カリキュラム ‐CURRICULUM‐

カリキュラム

‐CURRICULUM‐

カリキュラム・ポリシー

現代の教員に求められる資質を育成するため、次のカリキュラム・ポリシーにより、教育課程を編成し、立命館ならではの特長的な教育を展開します。

  1. 1.共通科目(基本科目)については、「共通基本科目」として区分し、原則として、学部新卒院生、現職教員院生が共通に学 ぶこととする。しかし、両者の獲得している資質能力が異なる領域については、一部、別科目、別クラスを配置するなど、 両者のニーズに対応する工夫を行う。また、学校現場や関連施設でのフィールドワークを組み入れて、理論と実践の往還を 可能とする科目を配置する。
  2. 2.教員としての総合的な力量を形成するため、特に若手・中堅教員に求められる、授業力、生徒指導力、学級経営力、学校マ ネジメント力などを育成する「共通基本科目」を配置し、コース科目でさらに深い学びが展開できるような科目を配置する。
  3. 3.立命館の特色を活かした「臨床教育」「教育方法・学習科学」「国際教育」の3コース(履修モデルとしてのコース)を設 定し、それぞれの領域での高度な力量を獲得させる科目を配置する。
  4. 4.現場との深い関わりの中で実践的に学ぶ、充実した「学校における実習科目」を配置する。「学校における実習科目」は、 「専門実習科目」として配置し、当該科目を教学の主要な柱として、学校現場での授業実践や授業担当以外の担任業務、生 徒指導、特別活動等の実践と、その振り返りを組み合わせて展開する。

つながる学び。
深まる理解。

  • 1年次前期 学びの 基礎をつくる
  • 1年次後期 学びを ひろげる
  • 2年次前期 学びを ふかめる
  • 2年次後期 学びを まとめる

1年次前期

学びの基礎をつくる

共通基本科目の履修を通して、理論的教育、実務的教育の往還によって学修を進め、教職大学院の学修に必要な基本的知識や学びの方法を獲得する。

1年次後期

学びをひろげる

「教職専門研修」における実践とコース科目の履修、「教育実践高度化演習」での振り返りを通して、より学校現場での実態を意識した自己の研究テーマを明らかにする。

2年次前期

学びをふかめる

「教職専門研修」を振り返る時間を通して自らの実践や研究テーマについてより深く検討し、深める。

2年次後期

学びをまとめる

実習の振り返りと理論化を行うことで、2年間の「理論と実践の往還」による学びの成果として「教育実践探究論文」としてまとめる。

4つの科目群

  1. 共通基本科目

    01

    共通基本科目

     学校現場の教育課題を包括的・体系的に理解し、教員としての高度な力量形成にとっての基盤をなす科目群です。教育課程、教科指導、生徒指導、学級・学校マネジメント、現代の学校と教師などについて幅広く学びます。本研究科では共通基本科目に独自領域として「国際教育領域」を設けており、グローバル化が進む教育現場に対応できる力を獲得することができます。

    カリキュラムデザインの理論と方法 / 授業デザインの理論と方法 / 学校マネジメントの理論と実践 等
  2. 専門実習科目

    02

    専門実習科目

     長期間の実習で、教科指導、生徒指導、学級経営等の実務に関わることによって、実践的な指導力の獲得を目指します。学校現場での体験にとどまらず、共通基本科目やコース科目で学修した理論知を実践化する方法や実習で得た実践知を理論化する方法も学びます。実習は、京都府、京都市、滋賀県、大阪府内の公立小学校、中学校、高等学校に、本学附属校を加えた全26校の連携協力校で実施します。

    教職専門研修1 / 教職専門研修2 / 教職専門研修3 / 教職専門研修4
  3. コース必修科目

    03

    コース必修科目

     複雑化する学校教育への課題に対応するため、各院生の問題意識を深め、得意分野を持った教員としての専門性を高める科目群です。院生の問題関心やニーズに応じた特色ある3つのコースで構成されています。実習の振り返りを含めた個々人の問題意識を深めていく指導体系のほか、コース毎の必修科目の履修を通じて、教員としての高度な力量形成を目指します。

    COURSE 01臨床教育

     多様化する児童生徒の諸問題(いじめ、不登校、発達障害、児童虐待、少年事件等)の本質をとらえ、関係機関と連携した課題解決の方法や、思春期・青年期の児童生徒の理解と支援の在り方などに関して、実践的・理論的に探究します。児童生徒の発達への知見を踏まえた生徒指導・教育相談、教師と児童生徒間関係、保護者支援などに関して、深い理解と高い指導力を持った人材を育成します。

