ニュース

最新のニュース

2018.06.20

社会学研究科博士課程後期課程2 回生の岡村誠さんが、日本体育・スポーツ経営学会最優秀発表賞を受賞されました。

   社会学研究科博士課程後期課程2回生の岡村誠さんが、2018年3月17日から18日にかけて、北海道江別市の北翔大学で開催された第41回日本体育・スポーツ経営学会大会において、「市町村行政職員のスポーツ政策経営力量に関する概念的研究」をテーマに発表を行い、最優秀発表賞を受賞されました。
   この賞は、日本体育・スポーツ経営学会主催の学会大会において、優れた研究発表を行った会員に対して授与されるもので、若手研究者を育成し、その研究を奨励することを目的として設けられたものです。
   岡村さんは,一昨年度まで、都道府県職員として勤務していましたが、本学の中西純司教授と出会ったことがきっかけで研究者を目指すことを決断し,2017年4月に本学社会学研究科博士課程に入学しました。入学後は、毎週欠かさず中西先生の指導を受け、着実に研究を進めてきました。そうした積み重ねが今回の受賞につながったものと思われます。
   以下、岡村さんの発表に関する研究概要です。



【研究概要】
   我が国の地域スポーツ推進の主導的役割を担ってきた市町村スポーツ行政は、バブル経済崩壊後の行財政逼迫下にあって、限られたスポーツ関係予算を戦略的に獲得し効率的に配分しながら効果的なスポーツ事業を実践・展開するという「スポーツ政策経営」(中西, 2012)が、強く求められるようになった。
   こうした中、本研究では市町村スポーツ行政の人材に焦点をあて、文献研究および市町村スポーツ行政を対象とした質問紙調査結果の分析によって、今後、市町村行政職員に必要とされるスポーツ政策経営を実践するための専門力量(以下「スポーツ政策経営力量」)の解明を試みた。
   その結果、スポーツ政策経営力量は、「スポーツの基本的性質に関する知識」を中核として、「スポーツ政策形成力量」、「スポーツ事業実践力量」で構成されることが分かった。さらに、スポーツ事業実践力量の具体的内容として、スポーツ施設サービスを提供したり、子ども、高齢者、女性などを対象としたスポーツ教室を企画・運営したりといった多種多様なスポーツサービスを企画・運営するための力量や、体育(スポーツ)協会などのスポーツ団体の事務局を担当するための力量といった「事業展開力量」と、こうした事業展開を間接的に支援するためのスポーツ情報の提供や指導者養成研修会・講習会の開催、および体育(スポーツ)協会への補助金給付などに関する「資源調整力量」が求められるということが示唆された。
   今後、さらに研究をすすめることで、市町村行政職員に求められる専門力量が解明され、市町村行政職員の人材養成・育成システムの体系的な構築が可能となり、行政職員の力量形成がより一層促進されるのみならず、全国の市町村において「スポーツ政策経営」が行われ、究極的な目標である「21世紀生涯スポーツ社会の豊かな実現」に大きく貢献することが期待できる。


(左が岡村誠さんの指導教員の中西純司教授、右が岡村誠さん)

2018.04.20

社会学研究科院生の陶 一然さんが2つの賞を受賞しました。

 ●公益財団法人大学セミナーハウス主催の「留学生論文コンクール」で銀賞を受賞

 「 グローバル社会における高等教育機関の留学生支援
 ‐日本の文系大学院生が求めている支援と大学側の支援制度‐」

受賞結果のページ https://iush.jp/internationalstudents/thesis/2017_result/


 ●日本日中関係学会主催の国際交流基金助成プログラム「第6回宮本賞(学生懸賞論文)」で大学院生の部 優秀賞を受賞

 「日中戦争初期における中国世論の影響-『申報』から見る中国『徹底抗戦』世論の形成と戦争の拡大」
 (盧溝橋事件に始まる日中戦争初期について、当時中国で最大の部数を誇った新聞『申報』の記事、 読者投稿をたどり、和平交渉への不満から徐々に徹底抗戦を唱える世論が強まっていったことを論証した)

 受賞結果のページ http://www.mmjp.or.jp/nichu-kankei/miyamotoshou/1712_award_6th_result.pdf



