文字サイズ

理工学部の学科 FEATURE

EDUCATION 学生を伸ばす教育

理工学部が最も重視すること、それは「学生を伸ばす」ことです。どういうふうに伸びるか、は皆さん次第ですが、
どんな方向にも伸びることができるように、全ての基盤となる確実な「理工系基礎力」が身につく教育を行なっています。
ここでは、各種の取り組みの一例をご紹介します。

#01数学学修相談会 物理駆け込み寺

理工学部には学科が8つありますが、どの学科に所属しても数学と物理の基礎学力は必ず必要です。そのため、「数学学習相談会」「物理駆け込み寺」を運営し、数学と物理の基礎学力の育成に努めています。「数学学習相談会」「物理駆け込み寺」は専門の教員が中心となって運営しており、つまずきやすい点や理解が難しい点を分かりやすく丁寧に説明します。また、教員に加えて、大学院生や学部生も講師となって皆さんの質問に答えます。

#02多彩な留学プログラム

理工学部では多様な海外留学プログラムを用意しており、海外が初めての方でも安心して留学することができます。理工学部の専門分野にひきつけた内容を留学先にて学べるプログラムが多数あり、大学院進学後は数週間から数ヶ月にわたり研究留学にいくことを目標にしています。留学に関わる奨学金も、大学独自の奨学金や日本学生支援機構の奨学金を取り揃えています。

もっと詳しく

#031回生から専門を学べる特別ゼミ

1~3回生で数日間研究室に所属し、教員指導の下、簡単な実験や先輩学生との交流を通して研究の一端に触れるものです。これらの体験は、4回生での研究室配属に向けて自身が深めたい専門分野を考えるきっかけになります。また低回生で学ぶ専門科目の内容が、今後の学習や実際に社会で使われている技術等にどのようにつながっていくのかイメージを膨らませることができ、学習の意欲を高めることができます。

#04最先端の研究

理工学部では皆さんが最高の環境で学ぶことができるように、 大学で初めて学ぶ方向けの設備から最先端の設備まで、多種多様な実験機械を取り揃えています。研究するための裏付けとなる文部科学省の「科学研究費助成事業」の採択金額は11億6千万円(2016年度)で、慶応義塾大学、早稲田大学に次ぐ私大3位(西日本私大1位)で、採択件数でも私大4位(西日本私大1位)を誇り、2005年からの10年間で金額・件数ともに約2.3倍に伸び、研究力向上を実現しています。

もっと詳しく

#05専門的な英語教育

最先端の科学技術や高度な専門的知識を学ぶために、そして、科学技術のグローバル化が進む中でリーダーシップを発揮するためにも、理工系の学生にとって、英語の総合的・実践的運用能力を身につけることは非常に大切です。効率的に確実に英語力を伸ばせるよう、4レベル別にクラスを編成し、独自に開発した科学技術英語を主体とした教材を使用しています。教室を単に学習の場とするのではなく、実践の場として位置づけ、実際に英語を使いながら英語を学びます。

学科ごとの特色

幅広い応用力を身につけて、技術開発の第一線で活躍する

数字で見る理工学部

もっと詳しく