    臨床教育
    • ・学校におけるメンタルヘルスの理論と実際
    • ・学校教育相談・学校カウンセリングの理論と方法
    • ・問題行動とその対応
    • ・ピア・サポートによる生徒支援の実際と課題

    COURSE 02教育方法・学習科学

     アクティブ・ラーニング、課題解決型授業、反転授業など、新しい学びのあり方や、その学びを適切に評価する方法(教育評価論)などにも目を配りながら、教育方法・学習科学領域の諸課題について、幅広く検討していきます。「学習」「学び」について、教育学や心理学の最新の成果もふまえて、科学的に解明し、その理論的枠組みに基づいた、新しいタイプの教育実践を行う力量の形成を目指します。

    教育方法・学習科学
    • ・学習意欲の理論と実際
    • ・授業におけるICT活用
    • ・新しい教育内容の実践と課題
    • ・授業実践の高度化と授業研究

    COURSE 03国際教育

     グローバル時代の教育のあり方を多角的に分析し、国際バカロレア(IB)教育、グローバル教育、外国人児童生徒の教育、ESD(Education for Sustainable Development: 持続可能な開発のための教育)、グローバル・シティズンシップ教育といったグローバル時代に必要とされている教育について、実践的・理論的に探究します。ユネスコスクールやIB認定校での実践事例を検討しながら、国際教育の実践においてリーダーシップを発揮できる力量の形成を目指します。

    国際教育
    • ・世界の子どもと教育支援
    • ・グローバル・シティズンシップ教育の構想と課題
    • ・国際交流プログラムデザインの理論と方法
    • ・IB教育の理論と実践
  4. コース共通科目

    04

    コース共通科目

     各コースの枠組みに捉われることなく、教員としての総合的な資質能力を向上させることを目的とした共通科目群です。院生の問題関心に応じた幅広い内容について学修することができ、各コースでの学びをより広く、深いものにします。

    道徳教育の理論と課題 / キャリア教育の理論と実践 / 学力の理論と評価の実際 / 外国人児童・生徒支援論 等

カリキュラム表

  • 共通基本科目+

    1. 第1領域:教育課程の編成・実施に関する領域
      カリキュラムデザインの理論と方法
    2. 第2領域:教科等の実践的な指導方法に関する領域
      授業デザインの理論と方法
      教育方法・学習科学の理論と実践
    3. 第3領域:生徒指導、教育相談に関する領域
      臨床教育の理論と方法
      生徒指導・教育相談実践演習
    4. 第4領域:学級経営、学校経営に関する領域
      学校マネジメントの理論と実践
      特色ある学校づくりの実際と課題
      学級づくり実践演習
    5. 第5領域:学校教育と教員の在り方に関する領域
      現代の学校と教育実践
      現代の教師と教育実践
    6. 第6領域:国際教育に関する領域
      国際教育の理論と方法
  • 専門実習科目+

    教職専門研修1
    教職専門研修2
    教職専門研修3
    教職専門研修4

  • コース共通科目+

    教育実践高度化演習1
    教育実践高度化演習2
    学校内外の連携による児童生徒支援
    人間理解・対人援助の理論と方法
    道徳教育の理論と課題
    小学校英語教育実践研究
    キャリア教育の理論と実践
    学力の理論と評価の実際
    外国人児童・生徒支援論
    実践教育特殊講義
    国語科教育実践研究
    算数・数学科教育実践研究
    社会科教育実践研究
    英語科教育実践研究
    理科教育実践研究
    保健体育科教育実践研究

  • コース必修科目+

    1. 臨床教育コース科目
      学校におけるメンタルヘルスの理論と実際
      学校教育相談・学校カウンセリングの理論と方法
      問題行動とその対応
      ピア・サポートによる生徒支援の実際と課題
    2. 教育方法・学習科学コース科目
      学習意欲の理論と実際
      授業におけるICT活用
      新しい教育内容の実践と課題
      授業実践の高度化と授業研究
    3. 国際教育コース科目
      世界の子どもと教育支援
      グローバル・シティズンシップ教育の構想と課題
      国際交流プログラムデザインの理論と方法
      IB教育の理論と実践