立命館大学図書館

  1. TOP>
  2. イベント一覧

イベント一覧

最新20件の記事を表示しています。過去のものは年別アーカイブからご覧ください。

OIC学生ライブラリースタッフ主催ぴあら企画 「図書館で考えよう 私にできるSDGs」 第1回 ツアーで学ぼう:OICとSDGs~環境負荷軽減、地域と防災~
2022年9月30日 OIC

OIC学生ライブラリースタッフ主催で、以下企画を開催します。ふるってご参加ください。

--------以下、OIC学生ライブラリースタッフより--------

 みなさんにとって"SDGs(持続可能な開発目標)"とは、どういうものですか?
 SDGsという言葉を耳にする機会は増えましたが、誰かがやるもの、自分には関係ないものと捉える学生が少なくない*)ことから、OIC学生ライブラリースタッフが、身近な事例を取り上げ、社会課題を自分事として捉える契機を提供する取組みを連続で開催します。
 第1回のテーマは、「環境負荷軽減、地域と防災」。OIC内にある脱炭素や省エネルギーを目指す施設、地域と連携した街づくりなどを見聞きする「ツアー」とミニ講義形式で行います。
 持続可能な開発は想像以上に身近にある事を理解し、社会問題への関心の糸口を見つける契機としてください。


  • 対象
    本学学生
  • 日時
    2022年10月28日(金)14:40~16:10
  • 集合場所
    OICライブラリー内ぴあら セミナールーム1
    ※ここを起点にOICの裏側ツアーにご案内します。
  • 企画内容
    ・SDGsの紹介(10分)
    ・ミニ講義(講師:管財課増田氏、地域連携課安達氏)
    ・学内SDGsツアー(始点・終点ぴあら)
  • 参加方法
     以下URLから事前申込をしてください。(10月24日17時 〆)
    https://cw.ritsumei.ac.jp/campusweb/SVA20D0.html?key=SUR20220908123451347015971


*)出典:2022年度損害保険ジャパン株式会社が実施した、「SDGs・社会課題に関する意識調査」
「『SDGsの達成』や国内外の『社会的課題』の解決に向けて、主に誰が行動すべきだと思いますか?2つまで選んでください。」という問いに対して、「政府・行政(58.3%)」と回答した人が最も多く、次いで「企業(38.8%)」であったとのこと。
https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/SJNK/files/news/2022/20220715_1.pdf?la=ja-JP

【開催報告】OIC学生ライブラリースタッフ主催: 新入生応援企画「ともに学ぼう!検索トレーニングルーム! -Search Engine Commons」
2022年8月25日 OIC

OICライブラリーでは以下通り、ピア・サポートの取り組みを春学期間に定期開催しました。

【利用人数】

 35日間合計122名

【内容】

 2022年5月16日から7月15日まで、毎月曜日、水曜日、金曜日の4限目を中心に、OICライブラリー2階のぴあら・レファレンスカウンター周辺にて、LSによるクイックレファレンスを定期開催しました。
 参加者は、授業の課題で参考文献を探したいが探し方が不明瞭な場合に気軽に立ち寄れ、学生であるLSとともに目当ての資料を検索するプロセスを学修し、資料を見つけられるまでをサポートしてもらうことで、資料への辿り着き方を実際に体験しながら理解することができました。

【開催報告】2022年6月ぴあら講演会「生協食堂で目指せ健康バランス食マスター」
2022年7月13日 衣笠

【タイトル】

2022年6月ぴあら講演会「生協食堂で目指せ健康バランス食マスター」

【開催日】

2022年6月24日(金) 16:30~18:00

【場所】

衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館ぴあら、
オンライン(Zoom) ※ハイブリッド形式

【参加人数】

7名

【内容】

 この企画は、6月に入り学生たちが新しい生活に慣れてきた一方で、少なからず食生活の部分がおざなりになっている人がいることを想定し、健康的な食生活の送り方を学べる機会として企画しました。講師には立命館生活協同組合より管理栄養士の武部礼子さんをお招きしました。
 講演の前半では高校までの家庭科で学習した各栄養素の働きについて復習し、栄養バランスのとれた食生活を送るための目安となる三群点数法の仕組みを学びました。その後実際の生協食堂のメニューカードを見ながら、生協食堂レシートの三群点数をどのように埋めていくかについてグループワークを行いました。
 また講演の後半では自炊をテーマに、食材の買い方、調理の仕方、保存の仕方など、一人暮らしの学生が健康に気を付けながら無理なく続けることのできる自炊方法について学びました。
 企画を通じてあらためて健康的な食生活を送ることの重要性を理解できたとともに、忙しい学生生活の中でも生協食堂を活用したり効率的に自炊を行ったりしながら、気楽に楽しく美味しく食事を楽しむことの大切さを実感することができました。

