教員紹介 ‐TEACHER‐

教員紹介

‐TEACHER‐

伊藤 陽一准教授

担当科目
「授業デザインの理論と方法」、「学級づくり実践演習」、「教職専門研修1~4」

教師という仕事のやりがいとは?

 教師の仕事は、一人一人の子ども達の自己実現に向けて、子ども達のよさや可能性を引き出し、子ども達に生きた知恵を育てることにあります。それは、子ども達同士が互いに認め合い支え合う集団の中で、互いに切磋琢磨することによって育てられます。
 授業を中心とした具体的な教育実践を通して、個と集団が共に変容した姿を現した時、教師という仕事のやりがいを感じます。そして、その教育実践が困難であればあるほど、教師(教職員組織)としての醍醐味を実感できます。さらに、そのやりがいは、保護者・地域・教職員組織のつながりによって、大きくなっていきます。

担当科目を受講することで、どのような力が身につくのか?

 「教師は授業で勝負」と言われます。また、「良い授業は、教材4割学級経営6割」とも言われています。子ども達の学校生活は、学級という集団の中で、「授業」という時間が大半を占めます。
 本講では、学校教育活動の中心となる「授業」と「学級づくり」を関連付け、具体的な実践を通して、「授業力」「学級経営力」向上を目指したいと思います。
 確かな「授業力」「学級経営力」を身に付け向上させるためには、その「理念」を「実践」や「技術」と結びつけて取り組まなければなりません。学校現場や今を生きる子ども達を常に具体的にイメージしながら、実践的な「授業力」「学級経営力」の「心」と「技」を身に付けるよう共に学んでいきたいと思います。

教職研究科(教職大学院)を目指す方へメッセージ

一覧へ戻る

大学院コラム

    データがありません