立命館大学 経営学部

メニュー

NEWS

  • 2023119()、経営学部独自の海外留学プログラムであるBSABusiness Studies Abroad)参加学生の壮行会が開催されました。

    春学期からBSAⅣプログラムで派遣予定の学生1名と専門演習担当教員、国際担当副学部長、国際担当職員等合わせて7名が参加しました。

    壮行会では、宮田副学部長(国際化推進担当)からのご挨拶に続き、参加者が留学に臨む心意気を述べました。続いて、参加者の専門演習担当教員から、激励のコメントと文具やお守り等の贈呈がありました。

    参加学生は、教員からの激励を受け決意を新たにする様子が見られました。

     

    BSAに関する詳細はコチラ】http://ritsumei-ba-gblp.jp/

  • 2023119()2022年度秋学期で修了するSKP(Study in Kansai Program)参加学生を対象とした修了式とフェアウェルパーティー(お別れ会)が開催されました。

     

    修了式では、増田国際部副部長から送別の言葉が述べられた後、留学生それぞれに修了証が授与され、留学生達一人ひとりより留学生活における学びや経験についてスピーチをいただきました。
    スピーチでは、多くの留学生がSKPに参加して素晴らしい経験を得られたこと、立命館大学で出会った人々との出会いに感謝していることを述べていました。

    フェアウェルパーティーは、短期留学生達が立命館大学で学習・生活するにあたって、様々な支援を行ってきた学生達(SKPバディ生)によって企画・実施されました。
    ビンゴゲームを楽しみ、またお土産のハンコに喜ぶ姿が印象的で、留学生やバディの学生たちが交流を深め合う様子が見られました。


  •  2022年12月22日(木)に大阪いばらきキャンパスにおいて、SMBCコンサルティング株式会社との協定講座「コース特殊講義(会計とファイナンス)β(BB)」公開授業を実施しました。本協定講座は、SMBCグループの業務戦略に学びながら、リテール(個人や中小企業を対象とする小口の業務)から先端的な金融実務まで、総合的な金融知識の習得を目指すものです。
     
     公開授業では、三井住友フィナンシャルグループ取締役 執行役社長(代表執行役) グループCEOの太田純氏が登壇し、「SMBCグループの戦略とみなさんへのメッセージ」をテーマに講演されました。

     授業内では、デジタル技術を活用した社会課題解決の取り組みや非金融ビジネスへの挑戦、グローバルビジネスなど、日本国内での金融事業に留まらない幅広いSMBCグループの戦略が紹介されました。
     また、受講生に対して、常識や固定観念にとらわれず新しいことに挑戦することが大事であるという「カラを、破ろう。」というスローガンを紹介するとともに、“The best way to predict the future is to create it.”というピーター・ドラッカーの言葉を引用し、自ら未来を創るという意識を持って今後の人生に挑んで欲しいとメッセージをいただきました。

     SMBCコンサルティング株式会社との協定講座は2023年度以降も開講を予定しています。
  • 2022年12月16日(金)のお昼休みに、2022秋SKP生とバディでクリスマス会を開催しました!

    今回はみんなでつくるクリスマス会として、準備や後片付けも留学生と一緒に行いました。
    留学生をただ招待するだけではなく、共に取り組むことで仲をより深めることができたと思います。
    お昼休みの間での開催という短い時間でしたが、留学生からも楽しかったという声を頂くことができました。

    今回、企画してからあまり期間がない中での開催でしたが、このように集まって共にする時間が
    大切なのだということに気づき、SKPプログラムが始まるオリエンテーション期間に実施した
    ウェルカムパーティー後も、小さくてももう少しイベントを開くべきだったというところが今年の反省点です。

    フェアウェルパーティーまでにまた集まる機会を作れたらと思います!

