研究科長メッセージ ‐MESSAGE‐

研究科長メッセージ

‐MESSAGE‐

立命館大学大学院教職研究科
研究科長

森田 真樹教授

教職大学院での協同の学びを通して、
『学校』のチーム力を高める
教員の育成を目指します

 立命館大学大学院教職研究科は、2017年4月、西日本の私立大学単独としては初めての教職大学院として開設されました。京都府、京都市、滋賀県、大阪府、大阪市と、府県を超える5つの教育委員会の連携協力によって運営される教職大学院であることも全国で初めての試みです。さらに、教育学部を母体としない独立研究科であるため、開放制教員養成を重視し、一般学部からの進学者が多いことを前提に設計していることも本研究科の大きな特長です。

 2019年には、独立行政法人教職員支援機構の近畿地区の拠点としての役割を担う、独立行政法人教職員支援機構立命館大学センターを本研究科に開設しました。各教育委員会と連携しながら、高度な教員研修プログラムを開発・実施していますが、本研究科院生は、教員研修プログラムにも参加することができ、学びをさらに深めることができます。

 近年のコロナ禍によって、学校教育の「当たり前」を改めて問い直すことが求められています。また、いじめや不登校など複雑化・深刻化する教育課題、「令和の日本型学校教育」の構築、グローバル化への対応など、厳しい課題と急速な学校教育の変化に対峙するために、教職大学院でより専門的に学ぶことは、これからの教師には必須となるでしょう。そこでは、教育における不易と流行を見定め、不易の中に流行を組み入れることができる知見を見いだしながら、各教員が「個」としての資質能力を高めるだけではなく、「チーム」や「学校」として対応できる資質能力を獲得することが不可欠となります。

 立命館学園の建学の精神である「自由と清新」、教学理念である「平和と民主主義」を体現し、立命館憲章に掲げられている「確かな学力の上に、豊かな個性を開花させ、正義と倫理をもった地球市民として活躍できる人間の育成に努める」という理念は、立命館大学の教員養成の理念でもあります。このような理念のもと、本研究科は、16学部21研究科を有し、スーパーグローバル大学に選定されている総合大学の教育資源を最大限に活用して、 教育の本質を見極めながら、新しい教育課題に対応し、「学校」のチームカを高めることができる資質能力をもった教員の育成を目指します。

 私立大学として全国有数の教員養成の実績をもつ本学が、教員養成・現職研修の高度化という要請に応えることは社会的使命でもあります。本研究科では、学部新卒院生には、自らが「地球市民」として活躍できる人間を志し、より高い資質能力をもった教員となるための指導・支援を充実させ、進路実現を図ります。また、現職教員院生には、これまでの実践を対象化し、理論と実践の往還・融合を図る主体としての力量を高め、多様な教育実践を組織的にマネジメントしていく方策を検討するための学びの場を提供します。

 本研究科における協同の学びを通して、授業や学校づくりを担うチームのリーダーが育っていくことを期待しています。