2018.02.21

2018年度研修生・研究生の募集について

要項を確認のうえ、出願してください。

1.要項 
2.願書
3.個人情報同意書
4.特別願

2017.12.20

博士論文出版助成制度について

本プログラムは、本学大学院博士課程後期課程の院生の博士論文の研究成果の公刊を助成促進するものである。専門分野における優れた研究業績を積極的に公表することを目的とし、本学大学院博士課程後期課程にて博士学位を授与された方々が、当該博士学位論文を出版する際、その経費の一部を助成するものです。  

詳細については、こちらをご確認ください。

2017.11.27

社会学研究科院生の一井崇さんが「第14回立命館大学学生ベンチャーコンテスト2017」で 優秀賞を受賞

2017年114()OIC大阪茨木キャンパスにおいて開催された「第14回立命館大学学生ベンチャーコンテスト2017」において、社会学研究科の一井崇さん(博士課程後期課程2年)が、「インバウンドビジネス(訪日外国人観光)を見据えたサイクリングツアー(体験型観光)運営による持続可能な地域振興」というテーマで優秀賞を受賞されました。近年、急増する訪日外国人旅行者を対象とした体験型観光コンテンツの開発とツアーの事業運営を通じて、持続可能な地域活性化を実現するためのビジネスモデルの独創性が受賞の評価につながりました。これを機に、地方創生の機運がますます高まることが期待されます。

 

指導教員・黒田学教授のコメント

 一井崇さんは、大手旅行会社勤務を経て、本研究科の社会人院生として、「障害者雇用を通じた観光振興と持続可能な地域形成」をテーマに研究されています。ユニバーサルツーリズム(高齢や障害等の有無にかかわらず、すべての人が楽しめ、誰もが気兼ねなく参加できる旅行)の視点から、就労や雇用、さらには地域福祉に関わる課題を検討し、障害のある人自身が観光事業や地域社会の担い手になり得ることを実証的に検討し、新たな視点を提示しています。今回の一井さんの受賞は、観光による地域活性化の新たなビジネスモデルへの評価であり、研究課題を背景にしています。



受賞者の一井崇さん(社会学研究科D2、右)と指導教員の黒田学教授(社会学研究科、左)








2017.10.31

【2018年度】再入学試験について

2018年度の再入学試験要項について以下のとおり掲載しました。

2018年度立命館大学大学院再入学試験要項(前期・後期)

再入学志願票
博士論文執筆計画書

再入学を希望される方は要項をご覧いただき、まずは産業社会学部事務室(大学院担当)
までお問い合わせください。
 
 お問い合わせ先アドレス:shaken1@st.ritsumei.ac.jp
 
                             

2017.02.13

2017年度社会学研究科 研修生・研究生の出願手続きについて

2017年度の研修生および研究生の出願手続きについて、手続要項および出願書類
等を以下のとおり掲載しました。
出願にあたっては必ず手続要項を確認し、必要な出願書類を提出してください。

【出願期間】
 在籍を希望する期間が前期・通年の場合:
  2017年3月3日(金)~2017年3月10日(金)

 在籍を希望する期間が後期の場合:
 2017年9月4日(月)~2017年9月11日(月)
  

【手続要項】
 2017年度社会学研究科 研修生・研究生出願手続要項

【出願書類(所定書式)】
 ①「研修生・研究生願」(所定用紙)
 ②「研修生・研究生願」用写真および「研修生証または研究生証」用写真(3ヶ月以内に撮影した
  半身脱帽正面向き、背景無地、光沢、枠なしで、縦3cm×横2.5cmのカラー写真)・・・各1枚計2枚
 ③個人情報の取扱いに関する同意書(所定書式)
 ④希望する在籍期間中に日本国の在留資格を有していることを証明する書類(外国籍の方のみ)
  (外国人登録証(表・裏)、在留カード(表・裏)、特別永住者証明書(表・裏)のいずれかの写し。)
 ⑤「研修生・研究生 特別願」(所定書式、該当する方のみ)

 


                                          以上

2016.10.24

【2017年度】再入学試験について

 2017年度の再入学試験要項について以下のとおり掲載しました。

2017年度立命館大学大学院再入学試験要項(前期・後期)