当日の動画、講演会資料について下記にて公開します。
※動画の視聴、講演会資料の閲覧にはRAINBOW ID・PWの入力が必要です。

【開催報告】BKC学生ライブラリースタッフ新入生歓迎企画「図書館×謎解き」
2022年7月11日 BKC

【タイトル】

BKC学生ライブラリースタッフ新入生歓迎企画「図書館×謎解き」

【開催日】

2022年4月6日(水)~5月31日(火)

【場所】

メディアセンター、メディアライブラリー

【内容】

 新入生歓迎企画として、図書館の基本的な施設や利用マナー等がクイズで学べる「図書館×謎解き」を実施しました。
 結果として、企画参加者は58名、メディアセンター最終問題の達成者は31名、メディアライブラリー最終問題の達成者は24名、両館達成者は21名でした。また、紙アンケートで4名、Google Formsアンケートで4名の回答を得たほか、両館達成者に任意で行った口頭アンケートでは21名が回答してくれました。アンケートでは、本企画に対して多数の肯定的な意見をいただきました。
 これらのことを糧にして次回以降も学生ライブラリースタッフが主体となって様々な企画を行ってきますので、ぜひご期待・ご参加ください。


【開催報告】衣笠6月ぴあら講演会「ぴあらdeトーク ~新しいコミュ力ってなんだろう?~」
2022年7月11日 衣笠

【タイトル】

2022年6月ぴあら講演会「ぴあらdeトーク~新しいコミュ力ってなんだろう?~」

【開催日】

2022年6月23日(木) 16:30~18:00

【場所】

衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館ぴあら、
オンライン(Zoom) ※ハイブリッド形式

【参加人数】

9名

【内容】

 この企画は、コロナ禍で大学生を取り巻くコミュニケーションが大きく変化していることを踏まえ、コミュニケーションの重要性や“withコロナ”時代の新しいコミュニケーションについて学ぶための機会として企画しました。講師には本学文学部・言語コミュニケーション学域の北出慶子先生をお招きしました。
 企画内のグループディスカッションでは、「友だちとのLINEのやりとり」や「お年寄りの方への席の譲り方」などの身近なテーマから、自分自身のコミュニケーションについて振り返りました。また北出先生の講演では、ディスカッションの内容を踏まえて「アサーティブコミュニケーション」の考え方や「同情と共感の違い」などについて解説いただきました。そして、事前に学生の皆さんから寄せられたコミュニケーションについての悩みで多かった「オンタイムで、信頼関係を築くこと」に焦点を当て、多様性が求められる時代にどうやってその能力を伸ばしていくかについてもお話いただきました。
 企画を通じて、普段あまり意識することのないコミュニケーションに対する理解を深め、人との関わりを考えるきっかけを得ることができました。

当日の動画、講演会資料、お薦め本について下記にて公開します。
※動画の視聴、講演会資料の閲覧にはRAINBOW ID・PWの入力が必要です。

  • 当日動画は<こちら>
    ※北出先生の講演部分を中心に内容を一部編集しています。
  • 当日の講演資料は<こちら>
  • 北出先生・学生ライブラリースタッフお薦め本は<こちら>

2022年度 学生ライブラリースタッフ募集要項の公開と募集説明会【7月29日】開催のお知らせ
2022年7月1日

2022年度学生ライブラリースタッフ(LS)募集を今秋に行います。
2022年度の募集要項および採用スケジュールを公開したので、詳細はこちらからご確認ください。
また、募集に先駆けて、対面/オンラインのハイブリッド形式にて募集説明会を開催します!
絶対LSになりたい!毎日図書館に行っています!という方は勿論、「LSってどんな活動をしているんだろう?」という方、これまであまり図書館を使っていないけど図書館の仕事に関心がある方も、どうぞ気軽にご参加ください!

● 学生ライブラリースタッフ(LS)とは?

学生ライブラリースタッフは、図書館サービスと利用者の学びを支えるピアサポーターであり、図書館と利用者を繋ぐ懸け橋となる存在です。図書館の仕事に興味・関心があるだけでなく、図書館の一員として利用者のためにサービスや企画等の図書館運営に取り組んでいます。

