海外留学プログラムの紹介
立命館・マラ工科大学
「東南アジアで学ぶ多文化共生とダイバーシティ」プログラム

  1. ホーム
  2. 海外留学プログラムの紹介
  3. 全学募集プログラム
  4. モチベーション向上型
  5. 立命館・マラ工科大学 「東南アジアで学ぶ多文化共生とダイバーシティ」プログラム

プログラムの特徴

  • 夏期出発

本プログラムは、複数の文化や民族が共存する多文化・民族共生の東南アジアで、そのダイバーシティやダイナミズムを肌で感じ、この地域や国が抱える諸問題を文化、社会、人種、歴史、経済など様々な観点からアプローチし、解決策を考察することをテーマとしたプログラムです。
東南アジアを代表するマレーシアのマラ工科大学(Universiti Teknologi Mara、以下UiTM)に半年間留学します。本プログラムでは、テーマにもとづいた専門的なクラスを現地の学生と一緒に受講するとともに、テーマに関して十分に理解し、自身の考察をアウトプットすることができる英語力の習得を目指します。
また、皆さんの興味関心に応じて、本学が提供または指定するクラスの他に、UiTMが開講している正規科目を受講することができます。現地滞在中は、UiTMの国際寮に他の留学生とともに生活します。現地大学生との交流や他の留学生との共同生活を通して、現地の生活習慣や文化などを学ぶこともできます。
日本とは大きく異なった多文化・多民族共生の世界で、ダイバーシティを的確にとらえ、皆さんがその世界の中で活躍するための力を身につけることを目的としています。

派遣先機関・都市の概要

マラ工科大学(マレーシア)
マラ工科大学は1956年に創設され、マレーシア全土にキャンパスをもつ国内最大規模の国立大学です。2017年には、SETARAレーティング(マレーシアの公的機関MQAが実施する大学調査評価(6段階評価))で5つ星評価を受けており質の高い教学プログラムを提供しています。第3言語として日本語を履修する学生がセメスターあたり約3,000人もいることから、日本に興味関心を持つ現地学生が多いことも特徴です。

受講科目

Regional Anatomy (現地科目名:CTU 551 Islam & Asian Civilizations)
マレーシア、イスラム、インドなどのアジア圏の文明について、それぞれの文明が持つ知恵や技術などの基礎的な知識から現代社会においてこれらの文明が抱える諸問題まで、様々なトピックについて考察します。
文化や文明に対して、多様なものの見方・考え方を身に付け、現地の文化、習慣、価値観に対する洞察力を養います。
Global Issues and Perspectives (現地科目名:EPC 510 Cross Cultural Interaction)
異文化間のコミュニケーションを通して、個々人の文化的背景に根付いたコミュニケーションパターンや文化との関連性について学習します。
文化的な思考、コミュニケーション、態度などについて、社会言語学分野から学びを深めます。
Academic English Skills (現地科目名:ALS 440 Writing for Academic Purposes)
アカデミックライティングの技法を学び、様々なトピックのエッセイにも対応でき、しっかりと自身の考えや意見を、根拠にもとづいて主張できるライティング技能を身につけます。

〈以下、どちらか1科目を選択して受講〉

English as Second Language(現地科目名:ALS 455 Language and Society)
社会の中で「言語」がどのような役割を担っているか学びます。
English Language Skills and Competencies(現地科目名:EPC 460 Language and Communication)
英語を活用したコミュニケーション能力を向上させます。
コミュニケーションが与える自身/他者への影響やインパクトについて理解を深めます。

こんな人におススメ!

  • 東南アジアの多文化・多民族共生に興味関心がある方。
  • 多文化共生のダイバーシティを肌で感じてみたい方。
  • マレーシアの大学の学生とともに学習、生活したい人。
  • 海外の大学が開講する正規科目の履修にチャレンジしたい人。
プログラム実施時期 1セメスター(8月下旬~1月上旬の約4ヶ月)
滞在形態
募集人数 / 応募資格 20 名 /
学部1~4回生(理工学部、情報理工学部、薬学部、スポーツ健康科学部、食マネジメント学部は除く) ※1/
TOEFLITP®テスト450(TOFELiBT®テスト45)点以上、またはTOEIC®L&Rテスト(IPテストでも可)500点以上、またはIELTS4.5以上。
VELCまたはCASECで応募する場合は、スコアレポート記載のTOEIC®予測(目安)スコアが500点以上であること。
要項配布 / 募集時期 3月下旬 / 5月上旬
開講期間・単位 秋学期開講科目・12 単位※2
プログラム期間中の学籍 2019年度春学期:在学 2019年度秋学期:留学
費用 約73万円※3
奨学金 海外留学チャレンジ奨学金2019年度予定25万円
帰国報告書 2019年度プログラムチラシ
2019年度現地スケジュール・参加報告書2018年度(学内専用)
  • ※1 経済学部、生命科学部は、1~3回生のみ応募可。
    国際関係学部、経営学部は、2~4回生のみ応募可。
    文学部は、1~2回生のみ応募可。
  • ※2 本学が提供または指定している科目の他に、現地大学が開講する正規科目を履修し単位を修得した場合は、この限りではありません。
  • ※3 本学が提供または指定している科目の他に、現地大学の正規科目を履修する場合は、別途科目ごとに費用がかかります。