News & Event

News & Event

最新のお知らせ

2022.08.23

博士課程前期課程2回生のWU Dongjian(呉東鍵)さんと澤口 学教授・品川 啓介教授(福岡女子大学)との共著論文が日本経営システム学会の学生研究発表優秀賞を受賞されました

当研究科博士課程前期課程2回生のWU Dongjian(呉東鍵)さん(澤口研究室所属)と澤口 学教授・品川 啓介教授(福岡女子大学)との共著論文が日本経営システム学会の学生研究発表優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。

受賞論文:「EUVL装置製造企業ASMLのオープンイノベーションの特徴研究」

WU Dongjian(呉東鍵)さん・澤口 学教授・品川 啓介教授
  

2022.08.03

"ものづくりプロセス"のフィールドワーク
ー株式会社資生堂 大阪茨木工場の見学に行ってきました。

 製品生産と物流を担うサプライチェーンの拠点として、株式会社資生堂の大阪茨木工場が2020年12月に竣工されました。今回、MOTのフィールドワークとして、ものづくりの実践的考え方や手法を学びに、7月14日、28日に株式会社資生堂 大阪茨木工場資生堂ビューティーサイトにお邪魔しました。

阪急茨木市駅から見学専用のバスで約30分。田中邦明教授と院生十数名で、いざ最新鋭の工場へ!

  

スタンプラリーをしながら、資生堂のご担当者さまに工場内をご案内いただきました。
 

 工場内では、フロアを越え、建物間をまたぎ、倉庫に至る配送網が敷かれていました。原料を混合する製造釜はフロアを貫く大きさで、自動倉庫は奈良の大仏が12体入るとのこと。写真でお見せできないことが残念ですが、化粧品が、原料から、製品となり、梱包されるまで姿を変えながら文字どおり縦横無尽に、配送される景色に圧倒されました。

我らMOTの一団も、縦横に移動しました。               マテリアルハウス
  

資生堂ミュージアム                          ビューティーマルシェ
 

 一方で、院生の注目を集めたのが、現場で働く多くの人の手による作業です。人による作業工程では、人間の五感で品質を判定する官能検査が取り入れられていました。資生堂のご担当者さまのお話では、直接人の肌につける製品を扱うため、人の手を介すことにこだわっているとのこと。また、化粧品のパッケージもブランドの一つとして重きをおき、多様なデザインの包装に対応するため多くの人が配置されていました。複雑な制約がある中で機械と人の手による作業とでバランスをとる工夫がいたるところに見られました。設備は勿論のことですが、働く環境、作業員のコスチュームに至る細部まで安心安全で、高品質なものづくりを追求される姿勢が貫かれていました。

官能検査をゲーム形式で体験しました。
触覚検査。sampleと同じコットンを当てる。田中教授の挑戦!      嗅覚検査。感覚を研ぎ澄まして集中。

  

一番院生に人気だった色覚検査。色のグラデーションを順番に並び替える。順番どおり全てを並び替えるのは難しい。
 

院生からは、製品や製造過程だけでなく、製造フロア内に設置された電子あんどん(電子式生産管理表示板)に関する質問や、作業ラインで働く人のシフトや経験値などの質問が出され、製造現場でのマネジメントにも関心が寄せられていました。予想以上に従業員が多いという感想を持ち、高品質を保つためのコストにも目線を向けて、各々の意見を交わしていました。

今回の見学を通じて、同社が多くの人を惹きつけてきた理由の一端を知ることができました。院生は、MOTの研究を深めるとともに、職業観の養成にもつながる貴重な機会を得ることができました。資生堂の皆様、ありがとうございました。

ロボットによるルームフレグランスの充填操作を体験。こちらを記念にいただきました♪
  

 

2022.07.28

【APU学生対象・オンライン開催】
テクノロジー・マネジメント研究科説明会

教員が”立命館MOT”での研究や学習環境、進路についてご紹介するほか、入試制度や出願手続きについても説明します。 2023年4月入学を希望される方は、ぜひご参加いただき、不安や疑問を解消してください。MOT(技術経営)に興味のある2回生、3回生の参加も歓迎します。

【テクノロジー・マネジメント研究科説明会】

日程 :2022年10月11日(火)
開催時間:18:00~19:00 
※オンライン開催(ZOOMを使用したリアルタイム配信) 

対象 :MOT(技術経営)に関心のある方、大学院進学に関心のある方
参加申込期限:10月7日(金)16:00
参加費:無料【事前申込要】お申込みフォーム

2022.05.23

澤口 学教授と博士課程後期課程3回生の赤城弘さん(澤口研究室所属)との 共著論文が日本経営システム学会の2021年度学会賞に採択されました

当研究科澤口 学教授と博士課程後期課程3回生の赤城弘さん(澤口研究室所属)との 共著論文が日本経営システム学会の2021年度学会賞に採択されました。おめでとうございます。同学会から付与された学会賞は、該当者なしの年度もある経営システムの基礎及び応用研究に顕著な業績をあげた者に授与される賞であり、学術的成果として大変名誉な賞です。