-------(以下、募集説明会詳細)-------
日 時 7月29日(金)16:30~17:30<終了>
対 象 学部1・2回生 ※業務の継承性を鑑み、3回生は本学大学院進学希望者のみ
内 容 LS団体・活動紹介、採用情報説明、質疑応答
学生ライブラリースタッフとは、団体紹介、活動内容や活動の魅力について詳しくお話します。
2022年度の採用についても案内します。
場 所 【衣笠】平井嘉一郎記念図書館1階ぴあら・オンライン(Zoom)
【BKC】プリズムハウス1階P114・オンライン(Zoom)
【OIC】OICライブラリー2階ぴあら内セミナールーム1・オンライン(Zoom)
いずれのキャンパスもハイブリッド形式で開催。
各キャンパスの個別開催ですので、申込方法やオンライン(Zoom)のURLが異なります。
詳細・参加方法については別途、manaba+R「お知らせ」をご確認ください。
事前申込 【衣笠】必要
参加申込はこちらから。7月29日(金)午前10時まで。
申込完了後、manaba+R「お知らせ」にてZoomのURL等の詳細を案内します。
(カテゴリ「学生生活・課外活動」)


【BKC・OIC】不要
その他 2022年度の学生ライブラリースタッフ募集について
・9月13日(火)~10月3日(月)募集期間
・9月27~29日のいずれか1日に募集座談会を予定(9月に案内予定)
※募集スケジュール等の詳細は、こちらからご確認いただけます。
お問い合わせ <衣笠>ls-saiyoatst.ritsumei.ac.jp
<BKC>bkc-lsatst.ritsumei.ac.jp
<OIC>oicls-yoatst.ritsumei.ac.jp

【開催報告】OIC学生ライブラリースタッフ主催 新入生歓迎企画「ブラインド・ブック ~はじめの一歩~」
2022年6月25日 OIC

【開催期間】

2022年4月1日~6月24日まで

【開催場所】

OICライブラリー 2階特設コーナー

【開催内容】

 上記期間・場所において、OIC学生ライブラリースタッフ(LS)が新入生歓迎企画として「ブラインドブック はじめの一歩 First Step」を開催。本のタイトルは包装で隠し、新入生や在学生のみなさんが新年度をどのようにスタートされるか想像しながら、LSが一言ずつ、思いを込めたメッセージを添えて展示しました。
 結果、大変好評をいただき、準備した40セットはすぐに借りられてしまったため、LSがお薦めの一言メッセージを手作りPOPに書き添えて紹介しました。その26冊も、期間中81回貸出され、1冊あたり平均3回貸出されるなど、大変ご好評いただけました。

衣笠6月ぴあら講演会「ぴあらdeトーク ~新しいコミュ力ってなんだろう?~」開催のお知らせ
2022年6月10日 衣笠

衣笠キャンパスの平井嘉一郎記念図書館において、学生ライブラリースタッフ主催企画「ぴあら講演会」を開催します。
詳細は下記の通りですので、興味のある方は是非ご参加ください。


----------------(以下、学生ライブラリースタッフからのお知らせ)----------------

みなさんこんにちは! 立命館大学・衣笠学生ライブラリースタッフです。
この度、平井嘉一郎記念図書館にて、ぴあら講演会「ぴあらdeトーク~新しいコミュ力ってなんだろう?~」を開催することになりました。

コロナ禍において大学生を取り巻く環境は様々に変わりましたが、中でもコミュニケーションに関する変化は大きく、オンライン授業、マスクやパーテーションの存在、サークル等での対面活動における制約など、枚挙に暇がありません。しかし学生には、大学での学びを進める中で、教授とのやりとりやゼミ・クラスの仲間との会話、話し合い、議論といったコミュニケーションの機会が多く存在し、学部・回生を問わずそれらの機会をうまくとらえて対応していくことが求められています。
そこで今回は、本学・文学部でコミュニケーションについて研究をされている北出慶子先生に企画にご協力いただき、コミュニケーションの重要性や“withコロナ”時代の新しいコミュニケーションのあり方などについて、図書館のピア・ラーニングルームである「ぴあら」にて学ぶことのできる機会を用意しました。企画内では身近なテーマをもとに、学生同士で明るく楽しくディスカッションをする時間もあります。
話し合いが苦手な方でも大歓迎!図書館の学生ライブラリースタッフがサポートします。
みなさんの参加をお待ちしております!


【タイトル】

2022年6月ぴあら講演会「ぴあらdeトーク~新しいコミュ力ってなんだろう?~」

【日時】

2022年6月23日(木) 16:30~18:00

【講演会内容(予定)】

  • 参加者同士のアイスブレイク
  • テーマをもとにしたグループディスカッション(2つ予定)
  • 講師による「コミュニケーション」に関する講義
  • 図書館の利活用ポイント紹介
 ※内容は一部変更する場合があります。

【講師】

立命館大学 文学部 言語コミュニケーション学域 北出 慶子先生

<講演者情報>
研究テーマ:第二言語習得・学習、異文化間コミュニケーション、談話分析等
https://research-db.ritsumei.ac.jp/rithp/k03/resid/S000151