    OIC SKPバディ
  • 立命館大学経営学部「産学協同アントレプレナーシップ教育プログラム」では、「自立的で創造的な人材(アントレプレナー)」の育成を目的に、さまざまな学びの機会を提供しています。

    林永周准教授コーディネートのもと1128日(月)に開催された「2022年度成果報告会&特別講演会」では、学生3名に普段の活動成果を報告してもらっただけでなく、ベンチャーカフェ東京 プログラム・ディレクター:小村 隆祐氏をゲストとしてお招きし、「日本一の起業家コミュニティ作り」についてご講演いただきました。

    会場では活発な質疑応答や意見交換が行われ、「何かチャレンジしたい」学生にとって非常に有意義なイベントとなりました。

    Entre1128_07

    報告者:北 万里子さん【環境×農業】

    名古屋市出身。環境保全型農業の推進と茨木市の活性のために、地域イベントを行う。


    Entre1128_18

    報告者:山本 みらのさん【釧路×茨木】

    北海道釧路町出身。地元と茨木市を繋ぐ丼イベントの主催者。地方創生の分野で活動の幅を広げる。


    Entre1128_21

    報告者:濱崎 湧喜さん【ネパール×教育支援】

    名古屋市出身。Maukāで教育支援を目的にネパール産コーヒー・紅茶の販売を行う。


    Entre1128_35

    基調講演:小村 隆祐氏

    同志社大学経済学部卒業、Babson College F. W. Olin Graduate School of BusinessMBA)。大学卒業後はメーカー系IT企業にて、主にマスコミ業界におけるアカウント営業業務や映像伝送に関わるクラウドサービスの立ち上げプロジェクト等に従事。MBA留学を経た後、グロービスにて人材育成・組織開発コンサルティング部門に参画。大企業の次世代経営者育成やスタートアップの組織開発等を手掛けつつ、起業分野のコンテンツ・教材開発も行う。その後、現職。ボストンに拠点を置くNPOBinnovative」立ち上げメンバー


  • 経営学部教授 劉慶紅先生が読売新聞より取材を受け、20221123()の読売新聞 朝刊6面に取材記事が掲載されました。

    今回、劉教授が取材を受けたのは、同紙の関西経済面“「稲盛流経営」3氏に聞くという、稲盛和夫氏の足跡をしのぶ追悼記事です。

    この中で植木義晴日本航空(JAL)会長、山下泰裕 日本オリンピック委員会(JOC)会長と劉教授の3氏へのインタビュー内容が掲載され、劉教授は稲盛氏の残した経営思想や哲学の意義について述べています。


    劉教授は、読売新聞の記事にインタビューが掲載されたことはとても光栄であり、

    これからの稲盛経営哲学への理解が広がるための良いきっかけとなることを願っていますとコメントされています。


    (2022年11月23日 読売新聞 13版 関西経済 6 より)

  • 林 永周 准教授のアントレプレナーシップに関するインタビュー記事が、エモーショナルリンク合同会社のHPに掲載されました。ぜひご覧ください。

    https://emotional-link.co.jp/lim-prof/

  • 2022/11/08 教育・研究

    2023年度 学部再入学試験要項

    「2023年度立命館大学 学部再入学試験要項」ならびに「再入学志願票」「再入学志願理由」書類を添付PDFにて掲載いたします。立命館大学における「再入学」は、除籍または退学した当時の学部に出願し、選考を経て合格となり、所定の期限までに手続きを完了した場合、再入学できる制度です。

    再入学試験要項 /file.jsp?id=553107  /file.jsp?id=553107

    再入学志願票 /file.jsp?id=553108 

  •  First German-Japanese Summer School at the University of Applied Sciences Nürtingen-Geislingen (HfWU); Comparison of renewable energy markets -

    The various teams presented their research results at the end of the Summer School. (Photo: HfWUrilling)

    Part of the Summer School was also an excursion to the Hohenneuffen. (Photo: HfWUrilling)

    NÜRTINGEN. (hfwu). The topic could hardly be more topical: the transformation of the energy market and the growing importance of renewables. Both were the focus of the first german-Japanese Summer School at the University of Applied Sciences Nürtingen-Geislingen (HfWU). For the German and Japanese students, there was a lot more to learn and experience than just economic contexts.