受賞論文:「赤城弘一,澤口学,”作業プロセス情報の形式知化の研究 ―大型ガスタービンの主要な製造による検証―”,
日本経営システム学会誌,Vol.37,No.3,pp.175-185 (2021)

  

2022.04.20

大学院進学説明会開催
(参加費無料、オンライン開催、事前申込要)

大学院進学説明会に参加します。説明会では、教員と院生が皆さんの今後のキャリアについて一緒に考えます。大学院の意味、MOTが提供する価値などに基づいて皆さんの疑問に答えます。
MOT(技術経営)に関心のある方、直近あるいは将来の大学院進学を検討している方、研究内容や入試対策が気になる方は是非ご参加ください。

立命館MOTとは
立命館MOTは「イノベーションで世界を変える」という志を持って、理論と実践の両面から学べる点が特徴です。
  • 理論面は文理融合の授業(経営学の基礎から応用)で学び、修士論文を執筆します。
  • 実践面では、実務経験豊富な教授陣とのインタラクティブな授業やゼミ、企業でのアクションラーニング(プラクティカム)によりMOTの専門能力だけでなく、問題発見力・コミュニケーション力などが身につきます。
  • 学びの環境は、文理・社会人・留学生といった多様な学生、他研究科履修制度、ドイツへの長期派遣プログラム、各種奨学金制度など魅力的です。
【開催日時と担当教員】参加希望日時をクリックしてお申込みください。
2022年5月9日(月) 18:00~19:00  角埜 恭央 教授
2022年5月20日(金)18:00~19:00  古田 克利 准教授

2022.04.06

学内進学入試GPA3.00未満者の出願事前確認

学内進学入試(GPA3.00未満者)教員所見取得について

テクノロジー・マネジメント研究科の学内進学入試に出願する場合は、志望理由書への
当研究科教員の所見記入が必要条件となります。(GPA3.00以上の志願者は免除)

当研究科教員へ直接アポイントを取り、所見記入のための面談を申込むことが可能です。

テクノロジー・マネジメント研究科事務室を通じて面談日程の調整を希望する方は、
下記の手引きをご確認いただき、必要書類をご準備の上、面談申請をしてください。



■各種所定用紙wordダウンロード

◇お問い合わせ先
OIC独立研究科事務室(テクノロジー・マネジメント研究科事務室)
TEL:072-665-2100

2022.02.22

湊宣明教授が『新しい《ビジネスデザイン》の教科書-新規事業の着想から実現まで』を上梓されます

湊宣明教授の『新しい《ビジネスデザイン》の教科書-新規事業の着想から実現まで』が講談社から上梓されます。

立命館MOT大学院「技術基盤企業のマーケティング」「サービス・イノベーション」の講義エッセンスが、初心者にも分かりやすく、実践的で使いやすく、イラスト豊富で親しみやすい書籍(全17章、288ページ、税抜1800円)になりました。未来を洞察しつつ、ユーザーの課題に寄り添い、体系的なアプローチで解決策を設計する本書のアプローチを学ぶことで、誰でも革新的な製品やサービスのコンセプトを生み出すことができるようになります。ビジネスデザインを初歩から体系的に学びたい大学生や社会人に最適の一冊です。

詳細はこちらをご覧下さい。
『新しい《ビジネスデザイン》の教科書-新規事業の着想から実現まで』

2022.01.20

【オンライン開催】
名取隆教授 定年退職記念講演会
「技術をどう活かせば競争に勝てるのか -私のものづくり企業研究を振り返って- 」

この度、立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科の名取隆教授が 2022年3月31日をもって、定年退職されることとなりました。 つきましては、ご退職を記念して、以下の通り定年退職記念講演会を開催いたします。 皆さまのご参加をお待ちしております。