【実施形式】

本企画は、ハイブリット形式(対面とオンラインの同時進行)で実施します。事前申込の際に参加方法を必ず選択してください。

<対面> 会場:衣笠キャンパス・平井嘉一郎記念図書館1Fぴあらイベントエリア(赤い椅子のエリア)
※講師の方は対面会場にいらっしゃいます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加可能人数を30名とします。
<オンライン> Zoom 
※ご自宅等での参加が可能です。
※企画のZoom URL等の詳細は、企画の前日にmanaba+R「お知らせ」カテゴリ「学生生活・課外活動」にてご案内します。必ずmanabaのお知らせを確認してください。

【企画の申込】

本企画は事前申込制です。下記からお申込みください。(RAINBOW ID・パスワードが必要です)
※お申し込みは学内構成員に限ります。
<申込期間> 2022年6月10日(金)〜2022年6月23日(木)12:00
<事前申込はこちら>
 https://cw.ritsumei.ac.jp/campusweb/SVA20D0.html?key=SUR20220603135455315365967

【関連リンク】

 2022年度・衣笠ぴあら講演会企画のお知らせ

以上

2022年度・衣笠ぴあら講演会企画のお知らせ
2022年6月10日 衣笠

 皆さんは、立命館大学図書館の「ぴあら」*1 をご存知ですか?ぴあら(ピア・ラーニングルーム)は、“感動体験空間”として、各種イベントや学習支援を通じて、学生が様々な人との出会いや体験から他者・自己との対話を深めていくこと、学生のきづきをうながす体験の場を目指しています。
 衣笠キャンパス・平井嘉一郎記念図書館のぴあらでは2017年以降、様々なジャンルから講師をお招きして学生が学部・回生の垣根を超えてともに学び合うことをうながす「ぴあら講演会」*2 企画を開催してきました。2020~2021年度については新型コロナウイルスの影響によりオンライン中心の企画開催となっていましたが、2022年度は学内のBCP活動レベルの状況を鑑み、対面とオンラインのハイブリット形式の企画を中心に、講演やワークショップなどのアクティブラーニング形式の企画を再開します。また、年間を通じて「ぴあらでアクティブラーニングを体感しよう!~ぴあらにようこそ、ぴあらにおかえり~」をテーマに様々な企画を展開していきます。
 企画を通して、学生の皆さんにぴあら本来の『感動体験空間』の魅力を体感していただければ幸いです。ぜひご期待ください!

※過去のぴあら講演会企画写真(コロナ以前)


<2022年度 衣笠キャンパス・ぴあら講演会テーマ>

『ぴあらでアクティブラーニングを体感しよう!~ぴあらにようこそ、ぴあらにおかえり~』

◇テーマ設定の趣旨
 コロナ禍で失われていたぴあらでのアクティブラーニング形式の企画を再開することで、学生の皆さんにぴあら本来の感動体験空間の魅力を体感していただきたいと思い設定しました。
 サブテーマについては、コロナ禍で大学に入学した学部1~3回生の皆さんにとっては初めてのぴあら講演会企画となるため、感動体験空間への歓迎の意味を込めて「ぴあらにようこそ」、学部4回生以上の皆さんにについては、ぴあらがそのような体験・活動ができる場所として改めて動き出すことを知っていただきたい意味を込めて「ぴあらにおかえり」としました。

<2022年度・春学期ぴあら講演会企画>

企画1:「ぴあらdeトーク~新しいコミュ力ってなんだろう?~」
<企画の詳細はこちらから>
開催日:2022年6月23日(木)16:30~18:00
講師:立命館大学文学部 北出 慶子先生

企画2:「生協食堂で目指せ健康バランス食マスター」
<企画の詳細はこちらから>
開催日:2022年6月24日(金)16:30~18:00
講師:立命館大学生協 管理栄養士 武部 礼子先生

※各企画の詳細は、企画ページをご確認ください。


以上

衣笠6月ぴあら講演会「生協食堂で目指せ健康バランス食マスター」開催のお知らせ【申込締切延長】
2022年6月10日 衣笠

衣笠キャンパスの平井嘉一郎記念図書館において、学生ライブラリースタッフ主催企画「ぴあら講演会」を開催します。
詳細は下記の通りですので、興味のある方は是非ご参加ください。


----------------(以下、学生ライブラリースタッフからのお知らせ)----------------

みなさんこんにちは! 立命館大学・衣笠学生ライブラリースタッフです。
この度、平井嘉一郎記念図書館にて、ぴあら講演会「生協食堂で目指せ健康バランス食マスター」を開催することになりました。

みなさん、健康的な食生活を過ごせていますか?6月に入り新生活に慣れてきた一方で、食生活への配慮が必ずしも十分ではなくなっている方も多くいるのではないでしょうか。例えば、生協食堂のレシートに記載される栄養表示の点数が偏っている、栄養バランスの取れた自炊を諦めてしまった、なんてことはありませんか ?
このような学生ならではの食事に関する悩みを解決するために、今回立命館大学生協にご協力いただき、基本的な栄養についての知識やバランスのとれた食生活を送る方法を、図書館のピア・ラーニングルームである「ぴあら」にて学ぶことのできる機会を用意しました。一緒に栄養について学び、健康な毎日を食から実現していきませんか?
皆さんの参加をお待ちしております!


