2012年度の取り組み

海外提携校とのTV会議システムによる合同授業

2012年度前期セメスターでは韓国・中央大学、イギリス・ランカスター大学、ウォーリック大学等と連携して、TV会議システムを通じ、全15回の授業を行いました。

2012年度GP講義実施概要
Gender and Poverty: The Feminization of Poverty in Japan Ritsumeikan University Japan Family and Work in the Era of Globalization Women across Borders: Marriage Migration and Trafficking
University Date Lecturer Topics
Ritsumeikan University Japan 6 April 2012 (Fri)
18:00~19:30
Prof. Takayuki Yamashita GP Orientation
The University of Warwick England 10 April 2012 (Tue)
18:30~20:00
Prof. Steve Fuller Karl Popper and Thomas Kuhn: Do the differences between their views of science make a difference today
Ritsumeikan University Japan 24 April 2012 (Tue)
18:15~19:45
Prof. Takeshi Shinoda A New Model of Society against Neo-Liberalism- Toward the Society with many Possibilites for Life Choice and based on Solidarity -
Lancaster University England 1 May 2012 (Tue)
18:30~20:00
Dr. Chris Grover Thinking about Welfare Regimes: Three Worlds of Welfare Capitalism?
8 May 2012 (Tue)
18:30~20:00
Prof. Bob Jessop From the Keynesian Welfare National State to the Schumpeterian Workfare Postnational regime
15 May 2012 (Tue)
18:30~20:00
Dr. Sue Penna Globalization and Neo-liberalism
Ritsumeikan University Japan 22 May 2012 (Tue)
18:15~19:45
Dr. Satomi Maruyama Gender and Poverty: The Feminization of Poverty in Japan
29 May 2012 (Tue)
18:15~19:45
Prof. Ryozo Matsuda Analyzing Social Policy: the Case of Health Policy
Chung-Ang University Korea 5 June 2012 (Tue)
18:15~19:45
Prof.Kwang-Yeong Shin Social Change and New Social Risks in South Korea
12 June 2012 (Tue)
18:15~19:45
Dr. Eun-Woo Joo Capitalism and the cultural changes in South Korean Society
19 June 2012(Tue)
18:15~19:45
Dr.Na-Young Lee Women across Borders: Marriage Migration and Trafficking
26 June 2012 (Tue)
18:15~19:45
Prof.Seung-Wook Baek East Asia in the World Systematic Changes
Kyoto Koka Women's University Japan 3 July 2012 (Tue)
18:15~19:45
Dr. Carolyn Wright Gender and Welfare Policies: The Case of One-parent Families
University of Toronto Canada 10 July 2012 (Tue)
18:15~19:45
Prof. Eric Fong Globalization and Ethnic Businesses
The University of Warwick England 13 July 2012 (Fri)
18:15~19:45
Prof.Robert Fine Taking Politics Seriously: The Contribution of Hannah Arendt to Sociological Thinking
17 July 2012 (Thu)
18:15~19:45
Prof.Robert Fine Totalitarianism and the Modern Age: Revisiting Hannah Arendt's Origins of Totalitarianism

2011年度 日韓国際比較調査

GPプログラムでは韓国・中央大学社会学科の大学院生たちと共に、日韓国際比較調査、実地調査(in 日本 or 韓国)及び、年度終了時には社会学研究科GP日韓比較調査報告会が行われます。

本プログラムでは2010年以来、韓国・中央大学校大学院社会学科と共同で、日本・韓国両国の首都圏に在住する若年層を対象にしたインターネットによる調査を毎年実施しています。
2011年は日韓各1,000人を対象に、働き方や暮らし、ジェンダー、福祉政策、健康、社会観などのトピックについて調査を行いました。その結果の一部をここに示します。

Men's Participation of House
男性回答者本人、女性回答者の配偶者について、各家事項目を「ほぼ週1回(About once a week)」以上行っていると回答した人の比率

Social Values: There are many opportunities for younger people
2011年7月から8月にかけて、日本(東京)・韓国(ソウル)に在住する20代から40代の男女を対象に実施。調査は日韓それぞれでインターネット調査会社に委託しており、対象者は調査会社が保有するアクセス・パネルへの登録者から、東京・ソウルの性別・年代別人口分布に基づく割当法により抽出した。計画標本数は日韓各1,000人で、回答者数は日本1,071人、韓国1,000人。

2011年度 実地調査

実地調査では大阪・釜ヶ崎地域の日雇い労働者、失業者、ホームレスの実情を学ぶため、「釜ヶ崎のまちスタディツァー」に参加し、あいりん労働福祉センター及び、シェルター、ふるさとの家(単身高齢者たちが集う場)、炊き出しが行われる四角公園、三角公園などを訪問しました。