学部長挨拶

社会学をベースに、グローバルに展開する社会の問題を解明します

未来の社会を構想し、働きかけていこう

新型感染症の大流行や紛争の発生が社会のあらゆる領域に甚大な影響を及ぼすなかで、この危機をいかに乗り越えていくか、今こそ私たちの英知が問われています。産業社会学部は1965年の創設以来、現代的な諸問題を具体的に解明し、総合的に分析することを目指してきました。本学部では、社会学を中心に、政治・経済・文化・教育・心理・社会福祉など多様な学問分野の理論と実践を学ぶことができます。いま社会で起きていることを観察し、体験し、分析することを通じて、社会的課題を多面的に捉える目と解決する力を培ってほしい。それが、これからの時代を生き延びる力に繋がると考えています。新たな社会のあり方をともに構想し、社会に発信していきましょう。


産業社会学部のおすすめコンテンツ