【タイトル】

2022年6月ぴあら講演会『生協食堂で目指せ健康バランス食マスター』

【日時】

2022年6月24日(金) 16:30~18:00

【講演会内容】

・講義とグループワーク
  1. 身近な「栄養学」について学んでみよう
  2. 生協食堂のレシートを埋めるには?
  3. 自炊にチャレンジ!自炊のポイント解説

【講師】

立命館大学生協 管理栄養士 武部 礼子さん

【実施形式】

本企画は、ハイブリット形式(対面とオンラインの同時進行)で実施します。事前申込の際に参加方法を必ず選択してください。

<対面> 会場:衣笠キャンパス・平井嘉一郎記念図書館1Fぴあらイベントエリア(赤い椅子のエリア)
※講師の方は対面会場にいらっしゃいます。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、参加可能人数を38名とします。
<オンライン> Zoom 
※ご自宅等での参加が可能です。
※企画のZoom URL等の詳細は、企画の前日にmanaba+R「お知らせ」カテゴリ「学生生活・課外活動」にてご案内します。必ずmanabaのお知らせを確認してください。

【企画の申込】※締切を延長しました

本企画は事前申込制です。下記からお申込みください。(※Google Formへつながります)
※お申し込みは学内構成員に限ります。
<申込期間> 2022年6月10日(金)~2022年6月24日(金)12:00

<事前申込はこちら>
 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdy1MqFPll2fDnuiVWUtqv8y5R77EhfFW1O61LcbVGhX0Ts5A/viewform?usp=sf_link

【関連企画:図書館×生協食堂コラボメニューについて】

6月20日(月)から、衣笠キャンパス存心館食堂の夕食メニューに本企画とのコラボメニュー「さっぱり蒸し鶏ゴマサラダうどん」が登場!本講演会にて教えていただく栄養学に基づいたメニューを考案していただきましたので、是非ご賞味ください。

*コラボメニューについてはこちら  

【関連リンク】

2022年度・衣笠ぴあら講演会企画のお知らせ

以上

【開催報告】衣笠学生ライブラリースタッフ主催 新入生歓迎企画「衣笠 図書館祭2022春」
2022年6月3日 衣笠

【開催期間】

2022年4月1日~5月31日まで(展示は5月1日まで)

【開催場所】

平井嘉一郎記念図書館1階ギャラリー・ぴあら前特設コーナー

【開催内容】

 上記期間・場所において、衣笠学生ライブラリースタッフ(LS)が新入生歓迎企画「衣笠図書館祭2022春」を開催しました。同時期に各学部の新入生対象図書館ツアーが多く実施された事もあり、多くの新入生がギャラリーに立ち寄り展示を楽しむ姿、真剣に見る姿が見られました。アンケートの結果では、企画満足度・理解度が共に高く、「凄く分かりやすくて楽しかった!」「こんな方をぴあら講演会の講師に招いてほしい」「次回のブラインドブックではこの点を改善してみては?」と今後の企画への期待が多く、LSもその声を受けて次の企画を準備中です。ぜひお楽しみにしてください。
 2か月間実施したブラインドブック「街・まち・マチ~本と巡る教養の旅~」については、衣笠でこれまで実施してきたブラインドブック企画において過去最高の貸出結果となりました。期間中複数回貸出可能だった事もあり、50冊中41冊が全80回貸出され、52名の方にご利用頂きました。数字の通り、複数冊をまとめて借りられる方も多く、新たな図書との出会いを楽しんで頂けたなら幸いです。今後は1階特集コーナーで本企画を振り返る図書紹介、秋学期にもブラインドブックの開催を検討中です。学生目線でこれからも図書と利用者の皆さんを繋ぐ機会を提供していきますので、ご期待ください。

2022年度 春学期・図書館データベースガイダンスのお知らせ
2022年5月26日

図書館のデータベースを知っていますか?
データベースとは、統計、企業情報、新聞記事、論文、図書など、一定の形式で整理・蓄積されたデータの中から必要な情報を簡単に検索することができる便利なツールです。
立命館大学図書館にはレポート作成や論文執筆、就職活動に役立つデータベースがたくさんあります。
データベースガイダンスでは、特に専門性が高く、多様な活用ができるデータベースについて、外部の講師を招き、使い方や活用方法をわかりやすく解説します。
大学での学びや課外活動を効率的に進めるためにも、データベースの活用方法を習得しましょう!
ぜひお気軽にご参加ください。