■日 程
2022年2月26日(土)15:00~16:30
申し込み不要です。  


オンライン開催
https://ritsumei-ac-jp.zoom.us/j/93416458289 
ミーティングID:934 1645 8289

■講演者
テクノロジー・マネジメント研究科
名取隆 教授


■テーマ
技術をどう活かせば競争に勝てるのか
-私のものづくり企業研究を振り返って-

【お問合せ】
立命館大学OIC独立研究科事務室
TEL: 072-665-2100
E-mail: motkoho@st.ritsumei.ac.jp

2022.01.12

【2月入試】出願受付を開始しました。

2022年4月入学及び9月入学、博士課程前期課程「2月入学試験」の出願受付を開始いたしました。

出願期間:2022年1月12日(水)~2022年1月26日(水)
* 出願は郵送または研究科事務室への持参に限ります。
* 郵送の場合は、当日消印有効。

入学試験要項、入学試験要項(別冊)をお読みいただき、不備のないよう出願手続きをお願いいたします。

入学試験要項はこちらからダウンロードが可能です。

2021.12.08

【1月入試】出願受付を開始しました。

2022年4月入学、博士課程前期課程「1月入学試験」・博士課程後期課程「1月実施入学試験」の出願受付を開始いたしました。

出願期間:2021年12月8日(水)~2021年12月22日(水)
* 出願は郵送または研究科事務室への持参に限ります。
* 郵送の場合は、当日消印有効。

入学試験要項、入学試験要項(別冊)をお読みいただき、不備のないよう出願手続きをお願いいたします。

入学試験要項はこちらからダウンロードが可能です。

2021.12.08

【オンライン開催】MOTセミナー
「アート思考とイノベーション~オリジンベースド・アートシンキングの視点から~」

【オンライン開催】MOTセミナー『アート思考とイノベーション ~オリジンベースド・アートシンキングの視点から~』開催のお知らせ

立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科は、「2021年度MOTセミナー」を開催します。MOTセミナーは、現代社会における科学技術への取り組みを幅広く理解し、科学技術をビジネスにつなげる要件をMOT(management of technology:技術経営)の視点から学ぶ、無料の公開セミナーです。 今回は、イノベーションを促進する方法論として注目を集めるアート思考を取り上げ『アート思考とイノベーション~オリジンベースド・アートシンキングの視点から~』と題し、尾和恵美加様(株式会社Bulldozer代表取締役)からご講演をいただきます。

日 程
2022年1月12日(水)18:00~19:30

オンライン開催
定員:100名
参加費:無料


ゲスト講師
尾和恵美加(株式会社Bulldozer 代表取締役)
コメンテーター
湊宣明(テクノロジー・マネジメント研究科教授)

【お申込み】
お申込みフォーム
お申込み締切:2022年1月11日(火)15:30
※定員に達しましたので受付を締め切りました。
→ 追加で30名募集します。

【お問合せ】
立命館大学OIC独立研究科事務室
TEL: 072-665-2100
E-mail: motkoho@st.ritsumei.ac.jp

2021.10.20

大学院ウィーク/説明会の開催
(参加費無料、オンライン開催、事前申込要)

教員と院生が皆さんの今後のキャリアについて一緒に考えます。大学院の意味、MOTが提供する価値などに基づいて皆さんの疑問に答えます。
MOT(技術経営)に関心のある方、直近あるいは将来の大学院進学を検討している方、研究内容や入試対策が気になる方は是非ご参加ください。

立命館MOTとは
立命館MOTは「イノベーションで世界を変える」という志を持って、理論と実践の両面から学べる点が特徴です。
  • 理論面は文理融合の授業(経営学の基礎から応用)で学び、修士論文を執筆します。
  • 実践面では、実務経験豊富な教授陣とのインタラクティブな授業やゼミ、企業でのアクションラーニング(プラクティカム)によりMOTの専門能力だけでなく、問題発見力・コミュニケーション力などが身につきます。
  • 学びの環境は、文理・社会人・留学生といった多様な学生、他研究科履修制度、ドイツへの長期派遣プログラム、各種奨学金制度など魅力的です。
  • 就職に関しては、現在コロナ禍の影響はありますが、これまで大手企業への就職など極めて順調でした。
【開催日時と担当教員】参加希望日時をクリックしてお申込み下さい。
2021年11月8日(月)      18:00~19:00  角埜 恭央 教授
2021年11月16日(火)      18:00~19:00  古田 克利 准教授
申込締切 11月15日(月)15:30

2021.10.06

【11月入試】出願受付を開始しました。

2022年4月入学、博士課程前期課程「11月入学試験」の出願受付を開始いたしました。

出願期間:2021年10月6日(水)~2021年10月20日(水)
* 出願は、郵送または研究科事務室への持参に限ります。
* 郵送の場合は、当日消印有効。

入学試験要項、入学試験要項(別冊)をお読みいただき、不備のないよう出願手続きをお願いいたします。

入学試験要項はこちらからダウンロードが可能です。

2021.09.01

湊宣明教授が『リ・デザイン思考法-宇宙開発から生まれた発想ツール』を上梓されました

湊宣明教授の『リ・デザイン思考法-宇宙開発から生まれた発想ツール』が実務教育出版から上梓されました
まだ存在しないものを形にする「宇宙開発の考え方」を出発点として、宇宙航空研究開発機構(JAXA)山方健士氏と湊宣明教授の共同研究によってアイデア発想ツール「リ・デザイン思考法」が生まれました。立命館大学大学院テクノロジー・マネジメント研究科の正規開講科目「プラクティカム」(課題解決型長期企業実習)の成果をまとめ、技術製品の要素分解に関するテクニックを分かりやすく、読みやすく、誰にでも実践できる形で解説しています。
詳細はこちらをご覧下さい。『実務教育出版HP』