思うこともたくさんあるかと思いますが、全て未来の自分への投資と思って、挑戦されることをお勧めします。

もっと詳しく

理工学部 数理科学科 2014年度卒業

もっと詳しく

怖がらずに挑戦してみて下さい。
価値観が広がり、面白いです!

英語が苦手でも、先生や先輩が助けてくれるので、自分一人で行動するプログラムがない留学なら積極的に参加したほうがいいと思います。文法がむちゃくちゃでも、単語やジェスチャーで何とか意志を伝えることができますし、留学先の人も聞き取ろうとフォローを入れてくれるので、怖がらずに挑戦してみてください。
友達もできますし、価値観が広がってとても面白いです!

もっと詳しく

理工学部 数理科学科 2014年度卒業

もっと詳しく

新しい自分になるために、
是非チャレンジしてみて下さい。

英語が喋れない、海外に行くのは不安だ、だから留学に行かないなんて人には、是非行ってほしいなと思います。
大学生の今踏み出さなければ、留学にいくチャンスはなかなかありません。英語も海外への不安も、行ってしまえば何とでもなります。
変化を恐れず、新しい自分になるために、是非チャレンジしてみてください。

もっと詳しく

理工学部 数理科学科 2014年度卒業

もっと詳しく