【開催日時・場所】 ポスターをクリックすると、詳細情報に繋がります。



【お申込方法】
下記リンク先のフォームからお申し込みください。
https://forms.office.com/r/1HSM7PgEgY

※申込方法やガイダンス内容の詳細は上のポスターをクリックしてご確認ください。
※対象は学内者(学生、院生、教職員)のみとなります。
※申込の受付は【日経NEEDS 】2022年6月2日(木)16:00、【eol】2022年6月9日(木) 16:00、【CAS SciFinder-n 】2022年6月22日(水) 23:59、で終了します。

以上

【開催報告】OIC学生ライブラリースタッフ主催:青空読書イベント
2022年5月19日 OIC

OICライブラリーでは以下のイベントを開催しました。

【参加人数】

2日間合計45名

【内容】

2022年5月10日・11日の3限目・4限目に、OICライブラリー5階のガーデンライブラリーにて、
屋上の開放感を味わいながら読書を楽しめる「青空読書」を開催しました。
1回生から4回生の学生はもちろん、大学院生や教員の方にも参加いただくことができました。
(当初開催を予定していた12日・13日は、雨天のため中止)
参加いただいた方からは、「開放感があった」「気持ちよく読書ができた」など満足度の高い声をいただきました!
中には、少し暑かったため5限目に開放してほしいという声もありました。
みなさんからのご意見は、次回の企画につなげていきたいと思います。
ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!


OIC学生ライブラリースタッフ主催「青空読書」開催のお知らせ
2022年5月2日 OIC

 青空の下で読書を楽しみませんか? OICライブラリーの5階「ガーデンライブラリー」は普段は利用することができないのですが、期間限定で開放し学生ライブラリースタッフ主催で「青空読書」企画を開催します。リラックスしながら読書を楽しめるこの機会をお見逃しなく。(昨年の様子は、こちら


  • 開催日程:2022年5月10日(火)-13日(金)   ※雨天中止
  • 開催時間:13:00~14:30(3限),14:40~16:10 (4限)
  • 場  所:立命館大学大阪いばらきキャンパスOICライブラリー5F
    ※ アクセス:B棟2階OICライブラリー入館ゲートを入り、館内エレベーター(階段)で5階までお上がりください。
  • 参加方法:予約不要
  • 対  象:本学学生
以下、留意事項になります。ご確認ください。
※ 感染拡大予防のため、大学と図書館が定めたルールを順守してください。
※ 蓋つき飲み物のみご持参いただけます。
※ 満席の場合お待ちいただくことがあります。
※ 14:30~14:40はスタッフ交代のため閉室します。
※ 学生ライブラリースタッフが、青空読書用に選書した図書を揃えてお待ちしています。
 (ご自身の本を持参いただくことも可能です。)

BKC学生ライブラリースタッフ謎解き企画 「図書館×謎解き ~ やせい の よむりす が しょうぶ を しかけてきた! ~」開催のお知らせ
2022年4月7日 BKC

 びわこ・くさつキャンパスのメディアセンター・メディアライブラリーにおいて、学生ライブラリースタッフ主催企画「図書館×謎解き ~やせいのよむりすがしょうぶをしかけてきた!~」を開催いたします。
 昨年好評だった謎解き企画が、レベルアップして今年も登場しました!クイズを解きながら図書館内をめぐるという体感型イベントに参加して図書館と仲良くなりませんか。みなさんの参加をお待ちしています。


  • 〔日時〕
    2022年4月6日(水)~5月31日(火)
  • 〔対象〕
    全回生
  • 〔内容〕
    各館内、manaba+R、図書館HP等の企画案内ポスターに載っている問題からスタートし、各館に設置している問題へとチャレンジしてください。
    (メディアセンターとメディアライブラリーで異なる問題を用意しています。是非この機会に2つの図書館を巡ってみましょう。)
  • 〔場所〕
    メディアセンター、メディアライブラリー
  • 〔景品〕
    ゴールされた方に、もれなく図書館公式キャラクター「よむりす」のグッズをプレゼントします。
    *無くなり次第終了となります(非売品)。

OIC・新入生応援企画『OIC・LS主催「ともに学ぼう!検索トレーニングルーム! -Search Engine Commons」定期開催のお知らせ』
2022年3月22日 OIC