再入学志願票
博士論文執筆計画書

再入学を希望される方は要項をご覧いただき、まずは産業社会学部事務室(大学院担当)
までお問い合わせください。
 
 お問い合わせ先アドレス:shaken1@st.ritsumei.ac.jp
 
                                      以上

2016.01.27

2016年度社会学研究科 研修生・研究生の出願手続きについて

2016年度の研修生および研究生の出願手続きについて、手続要項および出願書類
等を以下のとおり掲載しました。
出願にあたっては必ず手続要項を確認し、必要な出願書類を提出してください。

【出願期間】
 在籍を希望する期間が前期・通年の場合:
  2016年3月4日(金)~2016年3月11日(金)

 在籍を希望する期間が後期の場合:
 2016年9月5日(月)~2016年9月12日(月)
  

【手続要項】
 2016年度社会学研究科 研修生・研究生出願手続要項

【出願書類(所定書式)】
 ①「研修生・研究生願」(所定用紙)
 ②「研修生・研究生願」用写真および「研修生証または研究生証」用写真(3ヶ月以内に撮影した
  半身脱帽正面向き、背景無地、光沢、枠なしで、縦3cm×横2.5cmのカラー写真)・・・各1枚計2枚
 ③「研修生・研究生 研究計画および志望理由書」(所定書式)
 ④個人情報の取扱いに関する同意書(所定書式)
 ⑤希望する在籍期間中に日本国の在留資格を有していることを証明する書類(外国籍の方のみ)
  (外国人登録証(表・裏)、在留カード(表・裏)、特別永住者証明書(表・裏)のいずれかの写し。)
 ⑥「研修生・研究生 特別願」(所定書式、該当する方のみ)

 
                                                                                                                           以上

2015.01.29

2015年度社会学研究科 研修生・研究生の出願手続きについて

2015年度の研修生および研究生の出願手続きについて、手続要項および出願書類
等を以下のとおり掲載しました。
出願にあたっては必ず手続要項を確認し、必要な出願書類を提出してください。

【出願期間】
 前期セメスター:2015年3月6日(金)~2015年3月13日(金)
 後期セメスター:2015年9月4日(金)~2015年9月9日(水)
  

【手続要項】
 2015年度社会学研究科 研修生・研究生出願手続要項

【出願書類(所定書式)】
 ①「研修生・研究生願」(所定用紙)
 ②「研修生・研究生願」用写真および「研修生証または研究生証」用写真(3ヶ月以内に撮影した
  半身脱帽正面向き、背景無地、光沢、枠なしで、縦3cm×横2.5cmのカラー写真)・・・各1枚計2枚
 ③「研修生・研究生 研究計画および志望理由書」(所定書式)
 ④個人情報の取扱いに関する同意書(所定書式)
 ⑤希望する在籍期間中に日本国の在留資格を有していることを証明する書類(外国籍の方のみ)
  (外国人登録証(表・裏)、在留カード(表・裏)、特別永住者証明書(表・裏)のいずれかの写し。)
 ⑥「研修生・研究生 特別願」(所定書式、該当する方のみ)

 
                                                                                                                        以上

2014.09.02

2014年度社会学研究科 研修生・研究生の出願手続きについて

2014年度の研修生および研究生の出願手続きについて、手続要項および出願書類
等を以下のとおり掲載しました。
出願にあたっては必ず手続要項を確認し、必要な出願書類を提出してください。

【出願期間】
 前期セメスター:2014年3月7日(金)~2014年3月14日(金)
 後期セメスター:2014年9月5日(金)~2014年9月10日(水)
  

【手続要項】
 2014年度社会学研究科 研修生・研究生出願手続要項

【出願書類(所定書式)】
 ①「研修生・研究生願」(所定用紙)
 ②「研修生・研究生願」用写真および「研修生証または研究生証」用写真(3ヶ月以内に撮影した
  半身脱帽正面向き、背景無地、光沢、枠なしで、縦3cm×横2.5cmのカラー写真)・・・各1枚計2枚
 ③「研修生・研究生 研究計画および志望理由書」(所定書式)
 ④個人情報の取扱いに関する同意書(所定書式)
 ⑤希望する在籍期間中に日本国の在留資格を有していることを証明する書類(外国籍の方のみ)
  (外国人登録証(表・裏)、在留カード(表・裏)、特別永住者証明書(表・裏)のいずれかの写し。)
 ⑥「研修生・研究生 特別願」(所定書式、該当する方のみ)

        
                                                                          以上