Study Abroad Program(オーストラリア)

Study Abroad Program

サザンクイーンズランド大学(オーストラリア)

プログラムの概要

本プログラムは、産業社会学部英語副専攻の科目の一つである海外研修プログラムで、オーストラリア、サザンクィーンズランド大学における5週間の夏期集中研修と、事前授業、事後授業からなります。目的は、学部の専門分野と関連した知識を英語で学ぶとともに、英語の運用能力を高め、専門領域でも役立つ英語運用能力の習得をめざすことです。また、多文化社会に触れることで、学部の専門分野の知見を広めることも目的の一つです。プログラム期間中はオーストラリアの家庭にホームステイし、英語によるコミュニケーション能力を育成するとともに、オーストラリアの文化や暮らしを実体験します。

渡航先での特徴的な学び・プログラム

  1. 現地の講義は、オーストラリアの歴史、文化、社会、福祉政策、移民政策、多文化社会における文化的問題を扱い、学生は上記のトピックについて各種の課題に取組みます。また、学生が自身の学問的興味からテーマを選んで調査し(過去の例: "Aged Care in Australia," "AIS – how Australia develops elite sportspeople," "A Comparison of Movie & TV Rating Systems in Japan & Australia")、その結果をレポートにまとめ、プレゼンテーションを行います。
  2. 現地では教室での講義の他にフィールドトリップも授業の一環です。さまざまな福祉施設や学校、ボランティア団体、放送局などを訪問し、関係者と交流しながらボランティア活動をするなど、実習体験をします。
  3. 現地に滞在中は、オーストラリアの家庭にホームステイし、英語のスキルを育成するとともに、オーストラリアの文化や暮らしを実体験します。日本語の助けのない環境に身をおくことで、英語によるコミュニケーション運用能力を身につけます。
  4. 出発前(春学期)は、事前授業で現地での研修を効果的に進めるために、英語学習と異文化対応の準備や、現地のスタッフとのテレビ会議を実施します。また帰国後の秋学期には、現地での研修を振り返り、研修の成果としてのレポートや研修内容を英語で報告書やポスターにまとめます。
  • プレゼンテーションの風景
    プレゼンテーションの風景
  • フィールドトリップの1場面(TV局)
    フィールドトリップの1場面(TV局)
  • ホームステイ先のホストファミリーとの1コマ
    ホームステイ先のホストファミリーとの1コマ
  • 研修成果を産業社会学部の学部棟内へ掲示しました
    研修成果を産業社会学部の学部棟内へ掲示しました

教員メッセージ

国際的に活躍することと英語を使える事は切っても切り離せません。就職では英語運用能力の高い人材を求める企業も多いようです。英語圏への留学を将来考えているならば当然英語をある程度話せることが求められます。産業社会学部英語副専攻は、英会話スクールや語学留学とは違って、英語を学問的かつ実践的に学ぶプログラムです。つまり、社会学に関する内容を英語で学び、自らの学問的興味を英語で追求し、レポートやプレゼンテーションで発信する訓練をします。このStudy Abroad Programでは、これらのことを英語圏の文化に直接触れながら深めます。更にホームステイを通して日常的な英語表現も学び、英語でのコミュニケーション力を伸ばします。これらは実はやってみると難しいことかもしれませんが、挑戦してみたいと思いませんか。

前田孟宏
voice#1

前田孟宏
(現代社会専攻・3回生)

プログラムを選んだ理由

オーストラリアの社会・歴史・文化など、英語を通して異文化理解を進めたかったから。
理由は産業社会学部で社会学を学ぶにつれ、日本とは異なる社会に興味を持ち、幅広い考え方を学びたかったためです。また英語副専攻で英語を週3回学んでいるので、さらに実践的な英語の力をつけたかったからです。

プログラムを通して学んだこと

今回のプログラムでは小学校訪問・高齢者福祉センター・地域の福祉センター・放送局など、たくさんの場所へフィールドワークを通して訪れました。オーストラリアの福祉や現代社会の問題を中心に学んだことで、日本の現状を客観視できるようになりました。僕は特に日本とオーストラリアの年金制度をテーマに調査し、それぞれの特徴や違いを学びました。

プログラム参加前と参加後で自身の考え方・行動がどのように変化したか

参加前は、日本の習慣・文化が当たり前と気がつかずに生活していました。この留学を通して語学力はもちろん、異文化を肌で経験することにより自分とは価値・考え方が違う人やものにも考えて対応する能力がついたと思います。

プログラムでの経験を今後どのように活かしていきたいか、進路予定

プログラムを通して、グローバルな視点・価値観の大切さを実感じました。同時にそれは教科書からはなかなか学習できないとも分かりました。もっと異文化理解を進めたいと思い、今後はイギリスに留学しようと思います。日本・オーストラリアとは更に異なる異文化について、英語を通して学びたいです。


川本晴香
voice#2

川本晴香
(現代社会専攻・3回生)

プログラムを選んだ理由

ホームステイの環境でより英語と密接にかかわることができると思ったから。
英語だけの世界に身を置くことでより主体的に英語を学べると思い、このSAPを選んだ。ホストファミリーと一緒に暮らすことで直接的に文化の違いを感じ、理解することもできた。ホストファミリーと過ごした時間は結果的にとてもかけがえのない素敵な時間となった。

プログラムを通して学んだこと

1ヶ月という限られた時間が私にはちょうど良く、決して一人ではなく友人との絆を深めながら快適な環境で英語を学ぶことができたのはとても良い経験となった。今までは英語を話すことに恥じらいを感じていた私も、自信を持って身振り手振りや自分の知っている単語を使いながらコミュニケーションをとることができるようになった。

プログラム参加前と参加後で自身の考え方・行動がどのように変化したか

英語を話すことへの抵抗がなくなり、積極的に英語を話せるようになり自信がついた。文化の違いを直に感じしっかり受け入れて理解できた。当初は不安しか感じていなかったけれど、ある程度余裕もでてきて海外での貴重な生活を存分に楽しんだ。

プログラムでの経験を今後どのように活かしていきたいか、進路予定

今回のSAPを通してもっと英語が好きになったので将来の仕事を考えるうえで、英語を使う職業も候補として探すようになった。海外に旅行した際にも買い物や日常会話には困らないと思うので、今まで以上に楽しめるのではないかなと思う。



産業社会学部のおすすめコンテンツ