 「授業の先生から、「論文を読みなさい」と課題が出たとき悩む」「レポート作成の時にどういった先行文献を探せばよいかわからない」「過去の統計データなどを見つけたいけど、うまくデータを探せない」など、図書や論文、データの探し方について、わからない方を対象に、OIC学生ライブラリースタッフ(通称LS)が、在学生の図書館利用に関する質問やお困りごとに寄り添い、ともに解決していく取組を、定期的にOICライブラリーのぴあら内で開催します。
 立命館大学図書館にはレポート作成や論文執筆、就職活動に役立つデータベースがたくさんあります。大学での学びを効率的に進めていくためにも、図書館の情報を活用する方法をピア・サポーターであるLSとともに習得しておきましょう!
 詳細は以下の通りです。予約不要ですので、いつでも気軽にご来場ください。


  • 【開催日時・場所】 
    期間;2022年5月16日(月)~2022年7月15日(金)中の(月)・(水)・(金)
    時間;14時40分~16時10分(4限目)
    場所;OICライブラリー 2階「ぴあら」内 セミナールーム1
    ※学園のBCPレベルに応じて変更が生じる可能性があります。変更が生じる場合は図書館HPやmanaba+Rのお知らせで告知します。

  • 【参加対象】
    ・いざというときに図書館を効率的に使えるようにしておきたいと考えるすべての在学生
    ・図書館の使い方(文献、論文の探し方)に不安がある新入生
    ・実際に検索実習を体験したい在学生

  • 【参加方法】
    予約不要です。上記期間内の開催日時に、OICライブラリーぴあらにお越しください。
    ※学生証(図書館の入館に必要)、筆記具、ご自分のデバイス(スマホ・PC等)をご持参いただくとスムーズです。

【開催報告】映像学部連携シアタールーム企画「第1回映像学部作品上映会」
2022年2月7日 衣笠

【タイトル】

映像学部連携シアタールーム企画「第1回映像学部作品上映会」

【開催日】

2021年11月8日(月)~11月12日(金)

【開催時間】

11:00~19:00の間に、3作品(計約30分)を繰り返し上映。
※11月10日(水)のみ、11:00~14:00、17:00~19:00に開催。

【場所】

衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館
1階 シアタールーム

【内容】

 本企画は、コロナ禍でその存在があまり知られていない平井嘉一郎記念図書館のシアタールームを広く利用者に周知すること、また映像学部生への学習支援と図書館利用者同士の学び合いの機会提供を目的に開催しました。期間中は映像学部生への公募で集まった3作品(すべて授業内制作作品)を繰り返し上映し、20名以上の方にご来場いただきました。



【開催報告】12月ぴあら講演会「ぶらり歴史探訪 秘められた衣笠の謎」
2021年12月15日 衣笠

【タイトル】

2021年12月ぴあら講演会「ぶらり歴史探訪 秘められた衣笠の謎」

【開催日】

2021年12月2日(木) 16:30~18:00

【場所】

衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館ぴあら、オンライン(Zoom)※ハイブリッド形式

【参加人数】

18名

【内容】

 この企画は、コロナ禍で約1年半キャンパスに足を運ぶことができなかった学生たちに、衣笠周辺地域の魅力を知ってもらい地域への愛着を持ってほしいという衣笠学生ライブラリースタッフの思いから生まれました。講師には京都の魅力を広く深く発信している「株式会社らくたび」から、若村亮さん(本学理工学部OB)を講師にお招きし、衣笠地域の歴史的・文化的スポットの紹介やそこに隠された謎について、クイズを交えた講演をいただきました。クイズは全10問・4択式で以下のような内容が出題され、若村先生のユーモアと知識あふれる解説でその謎が解き明かされました。(一部抜粋、詳しくは動画をご覧ください!)

  • 地名「 衣笠 」は、第59代・宇多天皇がふっとつぶやいたどのような“ ひと言 ”に由来して名付けられたと伝わる地名か。
  • 「 鹿苑寺( 通称:金閣寺 ) 」の「 金閣 」は、昭和大修復( 昭和61年~62年 )に置いて金箔の貼り替えが行われたが、何枚くらいの金箔が使用されたか。
  • 足利家の菩提を弔う「 等持院 」の寺名は、室町幕府の歴代将軍のうち、誰の法名( 戒名 )に由来しているか。
  • 菅原道真公を祭神に祀る「 北野天満宮 」では、学問成就のご利益のほかに、どのようなご利益を授かることができると伝えられているか。
 また企画の最後には『なぜ、「京都」は千年以上の長きに渡り、「都」として繁栄することができたのか』をテーマに、参加者たちが回生や学部を越えてグループディスカッションを行いました。参加者からは「知っていそうで知らなったことを学べてよかった」という声を多数いただき、衣笠の持つ歴史の奥深さに魅了され、すぐ誰かに話したくなるような、またもっと調べてみよう思える、知的好奇心を刺激される企画となりました。
 本企画は対面とオンライン(Zoom)のハイブリッド形式で開催し、オンライン投票の様子を対面会場のスクリーンに投影しながら進行することで、双方の参加者が一体感を持って参加いただける形となったと思います。次年度もコロナ情勢に応じた最適なかたちでぴあら講演会を開催していきます。ぜひお楽しみに!

