立命館アカデミックセンター

対面講義

おとなの学び舎'19夏 復活する日本の手仕事に必要なこと

おとなの学び舎'19夏 復活する日本の手仕事に必要なこと
講義名
おとなの学び舎'19夏 復活する日本の手仕事に必要なこと
講 師
前﨑 信也 京都女子大学家政学部生活造形学科准教授/立命館大学アート・リサーチセンター客員協力研究員                            
講義紹介

復活する日本の手仕事に必要なこと       

2015年からインターネット上の文化発信サイトGoogle Arts and Cultureのテーマ展示「Made in Japan:日本の匠」のコンテンツ制作を行っています。衰退を続けているとされる日本の手仕事ですが、100を超える全国の産地の紹介サイトを作る中で、いくつもの成功例の存在を知りました。その経験から今後の日本の手仕事に必要なことについてお話しします。


講師: 前﨑 信也 京都女子大学家政学部生活造形学科准教授/立命館大学アート・リサーチセンター客員協力研究員                      

講座: 全1回                               

時間: 14:00~15:40                                                                          


全1回: 8月30日(金) 復活する日本の手仕事に必要なこと →お申込を締切りました。                                    


定員は100名です。       

各回とも定員になり次第、お申込を締め切ります。               


<お問合せ先>

立命館アカデミックセンター事務局            

電話:06-6360-4804 (平日10:00~17:00)

E-mail:acr02@st.ritsumei.ac.jp

対 象
どなたでもお申込みいただけます。
開講期間/開講日
2019年8月30日(金) 詳しくは総合案内をご覧ください。
講義開催場所
立命館 大阪梅田キャンパス ※詳しくは外部サイト欄をご覧ください。
定 員
各回100名
申込締切
講座紹介欄をご覧ください。
受講料
受講料(1回あたり): 1,700円  ※インターネット申込のお支払は、クレジットカード払いのみとなります。詳細は添付の総合案内をご覧ください。
関連ファイル
総合案内
受付は終了しました。