目指す教員像 ‐TEACHERS IMAGES‐

ニュース
トピックス

‐NEWS / TOPICS‐

TOPIC

コロナ禍の教育研究のグッドプラクティス「立命館大学Challenging Practice 2020」に教職研究科の取組3件が選ばれました!

2020年度のコロナ禍においては、大学における教育研究活動も困難な状況となりました。先の見通せない困難な状況でありながらも使命を継続するため、全教職員が真摯に向き合い、努⼒を重ねた1年でもありました。このような未曽有のコロナ禍のなか、取り組まれた事柄には、ウィズコロナ、アフターコロナにつながる共有すべき優れた実践が数多くありました。

そこで立命館大学は、将来的な教育・研究・行政・社会貢献の更なる発展、向上を目指し、共有知として教訓化していくために、多くの先生方のたゆまぬ努力を全学から集約しました。推薦された取り組みは「全学的視点からの教育研究行政等の評価・報奨」として13件、さらに「教育、研究、社会貢献等におけるグッドプラクティス」として56件、併せて69件に上りました。

『立命館大学Challenging Practice 2020』 ホームページはこちら

http://www.ritsumei.ac.jp/hr/r-cp/

 

教職研究科においても、すべての教職員が一丸となり取り組んだ事例から、3件が選ばれましたので、ご紹介いたします。


≪教職研究科のChallenging Practice 2020 3件≫

1. コロナ禍における院生の実習指導の充実

               小松 茂(准教授・教職研究科)

               伊藤陽一(准教授・教職研究科)

               加藤敦史(准教授・教職研究科)

               後藤文男(准教授・教職研究科)

               澤由紀子(准教授・教職研究科)

               田中 博(准教授・教職研究科)

      菱田準子(教授・教職研究科)

 

2. オンライン授業への円滑な転換支援と教員研修の充実

               田中 博(准教授・教職研究科)

 

3. 現職教員に対するオンライン研修の充実

              小松 茂(准教授・教職研究科)