    Four students from the HfWU in Nürtingen, four from the University of Hohenheim, eight from the Ritsumeikan University in Kyoto. Different knowledge of energy markets, other energy markets and structures in the respective country and last but not least the different cultures. It was also an experiment to see if the students would come together to form a productive group at the first german-Japanese Summer School with these different starting positions. "We were surprised how quickly a relaxed atmosphere and a productive cooperation emerged," says HfWU Professor Dr. Carsten Herbes, looking back on the two-week project. "The chemistry was right," says Prof. Dr. Jörg Raupach-Sumiya from Ritsumeikan University.

    The two energy market experts developed the concept for the "Sustainable Energy Futures" summer school together with HfWU employee Benedikt Rilling. The study program included the analysis of the various energy markets, actors and perspectives on renewable energies, the application of scientific methods and also the view of intercultural differences between the two countries.

    What was new for the Japanese students was that municipal utilities and cooperatives also play an important role in the German energy market. Another central difference between the two countries is the market maturity, according to Carsten Herbes, i.e. how long the topic of renewable energies and associated products has been a general consumer issue at all. With their analysis of the websites of market players, the students were able to show how this is reflected in the presentations and in the information offered by the market players. In Germany, people have been familiar with the topic for longer and are comparatively well informed. Marketing and corresponding illustrations therefore tend to focus more on emotionality. In Japan, the focus is on more basic information and knowledge transfer. On the websites of Japanese companies, more facts and figures can be found. But cultural differences also play a role. Unlike in Germany, in Japan comics are a form of representation with which adults naturally identify. Accordingly, it is often found as a means of communication at Japanese energy companies, almost not at all at the German ones.

    In addition to this research project, there was a lot more on the program, including a "Culture Rally", a workshop on intercultural management, a visit to the state parliament in Stuttgart, excursions to the Hohenneuffen, Strasbourg and Munich as well as one to Tübingen, with the presentation of the measures of the university city for the expansion of renewable energies.

    "Above all, I found the different perspectives on the topic offered by the various teachers exciting," says participant Janie Towa Sakihama. The student, who also studies intercultural studies at home, was almost even more enthusiastic about being in personal exchange with students from another culture for the first time since the outbreak of the corona pandemic. The follow-up event of the Summer School funded by the Baden-Württemberg Foundation is planned for the coming spring. Then at Ritsumeikan University in Japan.

    (Published on Productive Intercultural Energies – german-Japanese Summer School (hfwu.de))



  • GBL students interviewing a manager about his experiences in managing a diverse team at a Japan-based subsidiary of multinational company

     

    Ten students joining the GBL course were divided into three groups focusing on the macro, meso and micro aspects of intercultural management. Each group formulated research and interview questions. Thus, they were prepared to identify the circumstances, the steps of adaptation and way of thinking of a manager in the intercultural workplace. According to the students the answers of the manager to their questions given in a Zoom interview on 24th June 2022 were very conclusive. Thus, students were able to understand that it is important to adapt to Japanese culture. They learnt from the manager how to create a climate of trust and well-being within a Japan-based multicultural team. They understood that it is an important managerial challenge taking into account the cultural differences of each team member and to adapt their way of thinking to manage the diversity team efficiently. During the interview, students noticed that there are similarities between the Japanese and German cultures, such as attention to detail, the establishment of rules that promote workplace harmony, and the importance of meeting deadlines. Further, they observed differences in perception of friendship, organizational and hierarchical structures. Nevertheless, they found that it is essential to respect each other's culture in a multicultural context. They learnt that a visionary thinking can promote problem-solving and conflict resolution in the intercultural workplace. They observed that the manager has the role of creating a suitable working environment and is in charge of spurring the performance of the multicultural team. They found that it is up to the knowledge and skills of the manager to understand how to organize the work of team members efficiently. They perceived the manager as the driving force of synergy creation. During the project research Indonesian, French and Japanese students participating learned how to successfully coordinate their multicultural team by being patience and listening to each other. Finally, they presented their interview and research results during an E-poster session receiving feedback from an informed audience that consisted of RU graduate students and a professional manager joining by Zoom from Germany.


@@@first:profile_list:text=<@@@ @@@paged:profile_list:text=@@@ @@@last:profile_list:text=>@@@