当日の動画と講師の若村さん・学生ライブラリースタッフからのお薦め本について下記にて公開します。
●当日動画は ※講演は「1分9秒」からです。
●講師・学生ライブラリースタッフお薦め本は<こちら>

【開催報告】OIC・LS主催ぴあらトーク 「大学生活充実のタネを図書館で見つけよう~“今やること”を考える60分~ 第2回 なりたい自分から逆算して考えよう!」
2021年12月14日 OIC

「大学生活充実のタネを図書館で見つけよう~“今やること”を考える60分~ 第2回 なりたい自分から逆算して考えよう!」を開催しました!

【開催日】

2021年11月26日(金)16:20~17:30

【場所】

オンライン(Zoom)

【参加人数】

12名

【内容】

 政策科学部4回生の先輩、石黒さんから「なりたい自分から逆算して考えよう!」をテーマに学生生活の過ごし方についてお話しいただきました!
 企画の前半では、考え方を変えたTEDTalkとの出会い、将来について具体的に考えることの重要性、強みを伸ばすだけでなく弱みを克服するために行動することの大切さ、大きな挫折を経験したときの心境など、自身の行動と思考プロセスについてお話しくださいました。コロナ禍で他者との接点を得にくい中、ロールモデルと出会うことができる貴重な機会となりました。
 企画の後半では、「1回生のうちからやっておいてよかったことは何ですか?」など、これからの学生生活の過ごし方についての質問が数多く寄せられ、その1つ1つに分かりやすくお答えいただきました。石黒さんのお話を通して、将来に向けてやるべきことのヒントが見つかれば幸いです。ご参加いただいた皆さん、ご登壇いただいた石黒さん、本当にありがとうございました!



当日の様子※閲覧にはRAINBOW IDとパスワードが必要です。



【開催報告】11月ぴあら講演会「あなたが知らない筋トレと栄養学の世界」
2021年12月13日 衣笠

2021年11月ぴあら講演会「あなたが知らない筋トレと栄養学の世界」

【開催日】

2021年11月26日(金) 16:30~17:30

【場所】

オンライン(zoom)、衣笠キャンパス 平井嘉一郎記念図書館ぴあらにてオンライン配信

【参加人数】

29名

【内容】

 この企画は、新型コロナウイルス流行下の自粛生活において運動不足や不健康な生活を送っている学生に対し、健康的な身体づくりについて考えるきっかけを提供したいという、衣笠キャンパスの学生ライブラリースタッフの思いから生まれました。講師には、本学スポーツ健康科学部・教授の藤田聡先生と、本学総合科学技術研究機構・専門研究員の鳥取伸彬さんをお招きし、健康的な身体づくりについて、筋力面と栄養面の2つの視点から講演いただきました。また企画の後半では、自宅でも簡単にできる筋力トレーニングの実演も行っていただきました。
 コロナ禍で歩数が減るだけでも筋肉量が低下する事や、それに伴うリスク、筋肉量を増やし維持する事のメリットについて、様々なデータを元に分かりやすく説明頂きました。また、筋肉を合成する為に必要なたんぱく質の重要性と、大学生でもたんぱく質が不足すると筋肉減少のリスクが高いとの事から朝ごはんを食べる必要性と、たんぱく質をとる為の食堂でのメニューの選び方をクイズ形式で理解を深める事ができました。
 また、後半のトレーニングについては、筋トレ初心者でも今すぐ始められるよう、自宅でもできる範囲で、自重を使ってのトレーニング方法をレクチャーいただきました。効果的な筋トレのポイントは「負荷重量ではなく仕事量」であり、軽い負荷の運動を日常に取り込む事が大切との事です。学習の合間に「これならできそう!」という椅子を使った体幹や下半身の筋肉を鍛える真似しやすいトレーニングを沢山実演頂きました。
 質疑応答ではマニアックな質問も沢山飛び交い、講演後まで盛り上がりました。たんぱく質を意識して三食しっかり食べ(特に朝ごはん!)、日常に筋トレを取り入れる生活をぜひ実践してみてください。当日の動画と藤田先生からのお薦め本について下記にて公開します。(動画の公開は期間限定:公開終了日:2022年8月1日15:00まで)
 ぜひご覧いただき、日々の筋力づくりのモチベーションを高めていただけるとスタッフ一同大変嬉しく思います。

●当日動画はこちら<終了>
※RAINOBOW ID・PWでログインしてください。学内構成員のみご覧いただけます。
※動画において、講演は「1分19秒」から、運動指導は「41分41秒」からです。

●教員からのお薦め本は<こちら>