学びの特色

アクティブ・ラーニング

産業社会学部では、学際的な学部のメリットを現実化させるためにも、社会諸科学の総合の支柱としての「社会学」をコアに理論的思考を重視しています。専攻問わず問題解決に向けた単なるノウハスの修得ではなく、問題をその深部から析出しうる知=問いの力の形跡に向けたアカデミックリーディング・ライティングを重視しています。このこと自体がアクティブであるといえますが、さらにフィールドワークやボランティアなど、実社会に触れて学ぶ「アクティブ・ラーニング」も盛んに行われており、国内外における社会問題の現場に足を運び、調査・研究を行っています。それぞれの地域・団体が抱える問題を学びながら、課題発見力や実践的な課題解決能力を身に付けていくことを目指します。



産業社会学部のおすすめコンテンツ